05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2013-12-22 (Sun)
みなさんは「患者会」というものに入っていますか?
 私は、全国展開のものと通院中の患者会に入っています

全国展開の方には、右の手術が終わった翌年2007年に入会
 というのも、無治療のために通院以外病人らしくなく
他の人との交流とか、情報を得たくて入会しました

初年度には、同時期に入会した人とかで地区の会合にも行ったのですが
 地区の会長さんの病院関係の人が多く
派閥というのではないけど、なんとなく他院の人が行きづらい雰囲気
 を感じてしまったので会合には行かなくなりました
でも、本部からの資料とかは貴重な情報源なので退会はしていません

病院の患者会、実は右乳がんの時も存在はしていたのですが
 土曜日開催のため、当時仕事をしていたので行っていませんでした
左の乳がんの後、土曜日の楽器店教室を辞めたので
 時間的にも気持ち的にも行こうということで毎回出席しています

昨日は、形成外科の先生(K先生)の「乳房再建」についてのお話
 
再建方法にはいろいろあるとは知っていましたが
 具体的にスライドなどで詳しく説明してもらいました
ちょっと生々しい画像もあったりでしたが
 どのような状態にはどの方法がというのが分かりました
 

再建の方法としては次のやり方があるそうです
1 ティッシュエキスパンダーを用いる
2 自家組織を利用する
  ・腹部…腹直筋皮弁
  ・背部…広背筋皮弁

1のティッシュエキスパンダー方では向く人向かない人がいるとのことで
 ・下垂乳房 ・大きな乳房  ・皮下脂肪の欠損が広範囲  ・放射線治療を受ける
というような人は向かないということでした
 私は左右共に温存療法で放射線治療を受けているので「被膜硬縮」を起こしやすいので
  もし再建するとしてもこの方法は向いていないということです

再建しやすい条件は
 胸の大きさはB~Cカップ  あ~これはバッチリ当てはまるのに
 乳房下垂がない      う~~んちょっと下垂してるかな
 皮下脂肪が多く残っている ハイ!自信ありますよ 
 比較的スリム       これってどの程度?先生の主観??

こちらで再建後、ダイエットなどで痩せてしまうと
 風船がしぼむように皺ができやすいのだそうで、体型維持が望ましいそうです

2の自家組織による再建の利点は 
 皮弁の形を調節すれば広範囲・複雑な形が可能
 欠点としては、やはり健康な体にメスを入れること ですよね

腹部の腹直筋皮弁方は、妊娠を希望する若年者には勧めないそうです
 お腹で赤ちゃんを育てるわけだし、分娩時に力が入らないとね
それと、ある程度の脂肪がないとできないとのことです
 はい、腹部への脂肪の貯蓄はたくさんですし、若年者でもありませんから
  もし再建するとしてもOKですね

背部の広背筋皮弁は、皮弁が薄いからインプラントとの併用が良いとのことでした

再建の結果を左右する因子としては
 ・元々の乳房の形  ・太っているか痩せているか  等
 2次再建する場合は、癌切除後1年近くたった方がやりやすく
 化学療法を受けた場合は白血球の値が戻ってからの方が感染症を起こしにくいので良いと
  うん、こちらの条件ももう大丈夫ですね

本当にかいつまんだ情報ですので、詳しく知りたい方はごめんなさい

温存手術後、左右差や出来上がりに不満が残っていたのを
 形成外科術後本当に綺麗になっているスライドもあって
  「美」への追及が私たちの味方って感じました

腹部・背部両方の術直後のスライドがあったのですが、とても痛々しくて
 術後の長時間の体勢の取り方などを聞くと
再建された方々が大変勇気があり、また痛みに耐えられたこと
   改めて尊敬してしまいました

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
願わくばもうこれ以上の手術は受けたくない私です
お読みいただいた証にポチッとしていただければ嬉しいです



スポンサーサイト
* Category : 私・左・経過観察
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する