06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-04-23 (Sun)
ファンヒーターの吹き出し口に手を付けて火傷した義父

夜間救急で「ゲンタシン」を出してもらっても
薬をつけた端から包帯を外す…のが続いて

もうね、火傷したという自覚がないから
左手の包帯が、食べるのにジャマなのね

そんなことが2日続いた木曜日
日中はデイサービスへ、そこでも
「ちょっと目を離すと外しそうでした」と

感染症が心配ということが分かるわけもありません

夜、ごはんの時にいつも以上に「ぼーーー」とした顔
少し赤い顔だし…熱を測ったら

38、5度
「えーー」つ、ついに発熱=感染症
手を見ると、少し色も変わってるし…

夕飯食べてから、またまた夜間救急かぁって

それが、夕飯しっかり食べるんですよ

主人と「熱の割にはよく食べれるし」
「食い気が熱を押さえ込んでるなか」なんて

念のためにもう一度測っても38度あったので、M病院へ

当番の先生が、「脳外科」のW先生
義父の「慢性硬膜下血腫」でお世話になり
「アルツハイマー型認知症」と診断した先生

カルテを見れば分かるからー、こちらから
「8年前に……お世話になりました」と言ったら

「まだお元気だったんですね」と,そういう感じなんですね8年持ったと
まあね、確かに症状も穏やかに下り坂ですが


火傷・発熱ということからやはり感染症を疑われ

「もう一度検温して」みたら、37、2度

あれー、熱下がってます
もう一度…と測っても、同じような熱

「普段36度前半ですけど…」

なんでも、お年寄りは赤ちゃんと同じで
体温調節が上手く出来なくて、外気温に左右されやすいと

暖か過ぎる部屋にいると、上がることもあるそうで
そんな事もなかったんですけどねー

そして手を診て「確かに変色してますね、腕を見せてください」と
腕をまくってみて、びっくり

ひじの所に「輪ゴム」が

あー、輪ゴムでうっ血していたんですか

もうね、恥ずかしいやら呆れるやら

看護師さんからは
浸出液が気になって、なんとか止めようとして
輪ゴムで止めようと思ったのかしらね
と、良い方に解釈してもらえたり

先生からは、義父には
「心配して貰えて良かったですね」
私には「色々大変ですね」と労い

そんなこんな、脱力感で帰宅したのが
21時半過ぎ、一日おきの通院でクタクタ


この騒動で一番問題なのは
主人が通院させられないこと
仕事に行っちゃってるときは仕方ないとしても
夜間は連れて行けられないとね

理由に、経過を把握しきれてないからとか言うの
大体、お任せ&丸投げ過ぎなんだから!

また義父が言うこと聞かないとくるから
最後の決め台詞をそれは
「良いんですか私の言うこと聞かないと、面倒みきれないから預かってもらうことになるよ

そのときは効き目あるんだけどー
何と言っても認知症だから、すぐ忘れるのよね


これでひとまずは落ち着く……なんてことにはなりません

火傷治療は今現在も継続中ですから


にほんブログ村
疲れて「さあ寝よう」と思うと隣で大いびきなんかね、こういうことがムカつくの
もちろん、体をたたいたりしますけど
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2017-04-10 (Mon)
早くも4月も中旬になっちゃいましたね
お陰様で私の花粉症も順調に発症しております

ただでさえ、憂うつなこの季節、更になことが起きました

家には主人の両親が健在(認知的には・・・・ですが)
特に義父の方は、寒がりで、人より一枚以上重ね着しても
「寒い寒い」「もっと服を」っていうんです

就寝時、電気毛布とかが使えればいいんだけど
「ひょっとしたらおしっこで濡らしちゃうかも」と思うと使えず
だって、濡らしてしまって感電とかも怖いでしょ

湯たんぽも使ってみたけど、湯をこぼす→布団を濡らす…ってこともやって

なので、寝る前にはファンヒーターで「直火焼き」して温まってたんです

まぁ大丈夫だろうと思っていたのに、先週火曜日起きてきたのを見て(*_*)
左手の指を火傷してるではありませんか
親指と小指はちょっと、人差し指~薬指にかけてはかなりの長さで…

濡れタオルを当てて冷やさせてたけど「もう治った」と言って外しちゃう
その時は水ぶくれになるかな~くらいだったので「デイサービス」へ
だって、家に居られても邪魔なんですもの

