05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2013-11-17 (Sun)
術後5日目、2007年7月16日(月)
入院生活も一週間過ぎ、術後の経過も順調
唯一の悩みだったお通じ前夜苦しんだ後はとってもスムーズになって
看護師さんから「温めたりマッサージが効く」と教えてもらったのが良かったのかな

私の手術創は、おへその真上に(中)その対で下の方に(大)
左右の脇腹に(小)と全部で4か所
何故か、大きい傷の左側がピリピリと痛むことが多く
ホットタオルを貰って温めていました

薬剤師さんの回診でも、経過順調ということだったのですが
相変わらず頻脈に症状はあったので
循環器科の診察を受けた方が良いかなということになってしまいました
この、頻脈の症状は期間限定だったのですが
心臓の不調はその後も時々顔を出すのです

ここから現在、2013年11月17日(日)
今日は、地区の薬剤医師会主催の「乳がんについて」の
講演会を聞きに行ってきました

題目は「乳がんは遺伝するの?」と「増えている乳がんの診断と治療」
1部は遺伝カウンセラーの方、2部は乳腺内分泌外科のDr.のお話
私は、母が乳がんで亡くなっているし
自分も異時性両側乳がん、両方ともトリプルネガティブ
その上、癌ではないけれど、卵巣の病気も既往
という、どう見てもHBOCに当てはまると思われるのです

実際問題として、遺伝子検査を受けるかどうか
その時に異常が認められた場合
私はもう治療も終わっているけれど、娘の問題をどうするか
また、数は少ないとはいっても男性乳がんということもあるので息子の問題は
と、昨年の手術からは結構悩んでいます

現在この検査は保険がきかないということもあってか
受ける人が少ないということですが
異常が分かれば、それによって「癌になる可能性が高い」という診断が
新たな心配を抱えることにもなるので……

主治医のS先生は「不安を抱え込まなくても良いのではないか」と
私もそう思う、ただでさえ私の手術の時に
娘はとても心配していたので、診断された時には一層不安になるだろうし
今日の話を聞いても結論は出せていないけど
もう少しすると世の中の考えも変わってくるのかな

ご参考までに
HBOC(遺伝性乳がん・卵巣がん症候群)の特徴
・若年(40歳以下)で発症する
・両側または片側の乳房に、同じときに複数の乳がん
  もしくは時間を空けて別の乳がんが発症する
・男性で乳がんを発症することがある
・他の臓器(卵巣、前立腺など)にがんが発症することがある
  原因遺伝子:BRCA1、BRCA2
他にもいろいろありますのでHBOCとググってみてください

私の場合、次の項目がバッチリ!当てはまっています

・50歳以下で乳がんを発症した血縁者一人以上・・・母と私
・一人の方に二つ以上の原発性乳がん・・・・・・・私

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : 卵巣嚢腫
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する