05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-10-14 (Wed)
「人間ドック」でちょっと引っかかった項目があった主人
 昨日の代休を利用して、いやいや病院へ

結果は、「当病院では心配ない結果です」ということで一安心
 まだまだ元気に、働いてもらわなければと思う嫁は、ほっ

連休明けだから混んでいるよね~~と本持って行ったりしていったんだけど
 更に「ゲキ混み」のところがあったんだそうで・・・はい、「外科・乳腺甲状腺」ですって

まぁ、その報告が「やっぱ気にして行く人っているんだね~」と
 他人事なのが「ちょっと!ムッキー」となるんですけど

先月、ちょっとセンセーショナルな報道が続いたのででしょうね
 先日の後援会の先生方も「北斗効果」なる言葉で表していましたもの

「5年生存率」とか「全摘は最悪」などと、ちょっと心を痛めたかたも多かったと思います

「がん患者」になって日の浅いということで、精神的にもいっぱいいっぱい
 そんな状況だから・・・・・・と思うようにしています

というのも、手術から3年と、少し時がたっているからであって
 現在進行中のかたには、腹立たしいような気持にもなりますよね

一旦口から出た言葉は、戻ってはくれません
 後から訂正しても、その訂正自体のが発信度が低かったり
   訂正したことで、さらなる憶測を呼んだり

報道することには責任をもってと強く思います

私が手術した2006年以降だけでも、芸能人の乳がん告白って続いていて
 山田邦子、アグネス・チャン、麻木久仁子(敬称略)・・・

皆、40代の時の発症で、まさに「乳がん適齢期」に当てはまるんです

特に山田さんの場合、健康番組で発覚したので報道が大きくて
 番組自体でも特別に報道するのはもちろんのこと
退院後の「記者会見」で、手術の方法・その後の治療についてはもちろん
  手術費用とか、入院期間とかも発表していたんです

自分の翌年だったから余計に思ったんだけど
 「そんな個人的なことまで言わなきゃいけないの?」
「人によっては入院期間だって違ってくるのに、みんなが同じじゃないのに・・・」

例えば、10日間の入院で過ぎたとしても
 経過がちょっと違って14日以上とかになると、本人もだけど
家族や知人だって「あらどうしてかしら?何か悪いの??」となると思うのです

「私の場合」と言ってはいても、報道するときにカットされたら、ダメでしょ
 すべてをあからさまにいう必要はないと思うのよね

特に山田さんの時は後日の番組で発表した入院費用がすごーーーっく高くって
 同席の他病院の先生も「そんなにかかりませんよ」なんて訂正されてたけど

それ一つとっても、本人の思い込みとかもあるし
 (まっ、実際高い個室で至れり尽くせりだと違ってきますけど
「えー、そんなにかかるんだぁ」とか思ってしり込みしちゃったらどうするんでしょうね

「心の狭い」私、このころから山田さんが嫌いになっちゃいました
 もうちょっと「思慮深い人」だと思っていたんだけどね
なんか「乳がんのこと全部知ってます」っていう口調がいただけないの

でも、山田さんの「講座」って人気あるんですって
 「元気になれる」というふれこみで今年も近所にいらしていたゎ


芸能人だと取材拒否とか取材制限なんてやりにくいのか
 「仕事」に直結しちゃうから、むやみに断れないのか
芸能人って自分を切り売りしなくちゃいけないから、大変ですよね

でも、どうか、影響力の大きい芸能人の方々は、言動を慎重にお願いします

私のように「片隅」で細々とつづっているブログでさえ
 「こんなこと書いたら気を悪くするかしら」なんて思いながらなんですから

検診を受ける人を大幅に増やした北斗さん
 術後の経過も順調のようで良かったです
あなたの貢献度はすごいものがあります
 でも、あくまでも一例に過ぎないのです
「乳がんってああなんだ」という誤解を生じさせないように
 これからの言動をちょっと気を付けてくださいな


にほんブログ村
寒くなりました、ストーブの前でにゃんこと争奪戦展開中!
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです







スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ♪デコ♪
旦那様一安心でしたね^^

色々な報道がありましたが
デコは敢えてたまたま1度しか見ませんでした。

テレビに出ている方ですから
言葉は影響力を持ちます。
報道する事により、我々一般人は色んな葛藤の渦の中に
放り込まれるようになりますよね。

病状も・その後の治療も
それぞれ同じようでそうじゃない。

一般論だけが前へ前へ
肝心な事を言わずして報道ありき・・

いかがなものかと思いますよね。
真実をしっかり伝えるべきですね。

何より彼女の発言で驚いたのは
患部を見せるという一言。

そんな必要はあるのかな??
伝える義務がどこにある??

デコには考えられませんでした。

Re: タイトルなし * by ともりん
♪デコ♪さん、コメントありがとうございます。
旦那、腫瘍マーカーがちょっと高め(おやおや、夫婦そろってですゎ)ということで再検査でしたが
病院が違ったりしたので、「大丈夫でしょう」という結果になりました。
ここで安心しきれないと思うのが私、旦那は「行った意味がなかった」などとのんきにしています。


私も、一連の報道は初めの時だけでした。
なので「生存率・・・」についてはブログ村の反応で知ったわけです。
ねぇ~、影響力があるので言葉には十分注意してもらいたいですよね。
当事者、特に現在進行形の方々にとっては、気が気ではない報道のされ方でしたもの。
一言「乳がん」といっても、千差万別なのに、ひとくくり・皆が皆こういう過程と誤解されちゃいました。

自分の性格が「前に前にでる」ところがないので(笑)「私はこうなのーー!」って声高に言う人はちょっと苦手。
私も!「手術痕を公開」って、ほんとどういう神経なのかしら?って思っちゃいました。
北斗さんには思春期真っ最中の、それも息子さんがいるんですもの。息子さんの気持ちを想像すると・・・できませんよね。

私、猫ブログをアメブロでやっているんです。
北斗家のブログもアメブロで、アメブロニュースとかと言って行進の様子が来るでしょ、いやでも目にすることになって。
確かな情報ではないんですけど、ブログがポイントになる…ということもあるそうなので。
そうなると、よりインパクトの記事を書きたくなっちゃうんでしょうね。なんて、勘ぐっちゃいました。
あくまでもいろいろ言われている情報の一つなんですけどね。

何だか、初めの「応援していきたい」という気持ちがそぐれているんです。
これも生来の「斜に構える」性格の現れなんですけどね。

どうか、一過性の、興味本位に終わらないような報道が続くといいなと思っています。


コメント







管理者にだけ表示を許可する