「デイ」で「水ぶくれが酷くなって、破いてしまって」と連絡が来たのが15時
私は「耳鼻咽喉科」で花粉症の治療中だったので、休みだった主人が対応

きっと「デイ」の人も「迎えに来て」と言ってもこれないだろうと思ったのか
「早めに送ります、受診してください」と返ってきたのが16時
いつもより30分くらい早かったのね

火傷は皮膚科、これは分かっていますが
義父ったら「M医院じゃないといかん何ともないに騒ぐ」とのたまう

仕方ないのでM医院へ、ファンヒーターでと言ったらみんなですよね
「ファンヒーターって低温じゃないのに」とか「熱くなかったのか」と
「ゲンタシン」と「リンデロンVG」の混合を塗ってもらって
 「絶対に濡らさないでくださいね」と帰宅したのが17時
包帯の上からビニール袋をかぶせられて、カシャカシャ言わしていました

19時、夕飯にしようと義父たちを呼んだら(*_*)
 左手が肌色のままではありませんか、つまり、包帯を取ってしまったんです
赤裸というか、朝よりも痛々しい色になってまして
きっと触ったりしたんでしょうね、ウン〇を付けたような手で

左手はそんなでも、食欲はあるんです、なので夕飯を済ませてから
緊急でMU病院へ、外科なら何とかなるでしょう

そこでも、なぜファンヒーターで…となるので
「多分、手を温めていて寝てしまったんだと思います」というと納得
 「処置してもらったんですけど、気づいたら取ってまして…認知症で…」
先生たちも「あ~、気になっちゃったんでしょうね」と
 
何でも認知症の人は痛みとかに鈍感なんですって
 「ゲンタシン」を「取ったら塗るを繰り返す」となって帰宅したのが22時

「へ~疲れた~~」っていう義父、いえいえ、私も疲れますわよ

次の日は、以前から予約でA病院で「大腸がん」の経過観察診察日
朝起きたら、はい、やっぱりね、左手には包帯がありません

ごはんの前に薬を付けて、だってこうしないと治療させませんもの
包帯だけでは心もとないので、左手だけ軍手をはめて
グズグズやってるのを「早くしろ~」と追い立ててA病院へ

運転しながら、ルームミラーで確認したら、軍手をはめ直してます
信号で止まったときに確認したら、軍手はあるけど、その下は素手ですから

せっかくの薬の処置が台無しではありませんか
「感染症になったら手を切ることになるんだよ」と脅してもだめか~~

A病院外科、大腸がん術後○5年、血液検査の結果次第で最後の診察日…かも

結果はCEAが若干高いけど、今までもそういうことはあったので「特に心配なし」
 ・再発・転移を疑わせる所見なし
 ・術後丸5年経っている
 ・高齢&認知症で通院も家族に負担がかかる

ということで、晴れて外科は卒業できました
今まで本人確認の誕生日がきちんと言えなかったのに、何故か「正解
 先生も「最後によくできました」と…子ども扱いですゎ

後は「腸閉塞」など気を付けて、かかりつけ医の元生活ということに

乳がんは10年経過観察というけど、大腸がんはそうではないんですものね

これで一つやることが減りました

帰宅後、手の治療をしてからお昼ごはん、ここでこの日2回の治療です
 そして15時のお茶の時に…はい、またまた取ってるのよね~~

更に夕飯の時にも取ってるの…この日だけでも5回の治療
 おかげで指に包帯まくのがうまくなった気がする

そんな、火曜日と水曜日なのでした


が、これで終わらないのです、続く……全然愉しみじゃないけどね


にほんブログ村
自分もやけどをした跡が残ってるので強く言えませんが、なぜに包帯を取る?
やはり「認知症ですから」の一言です
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです、愚痴話で
* Category : 介護
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2017-03-31 (Fri)
今日で3月もおわり、本当に時の経つのの速いこと‼

