07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-10-28 (Mon)

2007年1月29日(月)放射線治療も残すところあと5回
O先生の診察、かなり赤くなってきたけどその他は時に無し
治療初めの、石とか岩をゴリゴリやられている感じもなくなり
 倦怠感も感じなかったので、淡々とカウントダウンしていました

そこで、気になっていることがあったので照射前にA技師さんに
「もう終わりが近い今更なんですけど~
 左上からの照射と右下からの照射の時間が違いますよね?」と質問
A技師「そうですね、後ほどで良いですか?」と治療を終えると
なんか、凄い分厚い資料を持ってきて説明してくれました
かいつまむと(というか重要のとこしか覚えてません
 ・放射線の特質で、減衰してしまう
 ・病巣の原点に当てるのは1グレイづつ
 ・その原点に確実に1グレイ当てるためには距離が関係してくる
なので、上方からの場合は比較的距離が短いけど
    下方からはそれに比べると距離が長いと
要するに、下方からの方が皮下脂肪とかが多いのでだからですね
となると、もっとふくよかだった場合は照射時間が長いのか?
  と心の中で考えていたら、
A技師「肉付きの良い患者さんは長めになりますね」と 
   「計算された量を正確に照射することが大事なんです
    いつもぶれていないように注意しているんですよ~」
そうでした、毎回微妙な体勢修正がありましたもの
  いい加減にということは絶対許されないんですね
スポンサーサイト
* Category : 私・右・放射線治療
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する