05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2016-09-23 (Fri)
相次ぐ台風、大雨&浸水と被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます
そんな、台風が最も接近した20日(火)は、祖母の診察日

当初、私が付き添う予定でしたが、看護師さんが祖母についてくれると
 施設側が手薄になるし、今後の重大決定になるので
「責任のあるご家族が同席した方が」と言われて兄が行くことになりました

私の時間が合えば行けたけど、兄「そのあと仕事に行く」といって
 一番早い時間枠を希望したんですって
そうなるとウチの義父母をデイに送り出して~~と思っても間に合わないの

ということで兄に任せて、夕方実家に行くことに
 日ごろの行いが良いので最接近の時間にお出かけ

自分の方は台風の被害に遭わないようにレッスン時間を繰り上げたりしたのに
 峠越えのときに、登坂車線なんか水たまりでバシャバシャ

実家につくころにはよれよれ~~な気分
 相変わらず実家は片付いていないんだけどね
ま、義姉も「病気」ということで仕方ないか…でもさ、ちょっとすごいのです
 これから「なにかあったら」親戚も集まるわけで…大丈夫か?とちょっと心配

当の祖母は録画してある「水戸黄門」なんか観て機嫌よくしています
 まだまだ誰かは分かるので行く気にもなるけど
  「病院で血取られた」とかぼやいていました

主治医の先生とは、やはり高齢 す・ぎ・る ので
 ・手術はできない・しない
 ・ホルモン療法のアリミデックスでの治療
 ・半年後、血液検査などで経過を見る

ということになったそうです

「など」が何かは、具体的には言わなかったそうで

というのも「このような状態でいらっしゃるので」って
 どうも祖母、車いすで熟睡していたんですね

朝も早かったし、採血などで疲れたらしくて

先生はなんとなく「もう歳も歳だから~普通の人は存在もしていないから」
 というニュアンスだったそうで

そうよね確かに80歳代でも「今後の治療は結構です」と言う場合もあるので
 100歳超えているとなると、一層そういう考えになりますよね
しかも目の前でぐっすり~~寝られちゃうとね

施設の看護師さんは「良い印象の先生」だったそうだけど
 兄には「あまり、真剣さが感じられなかった」と

だからそこは「お歳がお歳」と感じてるんではないかな

病院体制も、外科とくくられて、その中で乳腺を診るとなっているみたいだし
 「乳腺専門医じゃないみたい」と言ってからしまったなぁと後悔する私

兄は「専門じゃなかったらエビデンスとかガイダンス通りにやるんじゃないか」
 それはそうかもね~~お手本通りかもね、いい意味で

でも、もし先生と信頼関係気づけなかったら、転院するのもいいのかも
ということで、余計なお世話にKY先生のクリニックを
 場所的にもそんなに遠くないし、何より感じが良いから~とお勧め

クリニックなら紹介状無でもいいかな?というけど
 混んでますよ、完全予約制で3か月待ちだってよ~とも伝えて

ここいって3か月という時間が長いのか短いのか❓疑問です
 何しろ相手は100年という長さですから

兄は「肝臓とかよりも骨転移」の方を心配してるけど
 私としては肝臓の方が気になる
元々「骨粗しょう症」で背骨も変形してるけど痛がってないし
 車いす生活では骨折の危険性も低いと思うんですよね

ステージⅠでリンパ節も腫れていないとなると…大丈夫かな?とも
リンパ節って今では超音波でかなりわかるようなこと聞いたけど
 どうなんでしょうね

それに、ホルモン療法の薬ってアリミデックスが合わなくても
いっぱい出ているから、次の薬ってできるんですよね
 自分がトリネガなのでその事実が羨ましいゎ

兄と二人で「まさかなるとは思わなかったね」と
 そうなっても高齢者の進行は遅いと言われてるから
そんなに急に悪くなるということもないかな、と

「それよりお前は?」というので
 まあね、検査しないとわからないけど今のところ元気ですゎ

「無理するな」と言ってくれますが
 何かある時には「私ですか」となるのですよ
となるのも義姉がらみになるので、これはまたべつの機会に
義父母+祖母…なんかね~一人だけ分担多くないですか


にほんブログ村
痛みとかなければ良いんです、痛いのは嫌だし・可哀そうだし…
自分の6か月毎診察がやーーーっと日程組めました、造影剤CT久しぶりだわ
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : 祖母
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する