09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-12-29 (Sun)
義父とのWがん告知を受けた2012年3月、エコー下細胞診を受けたのに
 乳がんなのか、他の病気なのか分からないので
組織診を受けた方が良いと言われてしまいました

病院での細胞診では
 ・標本中に採取されている細胞のほとんどはリンパ球で多数認められる
 ・一見するとリンパ節由来と思える細胞像
 ・リンパ球は多彩な像を示しリンパ濾胞の存在も示唆される
 ・全体としてはやや幼若な中型リンパ球が主体
 ・リンパ球のみを診れば悪性リンパ腫も鑑別に挙げられる

 ・しかし、このリンパ球に混じって大小の異型細胞集塊が少数認められる
 ・集塊は細胞密度が高く異常集積を示し、腺腔構造などの特定配列は認められない
 ・N/C比が高い細胞がほとんどで大型で非常に明瞭な核小体を単個認める
 ・散在性にも同様の異型細胞が認められ、この細胞は癌が疑われる所見

穿刺2回目はほとんどリンパ球しか認められず、全体的にリンパ球優位の細胞像で、
 癌と思われる成分はごく少数のため解釈が難しい
リンパ球浸潤を伴った「髄様癌」が最も疑われます
できれば、組織診を受けた方が良いかと思います

ということで組織診をI病院で受けて、4月17日に「家族同伴」の診察に行きました

なのに、その組織診の結果は

エコー上は
 ・充実腺癌  ・嚢胞内癌  ・繊維腺腫(良性) などの鑑別を取ります
 ・頻度は高くありませんが、悪性リンパ腫・髄様癌も同様に鑑別になります
え~~ 折角組織診都やらを受けたのに何だかわからないじゃないですか

ということで、家族同伴の診察でも
「詳しいことは切ってみないと分からないので……」
この時点で、またもやトリプルネガティブタイプと言われていたのですが
「ひょっとしたらどこかにホルモンに反応するのがあるかもしれない、1%でもあればいいね~」
といわれ、「取りあえず手術を受けて、それから術後の治療を決めましょう」と
「今回は限局しているので、温存手術で行きます」とそこだけははっきりしたのでした

手術は4月26日(木)に受けることになりました

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
今日も大掃除に精をだし、右わきがちょっとケンカ腰になっています
お読みいただいた証にポチっとしていただければ嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : 私・左
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する