07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-01-19 (Mon)
先週の金曜日・16日は定期検診の日
 前日の大雪にめげず行ってきました
大雪の時って除雪車が出てくれるから、峠道とか広い道路は良いんです
 却って、自宅付近の3キロくらいの道が凸凹で
対向車が来たら…絶対動きません 当てないように、動けません
 なんて感じで行きました、先生も「よく来れたね~~」って
はい、だって「この日が最後かも~」と思えば、這ってでも行きます

まずは視触診 「うん、異常無さそうだね」 で終了

Dr.: それで、今日で一応最後だけど。どうする?転院希望ということだったけど。
私: 経過観察のみになった場合受け入れないこともあるって聞いたので
    一応この病院にと思ったところに問い合わせてみたんです
Dr.: 近いところでっていうとSM先生の所かな?  とぼそぼそと…
私: え~と、そこではなくて。A病院に。他の科で掛かったことがありましたので
    そうしたら、経過観察でも受け入れるけど、状態の落ち着いている人には
      連携のクリニックに移ってもらうこともある って言われまして…
Dr.: うん、そうだろうね。「がん連携病院」はみんなそうだよね。
     実はうちの病院もそうなっていて、外科でも大腸とかはもうそうして貰っている

え~~、そうなんですか 全然知りませんでしたわ
 そういえば「逆紹介」なんてことが書かれていましたよね

私: 私の場合は「状態が落ち着いている」に入りますか?
Dr.: うん!「転院してもらうリスト」を作ったら上の方だね

そうなんですか 落ち着いているっていうことは嬉しいけど

Dr.: M地域(私の今の居住地)は病院も多くて、受け皿がしっかりしてるけど
     S地域(以前の居住地・通院中)には乳腺専門の医院がないからね
    一番困るのは「経過観察を受ける」ということが重要なのに
     かかる病院がなくて、観察がおざなりになってしまうこと
   なので、うちの場合は、結構長い年数続けて通ってもらっているんだ

そうなんですね、それで待ち時間が2時間近くってことになるわけね
 だって、患者はどんどん増えて、減ることがないわけですから

Dr.: それで、どうする?
私: その連携の医院がちょっとよく分からないので…
Dr.: じゃあ、もう一回3月に診察することにして、僕は31日まで来るから
私: はい、すみません。お願いします。それまでには決めてきます
Dr.: KY先生も異動が決まってね
私: えーーそうなんですか

大体3年くらいでS大から来た先生は戻って行っちゃうけど、やっぱりね
 二人ほぼ同時っていうのが、大変ですよね

これで、私の「S病院に続けて通う」という気持ちは全くなくなっちゃうのでした
 KY先生に診てもらうというわけにはいかないかもしれないけど
化学療法中に何回かお世話になった先生、ということで勝手な親近感だけど
少しでも知っている先生がいるというのと、いないっていうのは違いますもの

というわけで、3月まで考える余裕ができました
 とはいえ、私の中では殆ど決まってきましたが

それで、術後3年検診を、ちょっと早いけど3月にPETで受けることになりました

そうそう、S病院にもPET/CTが入ったんです、今まではI病院に行ってたんだけど
でも、S病院の審査が厳しくて「明らかに再発転移の疑いがある」場合保険になるんですって
 そうなると私の場合は「自由診療」に入るから、I病院で受けてということに
  下世話な話、罹るお金が全然違ってきますよね

私にとってはI病院の方がはるかに近いので良いですが、皆は高速使って行くって言ってたわ

実は私、今回はマンモ+超音波+骨シンチで良いかな~って思ってたけど
 最後の最後にいろいろ言うのもね~ 指示通りに致します

PETの指示書を貰う時に看護師さんとKY先生の異動の話をして
 「ね~、不安だわ~~。なんて患者さんに言えないけど~」
   いえいえ、私も3月まで患者ですから~~

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
A病院を追い出されるのを前提に、SM先生の病院に偵察に行くつもりな私
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : 転院
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する