06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-08-29 (Fri)
2013年2月17日:ドセ終了後69日目
 朝方の動悸にビビりながらも毎日の生活はOK 
  「深呼吸」をするだけでも気分的に落ち着くのか
それとも「無理をするな」と言われても私がやらなきゃっていう状況が
 何とか体を動かせるのか…いずれにしてもできることはやりますよーー

でも、相変わらず「粘膜系」が弱いのか
 口の周り・目の周り という皮膚の薄いところが
ただれたり、皮が剥けたりという状態

一時の「まるで猿」に比べたらよくなってるけど
 まだまだ赤みがあったりしています
この時は、放射線治療の時にもらった軟膏「スタデルムクリーム」をおそるおそる
 だって、体の皮は、顔が一番敏感そうじゃないですか

放射線治療の時の「肌を守る」ための薬も
 右の時は「リンデロン」だったんですよね
この薬は顔に付けたこともあるので大丈夫とわかっているんだけど
 「スタデルム」は未知の領域、果たして吉と出るか凶と出るか

大丈夫!次の日には少しただれた感が良くなっていました
 本当は皮膚科に罹った方が良いのは分かっていますが
時間的に余裕がないので、自己責任で遣っちゃいました
 皆さんはきちんと皮膚科なり、通院中の科に相談してくださいね

目はですね、「花粉症」の目薬があったから…以下同文!
 「私って応用力が凄くない~~」なんてやっていました
皆さんは……以下同文

そんな状況なのに、家のバカ!主人!!
 どんな会議の後だったか忘れちゃったけど、「飲み会」があったんです
普段自動車通勤なので、こんな時は最寄駅に迎えに行ったりするのですが
 最終電車が過ぎても何の連絡もありません

何かあったら困ります、義父母をおいて行かれてもね~~
 と、日付が変わらないうちは心配していたけど

何のことはない、「盛り上がったから電車乗り遅れた」と暢気にメールが 
 その時間は、日付が変わってから、最終は確か11時30分頃のはず・・・

何ともない時、乳がんでもなく、動悸もしないという時ならいざ知らず
 動悸はするし、何より睡眠を十分とってと言われているときに、これはないでしょう
季節は真冬、寒冷地なので放っておいて凍死になっても困ります
 仕方なく車で迎えに行って、家に帰ってきたのが2時
冗談じゃ~~ないよ と怒ったのは言うまでもありません

その後「最終電車に乗り遅れない」をモットーに飲んでいるそうです
 いやいや、「自力で帰る」方向になってほしいものですわ

そのせいかどうか(しっかり「寝不足だから」と言ってはいましたが)
 次の朝、唾が凄く粘り気があって、唇自体も白くなってしまいました
こういう時って、塩味が復活してしまうんですよね

そして、次の日(ドセ終了後71日目:2月19日)も
 口が渇いて、何を食べても塩味がして…と味覚異常になってしまいました

体重は、術後に比べて+2キロ と順調に減ってはいってるけど
 すっきりした体調には程遠いですね

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
今夜も飲み会、しかし、しつけが行き届き飲まずに参加だそうです
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです








スポンサーサイト
* Category : ドセ終了後の日々
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する