今月、久しぶりに人間ドックを受けて、その結果が返ってきました

今回は乳ガンで掛かっているA病院の検診センター
カルテがある方がなにかと良いかな~と考えて

うーん、赤字の項目がありました😵

当日も検診センターの先生から指導があったけど
「血糖値が高い」と😱

HgbA1cだけでなく、当日のも「基準値超え」で

思い当たるところはたっくさーーん

日頃から和菓子も洋菓子も大好き
更に、暮れ頃からM乳業の「モナ○」なるアイスにハマりまして😁

掃除をしては、モグモグ…小腹が空いたとぱくぱく…

そんなことをしていたから~上がったんでしょうね

前回のドック、2013年の時も基準値以内だけど気をつけてって言われていて

その時に、野菜から食べて急な上昇を防ぐ、とか
散歩みたいな軽い運動でもOK❗

って言われていたのに、運動していなかったわ~

指導を受けて2週間、間食減らして~ストレッチして~
「血糖値を緩やかにする」というトクホを飲んで~
一応気をつけています

何せ「ガンの方は落ち着いているみたいですが、こちらを放っておくと」なんて😱

もしこのまま病状が進んで→糖尿病…厄介です・困ります
食事制限は、できそうもありませんから😭

「一ヶ月~三ヶ月の間に掛かり付け医に受診」なので
5月の義父母の受診の時に検査してもらおうっと
それまでになんとか下がりますように(願

他には「萎縮性胃炎」は相変わらず
でも、「綺麗な萎縮だから、食べられますね」ってどういう意味でしょうかね

心配だった血圧は何故か❗正常値🎵

婦人科も大腸も問題なし

肺&肝臓は12月に検査してるから…ダブってるけど

そうそう、肺活量の検査、手こずっちゃった😵
吐ききるのが苦手で、前回はできたのに
今回は「別の方法でやりましょう」って😅

結果は良かったけど、凹みますわ😢

ショックなこと、身長が縮んでいたんです😭
これって「老化」でしょうか、まさか「骨粗しょう症」😅
一生懸命胸張ったんだけど
ヨーグルト食べたりした方が良いかな~

という結果、うーん、年相応に悩みはあるわ


そして、検診センターの先生の名字が乳腺の先生と同じ
字は普通だけど、読み方が変わっていて
ひょっとしたら?と思って聞いてみたら
「あー、嫁です」と…やっぱり☺

よし!6月の受診の時に、血糖値正常になりました✨
って言えるように頑張るよ❗


にほんブログ村
* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by デコ
それはいけません

糖分控えて
野菜多めにねっ

そして大きく手を振って
歩いてカロリー消費です(#^.^#)

肺活量はデコもだめです
その検査で脳がふらふらになります(苦笑)

手術前何度やり直しさせられたことか💦

Re: タイトルなし * by ともりん
♪デコ♪さん、コメントありがとうございます
そうなんですよ~3年半前にも言われたんだけど…
その後すぐに正常値に戻っていたので油断ですね(汗

今回はしっかりやらないといけないかな~な値でした
食事のチェックとか体脂肪・体重などで「おやつが多いんでは」と指摘
はい、心当たりがありすぎます(汗)と返事しました

今は、検診の前よりもおやつが減ったし、野菜もたくさん摂ってる(つもり)

そうか、大きく腕を振って歩く…これって効き目あるんですよね
ウォーキングの基本ですね…と言っても今は花粉症がきついし~と自分に甘い(反省
実のところ歩いたりという時間がなかなか取れないのよね~~
今日も義父が火傷騒動起こして、病院に2回連れて行ったり…
室内のストレッチでもOkっていうことだったので、それはやってるの
この反省がずっと続かないといけない、生活の見直しですゎ

肺活量ね~吐き切るのが難しいゎ
手術の時のはできたんだけど、検診の時近くに人がいたりで「蚤の心臓」だから(笑)気になったのかなぁ
とはいえ、一般的にあるみたいでほっとしてます

いよいよお花畑の季節になりますね、写真愉しみです!

個別記事の管理2017-03-17 (Fri)
3月も中旬、卒業式シーズン真っ最中ですね
近所の小学校も、昨日卒業式、今日は公立高等学校後期合格発表日
どうか無事に合格していますように…っていう生徒さんがいます(祈)

今月2回目のブログ、さっき「パスワード…」って言われちゃいました
確か12月に変更したんですよ、もうめんどくさいなぁ
元々パスワードとか忘れるんですから、変更していたらこんがらがっちゃうぅ
メモは目につくところにでかでかと貼ってますけどね

さて、今日も「備忘録」匂いぷんぷんでお送りします

初めの乳がんの時2006年12月から、引っ越ししても通院は続けていたS病院
主治医の定年退職で、2年前の2015年3月に転院することにしました

足掛け10年、右の時は手術+放射線治療(全治療)
そして、ま・さ・か左にもできちゃったので、左の時は手術+化学療法
を受けたのです

右の時は、治療と言っても大したことしなかったのですが
 再発・転移の不安はあったゎ
左の時は、何といっても化学療法がね~それなりに副作用はあったし

でも、前向きに治療に向かうことはできたのです
これも主治医のS先生・代診してくださったKY先生や、看護師さんたちのお陰
丁度2年前、2015年3月17日が、S病院最後の診察でした
本当にお世話になったのですね~~

