08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2013-12-16 (Mon)
時々キューってなるという、不安な症状がパタッと出なくなった
 2009年夏、診察は3か月毎、視触診はその都度でも
  血液検査は6か月毎受けることになります

「溺れる者は藁をもつかむ」ではないですが
  病気になっちゃったのはしょうがないとして
 これ以上悪くなりたくないというのが人情
そこで、「葉酸はガン征圧に効き目がある」なる情報を
 N大医師のHPで仕入れたので、そのことについて質問すると
「現時点では不確か。サプリは勧めない」とにべもないお答え
 だって、何も治療していないので不安なんですよ~

余りにも、ちょっと調べてはすぐ質問するのでうるさいと思われたのか
 10月の診察日、ちょっと早めになってるけど
  術後3年検診、CT・骨シンチを受けるときに
「比較的新しい腫瘍マーカーなんだけど……」と
p53抗体というものを調べてみようかということになり
 血液検査で調べられるというので、軽~~い気持ちで受けました
 
いつものように、結果が後日郵送されてきて
 CT・骨シンチは「異常無し」という所見、ほっとしますね
血液検査の結果は?と見てみると
 なんと!p53抗体がHマークがついているではありませんか
この抗体の基準値は 0~1.3というのに、私の値は1.88と高値

もう、またまた調べまくりました
 そうしたら心配になってきてしまうことばかり……
この抗体は
 癌細胞をもつ人の体内だけに作られる抗体
 早期がんの診断マーカー
 2007年に、大腸・食道・乳がんに適応
                     となっていました

更に、CEAは健康な人でも、喫煙・高齢で要請になることがあるが
 このマーカーはそのような偽陽性ということがない
これって、このマーカーの診断は確かということですよね
主治医の「所見」には
 一部軽度の異常が見られますが、経過観察しますとありましたが、心配で心配で・・・

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
このマーカー、侮れないということが後に分かります
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : 私・右・経過観察
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する