09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-08-23 (Sat)
化学療法を終えて2か月くらいの、2013年2月11日
 ドセ終了62日目、相変わらず「スッキリ快調」とはいえません

まず、口角は切れ易く、すぐただれたようになって
 口内炎の薬はあるけど、口角用の薬がイマイチ分からない…
なので、リップクリームを塗ってごまかすという手入れ方法

他には相変わらず口の中がヌルヌルして・・・これはハチアズレだね
 久しぶりの「胃痛」もあるけど、ちょっとずつ食べればOK
「胃が痛い~~」なんて言ってると、下痢になってしまう私
 この時も、すかさず胃痛→下痢というコースです

翌:63日目、2月12日
 朝起きたときから、目の周りが赤く、痒みもあり、ついつい手をやってしまいます
家には黒猫のジジという可愛い仔がいるのです
 可愛いと言ってもやっぱりニャンコ、アレルギーのような症状が出ることもあるの
とはいえ、今更他所の仔になんて思いもしませんけどね

痒いので鏡を見ることが増えたら……なんと産毛の多いことよ
 いえいえ、「産毛」と言いましたが、そんなかわいいものではありません

抗癌剤で、頭髪はもとより、眉毛・まつ毛・鼻毛も全てなくなっているので
 「無駄毛剃り」という行為から遠ざかっていましたが
もう、産毛というよりは「しっかりした毛に近い、鼻毛より細い」のが
 おでこや頬にみっちりと生えているのです

眉毛がないから、「どこから頭部」という顔なのに、その「剛毛産毛」たちは
 きちんと「本来おでこ」に生えてるんですょ

まるで「猿」です、しかも目の周りが赤くなっているので
 「より一層猿」に近づいちゃってます
  もちろんお尻は赤くないですけどね

むかーーし、生物の授業で「胎児の時に生物の進化を再現してくる」って教わったけど
 まさか、これもそのパターンなんて言わないですよね


そんな日々のさなか、10日ほど前に百歳の祝いをした祖母(母の母)が
 頭痛と吐き気で、N病院(私の通っている病院)に入院したと兄から

頭痛と吐き気ということで「脳疾患」を疑っての入院だったのですが
 検査結果は「脳には特に異常なし」でも、症状があるというもの
直ぐに…ということはないし、保証人の手続きが必要なので連絡したと
 心配いらないから、今日直ぐに来なくてもいいからね~というお言葉
その言葉を信じて翌日保証人手続きを兼ねて勝手知ったるN病院へ

実はこの年初めから、胃腸の調子が悪かったりしていたのです
 100にもなると、生活時間も24時間で過ぎるのでなく
昼夜逆転になってしまうこともあったので、好きな時に食べてとやっていて
 世話をしてくれる義姉には、かなり手を掛けさせていました(この時はね)

祖母の入院は、この日から現在(2014年8月23日)までずーっと続いています
 もちろん、病気が治ったり、骨折したりという紆余曲折ですが
このことについてはまた改めて書いていきたいと思います

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
この時のむだ毛の分を頭頂部にまわしたい!
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : ドセ終了後の日々
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する