07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-09-18 (Thu)
「慢性硬膜下血腫」の手術の時に尿道カテーテルを入れて
 前立腺肥大があったためもあって、カテーテルが抜けなくなってしまった義父

「何回もトイレに行く」時は「管が詰まってしまった」という場合が多い
 なので、ドセ終了80日目の2013年2月28日の深夜23時
訪問看護に来てもらい、なんだかんだで1時ころまでバタバタ
 寝不足はお肌に悪いだけでなく、免疫力も落ちるのよ

具合が悪かったら早めに言ってよね、調子が良くなるなんてことはないんだから
 と、ブチブチ言っても、理解できない義父&義母
あなたたちはおおっぴらに昼寝するから良いけど
 そうもしていられない私は、おかげで寝不足で、ふらふら

翌:2013年3月1日(金):ドセ終了81日目
 深夜に緊急で訪問看護してもらい、この日は定期の訪問看護の日
看護師さんは、当番制で「夜勤」なので、偶然同じNさんが来てくれました
 二人で「あら、同じ日に2回になってしまったわね」なんて
  ホント、すみません&ありがとうございます
私のことも気遣ってくれて、フラフラしたけど大丈夫ですと言ったら
 「寝てられないっていうのが、本当のとこだよね」と。ご理解ありがとうございます

足元がふらふら~ってする以外は、特に変わりなく
 ガンバって減らそうとしている体重は、さすがに寝不足でむくんでいるのか増えてるし
でも、ラシックス(利尿剤)は飲まないで過ごす、決心は固いのです

次の、3月2日・3月3日(ドセ終了82日・83日目)
 口の周りの皮が剥けてしまうけど、徐々に良くなる気配
体重は、寝不足日-0.6キロ…まぁ、こんなものでしょう
 2日間共に、朝と夜の体重が全く同じ ということは浮腫みもないの

吐き気とかで入院していた実家の祖母
 N病院では「これ以上の治療はありません」ということで退院
実は、症状がちょっと消えていただけなんだけどね
 「自宅に戻る前に、1クッション入れて老健へ入所しては」という指示で
以前からデイサービスを利用していた施設と同グループの「W」へ入所したのが3月1日 
  そうです、家で2回も訪問看護を受けた日

実家は、祖母・兄・義姉・姪の4人暮らしでしたが、当時姪は進学のため上京中
 兄たちがIターンしてくるまでは、私たち家族と食事を一緒に摂っていました
  (朝ごはんだけは祖母が適当に済ませていましたが)
そのせいもあってか、祖母は年をとってもふくよか…いえ、太り気味
 と10年くらいまではなっていたのに

年を取るとともに(この時既に90才)生活時間が24時間ではなくなり
 朝・昼・夜と規則正しく食事を摂ることも少なくなってきてました

義姉からすれば「気持ちよく寝ているのを無理やり起こして」食事にすることは
 「おばあちゃんが可哀そう」ということで
好きな時に、好きな物を食べるという生活を送っていたんですよね

好きな物=お菓子(特にハッピーターン)だけで一日過ごすなんてことも

なので、入院したらAlb(アルブミン)の値が凄く低く、栄養失調に近いと
 今の世にと思いますが、意外と高齢者は多いんですって

入院と老健入所ということから、3食キチンと食べる、しかもおやつもありという生活に
 真っ先に栄養状態が改善され、起きている時間も多くなり
というか、リハビリを兼ねて色々やらせてもらう(やらされる
  ことがあるからなんですけどね
 
こういう点では、自宅で気ままに過ごしているより良い面が多いですよね
 
自宅で規則正しい生活を送らせるってすごく大変なんですよ

家の場合、二人とも食欲はあるので、時間になるとダイニングのそばにいるけど
 自分たちの個室に籠られるとなかなか出てこないし
またある時は、お昼寝に部屋に入った後起きてきて「おはようございます」って言われて
 ま、まだ「ごはん食べてない」は言わないけど~~
そんな日も時間の問題かな~~と思うのです

そうなったら、もう、面倒見きれませんからねと宣言していますが
 何せ義父母の考え方が古いから~~ どうなるんでしょうね
子供が3人要るんだから、3人が平等に頑張れば~~
 因みに私は「子供」ではないので~~そこの所 ヨ・ロ・シ・ク

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
まだまだ私と認識するので、日曜ごとの祖母への面会は続いています
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : ドセ終了後の日々
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する