09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-10-19 (Sat)
私にとっては「青天の霹靂」というか「怒涛」の2006年から2007年に
年末年始ということで、5回目から6回目には実に6日間の休暇
しかし、今だから分かってるのですが、放射線治療は
 休みなく続けて受けることが必要とのこと
この6日間の中断って、あまりよくないことなんですよね
でも、効果がないということではないからとも言われましたが・・

胸の中に小石をゴロゴロ入れてガシガシとやられているような
 何とも言えない嫌な痛みが続きます
当時大学生だった長男・長女が帰省して
 家事をしてくれるのは良かったですが
右側に立たれると「当たるんじゃないか」とヒヤヒヤ
それに、入院することは言ってあってもその理由については
顔を見ながら言いたいと思っていたので 告知をすることに
手術の時は、二人とも試験があったり実習があったりと
 立ち会うことが叶わなかったのでこのタイミングになりました
詳しい病理結果はまだだったけど、一応早期であろうことを告げ
 そういうわけだからというと、二人ともショックを受けた様子もなく
いつもの帰省時よりもよく働きました
 たまには心配をかけることも良いかなと思っちゃいました

年明けの2007年1月4日(木)
放射線科の受診日でもあったのでO先生に
「痛くてたまらない」と訴えました
O先生には「痛みには我慢してもらうしかありません」と
「温めたら痛みが引く場合もあるから」と言われましたが
なんだかあんまり効果はありませんでした
6回目・7回目とつづけた後、また土日になり休憩
この間痛みは引くことなく益々石・岩のような感じに

そして、日曜日1月7日(大安)は長女の成人式
こともあろうに大雪・更に信じられないことに
主役の長女がノロウィルスによる腹痛で成人式どころではなく
こうなると、お母さんは痛いなんて言ってられませんね~~
スポンサーサイト
* Category : 私・右・放射線治療
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

私の母も・・・ * by rommy
ともりんさん、こんにちは。
早速おじゃましに来ました。早足で今までの記事も拝見させていただきました。
「たおやかに」ってステキな言葉ですね。

今回の記事でなんとなく自分の母とたぶってしまいました。
私の母も私が20代前半の時に乳がんになりました。早期だったので、すぐに手術をして、あれから15年経ちますが、さらにパワーアップして元気に過ごしています。
だからなんとなく自分も気をつけなくちゃ、って思ってはいたんですが。
ちなみに私もトリプルネガティブらしい(はっきり主治医に名称を聞いた事がないのですが)です。
これからいろいろな治療が待っているかと思いますが、
私もたおやかに前向きに過ごしていこうと思います(^^)



Re: 私の母も・・・ * by FC2tomorinn
コメントありがとうございます。
今日も寒い日ですね。体調はいかがですか?
私の母は、ずっと良性と言われ続けて結果癌が判明したときはⅢ期だったので気を付けていましたが・・・です。
どう気を付ければいいのかがはっきりしないので、せめて早期に見つけられるようにと思っていました。
化学療法が終わったので、後は手術ですね。私の場合ですが、手術はあまり痛みも感じなくて回復も早かったです。
きっとrommyさんも大丈夫!山登りなどで基礎体力もありますから!
たおやかって、力強く対応するのでなく、にゃろ~~んって自然に任せるイメージで好きなんですょ。

コメント







管理者にだけ表示を許可する