09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-11-21 (Thu)
婦人科の手術を終え、予定通り退院し、
子猫の誤飲という予定外の外出も何とか普通に過ごせました

退院後の診察はお盆の最中、8月13日(月)
世の中お盆だ何ていってても、病院は普通に動くのね
8:30の診察、同室のAさんも同じ時間だったので診察後喫茶室でおしゃべり
お互いの経過のことや、痛さ自慢してもちろん私の負けですが

婦人科はこれでご赦免になり、後は一般的な婦人科検診を続け得るようにということでした

8月24日(金)外科の受診日
この日は血液検査と視触診
術後でもあるので貧血はしょうがないとしてと言われ
他の項目は「問題なし」婦人科の報告をしたら
「痛かったら~」とまた言うので
「それが、全くというほど痛く無かったです」と言い返しました
看護師さんも「腹腔鏡下って本当に痛くないんですってよ」と

9月に入り、前年皮膚科の薬でアレルギー反応を起こしていたので
その原因究明と薬メーカーの今後のためにパッチテストを受けました
9月3日、O病院に行き、パッチを貼られて、2日後の同時刻にまた受診

5か所の反応を調べてもらうのですが
一か所すごく痒くなって、もう剥ぎたいな~と思ってました
9月5日、テストシールを剥ぎに
やっぱり痒かったところは赤くなっていました

翌日結果を聞きに行くと
「薬本体でなく、薬を伸ばす界面活性帯に反応している」
ということで、そうなると、この成分を使っている薬全般
今後もアレルギーを起こすかもしれないということでした

もう、この薬がダメ!っていうほうがすっきりするんですけど

ついでにと言っては失礼ですが
手術の時の痒みのことや、頻脈についてきてみたら
「痒みはモルヒネの関係、頻脈はアレルギー反応が長引く場合にみられる
 なので、硬膜外麻酔がすべて原因だったのでは?」
という話でした。
「もともとアレルギー体質だから、どうしてもいろいろ出ちゃうね
 仕方がないねと思っていた方が良いね」と
更に「アレルギーはいつ何に起こるか分からないからね、怖いよね~」って
確かに、そのあと、別のアレルギー起こしてかかりましたものね

薬を使う時って副反応というか副作用がどうしてもあるわけで
 何も起きなければそれでよし、少しでもおかしいなと思ったら
どんどん遠慮なく伝えた方が良いとも言われました



今日で「婦人科」は終了です、また乳がんについてに戻ります
お読みいただいた証に、ポチっとしていただけたら嬉しいです
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
* Category :
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する