05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-06-20 (Fri)
ドセタキセル終了後27日目の2013年1月6日
 手の指先がいつもの痺れ感よりちょっと強く
ぐーぱーしてもさすっても…う~~ん痺れというか痛みが引きません
 特に右手の薬指(4指)と小指(5指)が痛いのです
いつもだったらお風呂に入ったりすると良くなるのにな~なんて思いながら就寝

次の日1月7日の早朝、右手の4・5指のギュ――っとする痛みで目覚め
 痺れは手全体という感じに来ています
腫れているのか浮腫んでいるのか、手を握ることもできません
 指先がね、手のひらにつかないの
体重は変わらないから、身体全体のむくみは酷くなっていないのに

実は、朝起きたときとか手が握りづらいのは前からあった症状で
 これって「更年期」の症状の一つなんですよね
自他ともに認める「更年期世代」ですから
まぁこの症状も起きて動かしていくうちに収まるのは経験済み
 この日もその症状が強く出たくらいに思っていたのです

でも、なかなか「握りづらい」が良くならなくて
 改めてまじまじと手を見てみたら…
なんと 指の第一関節が赤く腫れているのです

この症状は実は他の病気なのです

「へバーデン結節」という、第一関節が腫れてしまう病気
左乳がん発覚の前年、2011年夏に宣告されました

この病気に掛かりやすい特徴としては
 ① 40代以上の女性
 ② 手をよく使う人
 ③ 遺伝的

①については、ハイハイばっちり当てはまります
②についても、仕事柄もそうですし、主婦ですからね
③については、実は父も兄もそうだったので。ここでも遺伝的に持ってます

対処法としては、痛みがある時は冷やす・使わない・テーピングなどで保護する
最終手段として手術という方法もあるそうですが、手術はもう嫌です

関節リウマチも、へバーデン結節も、ともに「変形性関節症」ということなんだけど
 関節リウマチは第2関節とか大きな関節に痛みが発するそうですし
血液検査も受けて、そちらの方でも否定されていました

唯良いことは、変形し終わると痛みがなくなるということです
 初めに症状の出た人差し指・中指はもう全く痛くないので
そして、左手よりも右手の方が腫れている度が強いのです
 包丁とかでも右手は活躍してますものね

ギュ―――っとした痛みも、常にではないので
 冷やしたりテーピングでしのげました

ドセによる関節痛とも思っていたけど
 場所が限られていること、緩急があることなどからの判断
本当は整形外科に行って確かめた方が良いんだろうけど
 頭はヅラ・体は浮腫みで重ーーーいので 気が進まなくて
一週間とか長い場合は行こう!と決心して受診せず今に至ってます

ただ、この時に変形してしまった4・5指は
 他の指に比べると、断然変形が凄いのです
やっぱり抗癌剤×関節炎だったから重症になっちゃったのかな

仕事柄、手・指を見られるんだけど、右手はどうしてもこそっとみせます
 まぁ一応女性ですから、見た目も気にはしているのですよね

この病気の特徴でもある「変形が収まると痛みもなくなる」は
 公約通り普通に使えています
そして、ピアノを弾くのにも邪魔にはならないのが唯一の救いかな

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
遠慮のない小っちゃい子が「痛い?・骨折?」と聞いてきますが「痛くないよって
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです

スポンサーサイト
* Category : ドセ終了後の日々
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する