治療をどこまで続けられるかが大事ですものね
なんとか予定の治療は受けられたので、後は、神頼み

今のところは右は丸10年、左も6年目に入りそうだから
時々左の放射線治療の後が痒かったり、髪の毛薄かったりだけど
なんとか乗り切れそうかな~

その他には、転院するからPET/CT検査を受けたこと
その結果で「胃にびらん性の反応有り」と言われて、ドキドキ
PETで「胃炎」も分かるんだね~と義父母の掛かりつけのM先生
これについては4月になってから、苦手な胃カメラを飲むことに

花粉症の症状がでたり、家回りの手入れをしたら、次の日に「めまい」な
胃の具合を指摘されたからか?胸やけを感じたり…私ってやっぱり単細胞
 これについては、去年判明するので、また今度

そうそう、この年、主人がめでたく「定年退職」したんでしたわ
馘にもならずこの日を迎えられたことはめでたいです
子供たちとお祝いの夕食事会、滅多に行かない「フランスフルコース」
ついでに義父の「卒寿」のお祝も昼食時にちゃちゃっとね

可愛いニャンコも8歳の検診で「概ね良好」
相変わらず「ダイエットした方が良いかも」だったけど
 数値的には良いから…痩せさせられない

まあ、自分の体重管理だけでも大変なんですから
 それに足りないと「噛みつき攻撃」仕掛けられるので…あげちゃうのです

という、現在とあまり変わらない日々なのでした


にほんブログ村
私より後に発毛し始めた「北斗さん」なんか、毛量が羨ましい~~
  個人差個人差、と自ら慰める
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
* Category : 転院
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by デコ
足掛け10年
デコは11年目

数えたくないけど数えちゃうよね
。。2回もやりゃ~ぁ色々あるしなっ

同じ病でも
治療も顔つきも違う

デコは2度目の方が顔つき悪し
再発転移ない事はないのかもしれない

放射線治療で消えたんだろうか??
そんな事分らないもんねぇ~~

また出てくるかもしれんしなっ
断端陽性。。怖いねぇ

誰にも言えないこの顔つき
言えないんじゃなくて言わないんだけどねっ

なるようになるさっ
そう考えるしかない現状
だから今を楽しまねば^^


今日は5カ月ぶりにきたお月のものが超大量で
ふらふらっ
仕事はやすんださっ(笑)
動けないものっ

Re: タイトルなし * by ともりん
♪デコ♪さん、こんばんわ
具合はいかがですか?久しぶりの来訪って多量になることも有るらしいです
それででしょうかね~、フラフラな時は休むに限ります
下手に動いて怪我したりとかの方が困りますものね、焦らない焦らない、一休み一休み!

デコさんは11年目&2回、って私と似てること多いですね
まぁそれで交流というか、コメのやり取りが始まってるんですけど

年数は数えますよね、先ずは1年・3年・5年…無事に過ぎればと思ってましたもの
まさか!2回目があるとは思ってもいなかたゎ

2回目の時、主治医が「再発ではなくて、初発の2回目だから…」って
再発だと、無期限の治療、初発だと短期決戦の治療
気分的にも全く違います、っていうのが私の感じることでしたから

私の場合は、両方ともトリネガ、一回目の方が再発しやすいタイプみたい
2回目の方は、現在の主治医が「再発の恐れはない」なんて言っちゃうくらい

放射線治療も受けたし、抗がん剤も受けたし、大丈夫大丈夫!って思うようにしてるんです
デコさんも、治療で消えたから、ねー!

大丈夫と自分に言い聞かせる、そういう時と、マイナスイメージの時と二つの気持ちが行ったり来たり…
そんなこんなの11年目なのですゎ

そうそう、なるようになる!今を大事に!ですよね
で、デコさんはカメラをお供にお出かけ~それが良いんですよね
私も何か…と思ってボチボチ出かけたり、好きなことやったりしてます
どうせなら充実した日を送らなくっちゃもったいないもの

お月さま、デコさんをあまりいじめないようにしてくださいね(祈
では、お大事に~

個別記事の管理2017-03-01 (Wed)
きょうから3月、暖かな日が続きますね
このまま春になるのかしら~花粉症さえなければいいのに

「経過観察」も半年に一度の診察なので
これと言って書くことがありません…良いことよね

今日も2年前2015年・2月の話になってしまいます
自分の「備忘録」的なブログですので…悪しからず

主人が「還暦」を迎えたり、実家の祖母が102歳になったり
ウチのものは元気でいたけど
インフルエンザが猛威を振るって、レッスン欠席が続いていました
義父母の「介護認定」も、担当者がインフルで延期って

