06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-04-26 (Sun)
毎日良い天気が続きます おかげで鼻周りがですが
 花粉症、良くなったかな~と思ったらまたひどくなってきて
スギ・ヒノキが終わりに近いから…草系でしょうか
 自力で何とかしようなんて思わずに薬に頼ってますけど

三年前の今日は、人生二回目の「乳がん摘出手術」を受けた日

手術前の日々は、義父の手術&入院騒動
 自分のことの他にやることがあったし(他にやる人がいないからね
何といっても「二回目だからね~」な雰囲気が主治医ともどもあったりして

大きな手術(心臓)の後だから、「予定時間通りに行かないかも」 と言われていても
 ま・さ・か 3時間半も待たされると思わなかったわ~~

そのせいか、今まで術後に「腰痛」を感じたことがなかったのに
 当日の夜は、術部の痛みより腰の痛みが 

仰向けに寝ているのが辛くて、モジモジと動いて
 巡回の看護師さんに「ずれたかも」「ちょっと我慢して」って言われたっけ

術後の回復は予定通りだったけど、あの痛みは辛かった

トリネガなので、手術+放射線治療+化学療法のすべてが終わったので無治療中

腫瘍マーカーが上がったり下がったり、胸の張りが強くなったり、脇が痛んだり…
 「まったく不安ありません」と言えない日々だけど

毎日の積み重ねで、今日ようやく四年生に進級できました

前回・右の時は手術と放射線治療だけだったから、今から思うと「へっ」って感じ
 でも当時は放射線による「石を詰めたような感覚」が辛かった

今回・左はなんといっても化学療法(FEC→T)がメインですよね
 自分でも納得して受けた治療だから。やらなくて後悔したくなかったから
 
でも、1回も「吐く」ことなかったし、味覚が変でもしっかり食べられたし
 髪の毛などが抜けてウィッグ生活になっても「生えてくる」と信じていたし
爪の色が凄いことになっても、剥がれるほどにはならなかったし
 「手が痺れたら仕事に差し支える」と心配しても、痺れは起きなかったし…
白血球下がりまくりでも入院すこともなくグラン一本で復活していたし

そうそう、一回危ない時がありましたっけ
 ドセの後の痛みから解放されて調子に乗って庭仕事して
「ささくれ」から感染症→抗生物質が合わなくて腹部不調→胃痛  なんて
 でも、この時も「根性」で入院回避しましたね 家ほど良い所はありませんもの 
   そこにたとえ手のかかる義父母が居ても

ドラマでよく見た、抗がん剤治療の辛さというのが私の場合軽かったのですね
 全くないわけではないし、もう一回やれって言われるのは勘弁だけど

自分に「やれるだけのことはやった」と言えることは自信になります


ただ、現在の不満を言わせてもらうと、なんといっても「髪の毛の薄さ」ですゎ
 
医師たちの「髪の毛は生えてきますから」は「元通りに」ではないのですね
 元通りになる、と勝手に思い込んでいたのは私だけなのかしら

毎日鏡に頭頂部を写しては「あ~~」とか「ふ~~」
 PC開けば「これで髪の毛が…」なんていうCMが入るのですよ
   そして、一回はポチっとして見ちゃうのです
毎日マッサージしてるし、育毛剤も振りかけてるのになぁ
 私より後の人がフサフサしてると、羨ましい~~を通り越してます
 

次に凹む材料は「顔色がワントーン暗くなった」ってことかしら
 シミも増えたし…これは年齢によるものも多いかもしれないけど
眉毛&まつ毛もうっすらになってるので、一気に老けた感が増してしまいます

なので、以前よりお化粧に気を配る時間が増えたのです
 少しでも健康的に 出来れば美しく( 元の問題もあるけど

こんなことを思えているって、いいことなのかな 

今は転院準備中で、どこの病院にも所属していない中途半端な患者だけど
 6月には新しい病院&主治医との出会いがあるから
  心機一転、新主治医について行こうと思うのです
もし「落ち着いているからクリニックに行ってください」と言われても拗ねないもん
 
そして、五年生・六年生・・・・・・卒業目指して頑張ろうと思います
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
何故か油断すると古い「右脇」が痛みます、働き過ぎに注意!ということなのね
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです

スポンサーサイト
* Category : 経過観察
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する