05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-07-03 (Thu)
抗がん剤投与が終わって30日以上たつのに
 相変わらずあっちこっちが不具合
いつになったら「絶好調」と言える日が来るのかと思うのです

2013年1月17日:ドセ終了後、38日目
 前日痺れが強くなっていたんだけど、この日は少し改善
  そして、口の渇きも少し良くなってました
 この日も「雪かき」をしたので、動悸さんは居座ってましたね
  要は、無理なことしなければ良い!ということなんでしょう

翌:1月18日:ドセ終了39日目
 前の日良くなっていた「痺れ」が悪化 多分、雪かきのせい
  口の渇きはよくも悪くもなく、現状維持。遠慮せずどうぞお引き取り願いたいですわ
 階段の上り下りをしただけで動悸 貧血が進んでいるのか?
  そう思って、鉄剤を飲んだり、「鉄分入りヨーグルト」を食べたり
 でも、忘れてました、口が渇くのに伴って、若干の味覚異常があることを
  もう、ヨーグルトの粘つき感が 懲りました
 これからしばらくヨーグルトは食べれませんでした、ねっとり~~って感じがダメで

洗濯物を干して、ふと指を見たら
 右手の中指・薬指と左手の中指の爪が白く、隙間ができているというか
  爪が浮いているようになっているではありませんか
 この時の私の爪は、全体的に紫がかり、FECの時の段がまだ残っていて
  それはもう悲惨な状態 とても人さまにはお見せできません
 まあね、マニキュアで隠しているんだけど、それでも目につく色合いです

それに輪をかけるような症状、しかも、このまま爪が剥がれたりしたら
 ただでさえ、指先で物を拾うのができにくいのに
爪がなくなったら……痛そうだし生活してく上で困ること多いよね~
 なので、絆創膏でペタペタと浮いたところを押さえつけました
風呂上りとかフニャフニャ感が更にUP頼りない爪が心配

翌:1月19日(ドセ終了40日目)
 指先の痺れ感は相変わらず、ちっともよくならないのね
  でも、私の場合、足がしびれたという感じはなかったので、それだけは良かったかな
 先日あった人は投与5年経つのに、足の裏にいつも何かが付いている感じって
   こういう感覚も嫌ですよね

左側の口角がただれてしまって、これを放っておくと切れてしまうのかな
 慌てて、薬箱をガソゴソ…「プロペト」という薬を発見
アレルギー体質の私、ちょっとしたことでもカブレたりとなってしまうので
 皮膚科とも縁が切れません
市販の薬より強いのか、お医者さん処方の薬って効き目抜群
 この薬も、ちょっとべたべたするけど~~はい、良い仕事してくれました

毎日毎日、これでもかというくらい、いろいろな症状が出ます
  薬箱の中もあれやこれやと色々な薬が溜まっていきます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

薬の消費期限って意外と長いのね
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : ドセ終了後の日々
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する