06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-12-02 (Mon)
治療の甲斐もなく、母は亡くなってしまいました
特に最後の入院では苦しんでいる姿が多く
 少しでも和らげてほしいということしかできなかったのが悔やまれました

意識がはっきりしているとき、私によく言っていたことが
「自分でよく調べること」「良いものって言われても鵜呑みにしちゃダメ」
この二つのことです
「良いもの」というものが結果的に癌だったので殊更言っていました
「お医者さんだって人間なんだから、間違えることもある」とも
家族にしても、この点が本当に悔やまれました
あの時、もっと詳しく調べてもらっていたら……
癌ができてしまったことは変わらなくても、その後の道が大きく変わっていたと思います

母の頃とは30年という時代の差があるので情報の入り方も複雑です
今は自分で調べようと思えばネットなどで必要な情報も
 不必要な情報も手に入れることができます
どの情報を信じるかは人それぞれですが
 私は現在の「一般的な意見」を尊重したいと思っています
耳触りのいいことをいう情報もありますが
 私は「甘い言葉は要注意」と、可愛げのない性格です

私も乳がんになってしまいました、それも2回も
多分遺伝子レベルで異常があるのではないかと思います
調べることもできますが、娘がいる身では結果が出ることで
 娘にも影響してくるので、怖くて受けていません
もし、「遺伝子レベル」なら罹ってしまうのは運命なのかと思います
なら、少しでも早く見つけて、奴が小さい内に
 徹底的に有利な戦術で戦っていくしかないかと思っています

こう考えて、母が「命」に関わることで遺した言葉を遂行しています

母が乳がんの手術を受けたのも、私が乳がんの初めの手術を受けたのも49歳の時
「母親が乳がんの場合、娘世代は母世代より若い時に乳がんに罹る」
  こんな文面もありました
なので、若い時から(30代)自己検診はしていたし、市の検診も受けていました
ただ、一年間、検診を受けなかった年があって、翌年発覚したのです
その一年が無ければ違ったかというと……大きさが違うのですね
 治療法は多分同じでも、気分的には違ったでしょうね

母が亡くなってから生まれた娘は、私によく似て=母にもよく似て
 祖母・叔母・母の友人たちからは「生まれ変わり」と言われています
ということはですね、体質も似ているんでしょう
そうなると、乳がんのリスクは非常に高くなってしまうので
 20代ですが、「自己検診しろ」「検診受けろ」更に
「がん保険に入っておいて」と顔を見るたびに言っています
保険は速攻入ったみたいですが、検診も面倒がらずに受けてほしいのです


ただ、母のことを真似しないように心掛けたことがあります
それは、「決して子供の宿題は手伝わない」
私、家庭科が苦手で、裁縫とかは結構母の作品を提出したのです
 これは教育上大変よろしくない!と自分が大人になった時に思い
  子供たちの宿題は一切手伝いませんでした
こういう「反面教師」の面もあります

今56才と、母より年上になりましたが
 母が健在でいてくれたら、いろいろ違ってきたのでしょうね
ひょっとしたら、まだ「母離れ」できない大人でいたかもしれませんね


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
母のことを思い出したので、母の夢を見る日が続きました
 若くて・元気な時の姿で。夢でも会えて嬉しかった
















スポンサーサイト
* Category :
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する