02≪ 2017/03 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-03-01 (Wed)
きょうから3月、暖かな日が続きますね
このまま春になるのかしら~花粉症さえなければいいのに

「経過観察」も半年に一度の診察なので
これと言って書くことがありません…良いことよね

今日も2年前2015年・2月の話になってしまいます
自分の「備忘録」的なブログですので…悪しからず

主人が「還暦」を迎えたり、実家の祖母が102歳になったり
ウチのものは元気でいたけど
インフルエンザが猛威を振るって、レッスン欠席が続いていました
義父母の「介護認定」も、担当者がインフルで延期って

義父母、誕生日が近いので、2回訪問受けるよりもまとめてやって方が良いかな
 って考えて、二人まとめてドン
いろいろテストを受けますが、普段より「力を発揮」してしまうのですょ

ケアマネさんと「いつもよりできてます…」を連呼
でも、義母が「要支援」になるかも~と言われて、ドキドキ
「支援」と「介護」では受けられるサービスが違うので

何もしていないのに、昔の記憶で「やってます」っていうの
そして「3つのものを覚えていてね」テストは
 人がやってるのをジーーっと見て練習したり…う~ん
   こういう知恵はあるのよね

そんな義父、この時期に「意識喪失」が続き、その時に
 手をぴくぴくさせるようなことがあったんです
入浴時になることが多かったので「ヒートショック」を防ぐようにしてたのに

元々血圧が低いので、血流が行き届かないのかなぁ~と
そこで、脳波を取ってみることにM病院へ

いつもの事ですが「予約時間に間に合わせるように連れて行く」が大変
 着替えさせて自分が着替えている間に、他の服にまた着替え…
またまた着替えさせてなんてやってると、時間がたつわけで
主人は「仕事があるから」という「錦の御旗」で逃げますし

結構仕事や済んで付き添ってる人いるのにね~~
良いんだ退職したらやらせるんだ…と思っていたらなかなか退職しません

病院では「白衣の人は偉い人」と思っているので、諸々スムーズ

結果は翌週、私一人が聞きに行き
・てんかんではないが、脳波は全く異常なしとは言えない
・アルツハイマー型の人は脳波が正確に測れない
・アルツハイマー型の人はけいれんを起こすことがある

なんですと 要する何にが原因かは分からない、と何ともな結果

高齢になれば、異常があっても原因がはっきりできない 
 まして、脳萎縮を起こしていれば尚更わからないということなのね

検査費用と付き添いの私の時間を返してって言いたいゎ

自分の事では、ちょっと使い過ぎると右腕が怠くなったり
 足の指が「しもやけ」になったり、にゃんこのせいで寝不足…

と、まぁ相変わらず「そこそこ元気」な一か月なのでした


にほんブログ村



2年前は一人で留守番できていた義母、去年あたりからそれも心配!
義父は…毎日ふらふらしています、いつか「防災放送」のお世話になりそう
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです




スポンサーサイト
* Category : 経過観察
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ♪デコ♪
3月ですね^^
まだまだサブいデコ地方
うぅっ今朝は身が縮むほどだったわい

三寒四温と言うけれどほんとだなっ
焦らずいこうぜ

曖昧な認定が結果が一番困るよねぇ
肝心な時に旦那様がお仕事とか。。って良くある話

こっち(ともりん)さんもいっぱいよね
解るわ~ぁ

デコもデコ親がそうなったとしたら
どこまで出来るんだろ??

今は考えたくもないし
他にも色々あるしなっ

父親とは時々縁を切りたくなるわっ(-_-メ)

Re: タイトルなし * by ともりん
♪デコ♪さん、こんばんわ、コメントありがとうございます。
風邪の方はいかが?少しは良くなりましたか?お大事にね!

3月に入ってから少しhあ暖かくなりましたが、まだまだ油断大敵な感じです。

介護認定ね、おととしの時も「人数が多くなりまして…」っていわれてたの
寿命が延びたことは良かったけど、その反面、色々厳しい審査になるって、ね~
今年も受けたんだけど、できません・やってませんっていうしかない
またまた「審査も厳しくなりまして…」って市職員さん帰っていきました、さてどうなることやら

ウチの場合、義父母には3人子供がいるんだけど、色々で結局私の所しか介護者がいないの
これについてはいつか愚痴こぼそうと思ってます(笑
今のところ、私が再発したとかではないので持っているようなもの
もし…ってことがあったら、もうお手上げですよ

友人には、実両親が具合悪いけど、同居の義父母も同じような調子で
実両親の世話がなかなかできないっていう人がいて
それも気持ちとしては実両親の面倒見れないのも歯がゆいかな~と
私は実両親がもうなくなってるので、その点では気持ち揺らぐことなくできてます
あ、祖母は老健に入ってるし、兄もいるしね、時々面会するだけだけど
父とは距離を置いた関係だったので、母の時と比べると感情的に薄いかなと思ったけど
やはり、亡くなったときには「後悔の念」なんてものも目覚めましてね…
最終的には親は特別な存在なんでしょうね

もう少しで過ごし易い春になるかしらね、そうしたら「しずくちゃん」がいっぱい撮れますね
また、楽しみにしていま~~す

コメント







管理者にだけ表示を許可する