08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2013-10-10 (Thu)
入院生活では、ベッドの場所がどこかって重要です
トイレ・洗面所の近く、見晴らしのいい窓側・・・
もちろん個室の場合は自由なんでしょうが
私、一般庶民なので4人部屋、しかも「「ハイ、ここですよ~」と
言われたところに大人しくいました、まぁお出かけはしてますが
病室もそうですが、ベッドがどこにあるかも大事ですよね

2006年の時、私は右に窓・テレビ台も右側という位置のベッドでした
ベッドはHCUの時のハイテクベッドでリクライニングなどスムーズで
でもね、右側手術なので、長時間右を下にするのはNG
テレビも何もかも右使いって、どうなんでしょ、優しくないですよね~

ケンカしながらも隣同志だったおばあさんずのあと
短時間の手術で一泊入院という人が向かい側に次々と入って
私の隣は消化器系の手術で、我慢強いちょっと年上のOさんでした
珍しく反対側の2つが空いているのでOさんが
「窓側に移りたいな~」って。そうですよね
私のいる窓側からは湖が見えて遊覧船の行き来が気晴らしになりました
看護師さんに言ったら「良いと思いますけど確認しますね」と

でも、何故か確認後「あの、このままでは我慢できませんか?」に変わって
結局変われなかったんです
そんなことを企んでいた12月15日(金)夕方遅くに入院してくる人が
ご家族の話が深刻らしくて、患者さんも私より若そうで
職場に連絡とか〇〇に・・なんてテキパキされていました
入院するとなるといろいろありますもの、それも緊急だと尚更大変です

こちらは夕飯も済ませ暢気にしていて、そういえば回診なかったなと
やることもなく気ままにしていたら
今日入った人の所に回診に先生がいらして、その声が私の主治医のような?
今まで聞くともなく聞こえてきた会話を思い起こすと
転移・皮膚表面・剥離・・・
なんとなく重症なのかなと思っていたのが
先生が同じ=病気が同じということかな?
私の先輩にあたるのね、私の行く道なのね、と思ってしまいました

その人の処置が済んだら私の番かなと思っていたのに
何故か部屋を出て行ってしまい
少ししてから改めていつものように回診に来てくれました
いつもの=大きな声で朗らかに
先ほどの雰囲気とは全く違うんです

多分先生は、続けて回診できるのに
わざわざ時間をおいて、そうと気づかせずにおこうとしたのでは
そうなると、Oさんが窓側に移っていたら私の隣になるわけだったので
やりにくいとか、お互い気にするとか思ったのでしょうか
看護師さんは移動OKな雰囲気だったのにSTOPがかかったのも?
それは考え過ぎかしら?

3年後、新聞のお悔やみ欄にこの方のお名前が載りました
ご冥福をお祈り申し上げます


スポンサーサイト
* Category : 私・右・入院
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する