05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2016-12-28 (Wed)
昨日は、雪交じりの雨の降る中、先週に引き続き通院

検査では「再発転移を疑うものなし」だったけど
 視触診で「形成外科に罹ってください」と言われ、ドキドキ

だって、「手術になるかも~」だったんですもの
 もうこれ以上の手術とかは勘弁してほしいです

前回6月の診察の頃から、左側が痒くて痒くて
 知らず知らずに搔き壊してしまって
縫合部にそって赤い「あざ」のようなものになっていたので

外科のH先生は「石灰化が酷くなって、痒みになっているのでは」
 「血管に触れて赤くなっているのかも知れないし…」
 「これ以上悪くならないうちに形成外科に」という考えでしたので

でも、悪あがきの「ロコイド」を出してもらってヌリヌリしていたら
 痒みもなくなるし、赤味も少し良くなったような…
  素人の判断はいけませんからね
   重い足取りで行ってきました

建てまわしに次ぐ建てまわしで迷路のようなA病院
 新しい科にかかる時は地図をくれます

形成外科のK先生、茶髪の若いお兄さん…という感じ

「縫合部に沿ってあるから気になっちゃいますよね」と
はい、そうなんですよ、自己チェックするときにどうしても触れるから

今は痒みも無くなったということと、手術は…イヤです(小声で

そうしたら「石灰化で悪いものがあるというときは手術しますけど
 明らかにそうでない、このような場合は、僕は手術勧めません」と
「どうしてもというならやりますけど、痛みとかリスクもありますからね」

いえいえ、元々受けたくない~~と思ってましたから

ということであっさり、手術はないことになりました

縫合部に沿って赤くなったことについては「皮膚科ですね」
 ということでお隣の皮膚科へ

今度はT先生、またまた若いお姉さん

患部を見てくれるなり「もう治り始めてますね」と
 「ロコイドはステロイドの中でも弱い薬ですけど
  それを1週間でということなら、このまま治ると思いますょ」と

やはり掻き壊しで「色素沈着」を起こしてしまったんですって

ということで、皮膚科でも特に何もしなくてもよいことに

二つの科で「どうして転院したのですか?」と聞かれて
 単純に引っ越しで…と答えて「そうですよねちょっと遠いですもの」ってなったけど
先生方もこういうことは気にするのかしらね

本当は「主治医の退職」が大きいんだけど
 面倒くさいからそうしちゃいました
相変わらず「患者会」には行っているんだけどね~

そして、会計窓口で、形成外科…220円 皮膚科に至っては…0円
 申し訳ありません、保険制度をしっかり使わせていただきました

でも、先週外科で、総額12150円支払ってますから
 この金額は「一年間の安心料」ですね


にほんブログ村
行く時とは正反対に、心も・足取りも軽く帰るのでした、げんきんね~
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : 経過観察
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する