義父母、誕生日が近いので、2回訪問受けるよりもまとめてやって方が良いかな
 って考えて、二人まとめてドン
いろいろテストを受けますが、普段より「力を発揮」してしまうのですょ

ケアマネさんと「いつもよりできてます…」を連呼
でも、義母が「要支援」になるかも~と言われて、ドキドキ
「支援」と「介護」では受けられるサービスが違うので

何もしていないのに、昔の記憶で「やってます」っていうの
そして「3つのものを覚えていてね」テストは
 人がやってるのをジーーっと見て練習したり…う~ん
   こういう知恵はあるのよね

そんな義父、この時期に「意識喪失」が続き、その時に
 手をぴくぴくさせるようなことがあったんです
入浴時になることが多かったので「ヒートショック」を防ぐようにしてたのに

元々血圧が低いので、血流が行き届かないのかなぁ~と
そこで、脳波を取ってみることにM病院へ

いつもの事ですが「予約時間に間に合わせるように連れて行く」が大変
 着替えさせて自分が着替えている間に、他の服にまた着替え…
またまた着替えさせてなんてやってると、時間がたつわけで
主人は「仕事があるから」という「錦の御旗」で逃げますし

結構仕事や済んで付き添ってる人いるのにね~~
良いんだ退職したらやらせるんだ…と思っていたらなかなか退職しません

病院では「白衣の人は偉い人」と思っているので、諸々スムーズ

結果は翌週、私一人が聞きに行き
・てんかんではないが、脳波は全く異常なしとは言えない
・アルツハイマー型の人は脳波が正確に測れない
・アルツハイマー型の人はけいれんを起こすことがある

なんですと 要する何にが原因かは分からない、と何ともな結果

高齢になれば、異常があっても原因がはっきりできない 
 まして、脳萎縮を起こしていれば尚更わからないということなのね

検査費用と付き添いの私の時間を返してって言いたいゎ

自分の事では、ちょっと使い過ぎると右腕が怠くなったり
 足の指が「しもやけ」になったり、にゃんこのせいで寝不足…

と、まぁ相変わらず「そこそこ元気」な一か月なのでした


にほんブログ村



2年前は一人で留守番できていた義母、去年あたりからそれも心配!
義父は…毎日ふらふらしています、いつか「防災放送」のお世話になりそう
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです




* Category : 経過観察
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ♪デコ♪
3月ですね^^
まだまだサブいデコ地方
うぅっ今朝は身が縮むほどだったわい

三寒四温と言うけれどほんとだなっ
焦らずいこうぜ

曖昧な認定が結果が一番困るよねぇ
肝心な時に旦那様がお仕事とか。。って良くある話

こっち(ともりん)さんもいっぱいよね
解るわ~ぁ

デコもデコ親がそうなったとしたら
どこまで出来るんだろ??

今は考えたくもないし
他にも色々あるしなっ

父親とは時々縁を切りたくなるわっ(-_-メ)

Re: タイトルなし * by ともりん
♪デコ♪さん、こんばんわ、コメントありがとうございます。
風邪の方はいかが?少しは良くなりましたか?お大事にね!

3月に入ってから少しhあ暖かくなりましたが、まだまだ油断大敵な感じです。

介護認定ね、おととしの時も「人数が多くなりまして…」っていわれてたの
寿命が延びたことは良かったけど、その反面、色々厳しい審査になるって、ね~
今年も受けたんだけど、できません・やってませんっていうしかない
またまた「審査も厳しくなりまして…」って市職員さん帰っていきました、さてどうなることやら

ウチの場合、義父母には3人子供がいるんだけど、色々で結局私の所しか介護者がいないの
これについてはいつか愚痴こぼそうと思ってます(笑
今のところ、私が再発したとかではないので持っているようなもの
もし…ってことがあったら、もうお手上げですよ

友人には、実両親が具合悪いけど、同居の義父母も同じような調子で
実両親の世話がなかなかできないっていう人がいて
それも気持ちとしては実両親の面倒見れないのも歯がゆいかな~と
私は実両親がもうなくなってるので、その点では気持ち揺らぐことなくできてます
あ、祖母は老健に入ってるし、兄もいるしね、時々面会するだけだけど
父とは距離を置いた関係だったので、母の時と比べると感情的に薄いかなと思ったけど
やはり、亡くなったときには「後悔の念」なんてものも目覚めましてね…
最終的には親は特別な存在なんでしょうね

もう少しで過ごし易い春になるかしらね、そうしたら「しずくちゃん」がいっぱい撮れますね
また、楽しみにしていま~~す