05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2016-09-14 (Wed)
9月に入って、酷暑という感じもなく、過ごし易い気候になりました
でも、台風&大雨の被害に遭われた方々は、未だ元の生活に戻れずに
 不都合な生活を送られていると思います、お見舞い申し上げます

そして、私の周りにもどうしたものかということが起きてしまいました

私の実家の方は、両親共「がん」で亡くなっています
 特に、母は55歳と当時でも若い歳でしたし
私も長男(第一子)が生まれて手のかかる時期だったので
 看病らしいこともできずに、後悔の気持ちの方が大きかったです

父は婿養子でしたので、実の母子であるので
 病床の母も祖母に看てもらうことが多かったし
最期の入院では、主人が朝出勤するときに祖母を病院まで送り
 午後私と交代する、という生活を送ってました

そして、母亡きあとは「〇子のかわり」といって、「〇子だったら…」
 が口癖で、婚家との付き合いもすべてやってくれて
文字通り「母親代わり」を務めてくれていました

私たちも、ほら、主人の両親があれですので……
 5月の連休&お盆&年末年始には帰省するけど
「子供」というと「次男(主人の弟)」しか思っていないような義母でしょ
 義父はそんなにひどくないけど、「長男だから」と主人を呼びつけはしても
「孫が可愛くてたまらない」なんてことは表さないので
 自然に距離を置くような感じになっちゃって……

そうなると、子供たちにとって、私の祖母は「曾祖母」だけど「おばあちゃん」
 おばあちゃんといえば、実家の祖母の事、主人の母は…ま、そうよね

実は、祖母+母と結婚が早かったので、祖母が兄が生まれて
 おばあちゃんになった年は40歳
この年の差だと「遅く生まれた子」として十分だったし
 見た目も「歳より若く見える」というかんじだったので
私の子供たちも幼稚園とかでも普通の「おばあちゃん」と思われてました

その祖母、若い時に「結核」を患ってはいたけれど
 何とか完治でき、肺が変形はしているけれど103歳になっています

めまいや、巻き爪で通院したりとかはあっても、100年近く自力歩行もして
 兄とは「死亡広告には老衰だよね」と軽口言ってたけど

骨折から、施設入居になってこの夏で3年、入浴介助のときに
 「胸にしこりのようなものが触った」と言われて

検査を受けたら「乳がん」という診断を受けちゃいました

この年になってもなるんだ、祖母だけはがんとは関係なくいけると思ってたのに

大きさは1,5センチくらい、ホルモン陽性…ということは聞いたけど

歳も歳なので、もちろん手術はしない、ホルモン薬「アリミデックス」を服用
 という方向での治療だということです

詳しいことは来週担当の先生と相談で決めますが
その日は丁度義父母はデイの日なので、同席する予定
良い子だから「今日は行かない」とかいうんじゃないよ・義父よ  

2月に肺のCTをとって異常なしだったことや、骨シンチは長時間同じ姿勢が取りにくい
ということもあって、今後は詳しい検査は無しと

兄はその方向で行きたいと思っているけど
 私は「肝臓」の検査を受けた方が良いんじゃないかな~と思っているのです

ま、もともと100歳越という「平均寿命」をはるかに超えてるので…
 今更・・・とも思うのも仕方ないですが

以前「胃カメラ」の検査も「高齢だからできません」と言う病院もあったし
 「何があるかわからないからご家族同伴で」という病院も

この、後者の病院にお世話になるんです

さてこれからどうなることやら

どうか穏やかな日々が送れますようにと祈るばかりです



にほんブログ村
もちろん、本人への告知はなしというか、忘れてしまいますもの
時には忘れるということは良いことでもあります
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです





スポンサーサイト
* Category : 祖母
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ♪デコ♪
こんな事言ってはいけないけれど
デコ思いだしました

もう亡くなりましたがデコの曾ばあちゃんが
90代の時何かのがんだったんですが
本人にも告知せず普通に暮らしてました

ただ骨が脆かったのか良く入院して
入院先で転んでまた折って( ;∀;)

お年寄りは進行が遅いと聞いていますから
穏やかな生活が遅れますように^^

Re: タイトルなし * by ともりん
♪デコ♪さん、こんにちわ~コメントありがとうございます。
台風、無事でしたか?

昨日は病院に付き添うつもりだったのですが、施設&兄の予定が変わって、私は行きませんでした
午後、台風の影響の中、実家まで行って話を聞いてきた次第です。

高齢者は進行も遅いというのを信じて、穏やかに暮らせるかな~と思っています。
心配なのは、元々骨がもろくなっているので、骨転移とか起こした後どうなるか?
後は、栄養状態が悪いと床ずれなどの心配も出てくるので…
本人食欲バリバリ‼機嫌よく過ごしているのが何よりなことです。
治療も、ホルモン療法ができるので、少しは手立てがあるかな~と。
でもね、お医者さんが「ご高齢ですから」とか「このように眠ることが多いですから」って
確かに、食べる→ちょっと起きてる→ぐっすり寝てる→食べる、という生活ですから
果たして治療を受ける「価値」があるかどうかっていうニュアンスだったんですって

そこのあたりはこれから先も考えていく問題なんでしょうね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する