06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-06-16 (Mon)
2012年7月から始まった化学療法(抗癌剤治療ともいうけど)
 この年の内に、雪が降らない前に…と諸々の思惑通り
2012年12月にはFEC→Tの治療も、伸ばすことなく前8回終了
 まぁ、途中あわや緊急入院かとか、毎回グラン打ちということはあったけど
トリプルネガティブだから、これが終われば経過観察しかないのです

投与後2週間目にステージに立つなんという暴挙のたたりか
 それとも、先生が言われていたけど「副作用は蓄積される」というののせいか
もし、次の投与があるのなら受けている日にちになる、1月1日(火)
 熱はないけど~身体がフワフワした感じ~~更に重~~い
という、正に「めでたさも 中ぐらいなり おらが春」を迎えました

口の周りの違和感は多少良くなってきてるんだけど
 むくみがね~~ ふくらはぎまでもが「押したら戻りません!」と反抗的
今まではせいぜい「足首がない」とか「座りにくい」くらいだったのに

余りにも自分の体が重いので、体重を記録していたんだけど
 12月31日…むくみMAX  と書いてあって、体重が…秘密(笑)だけどやっぱりMAX
 1月1日……むくみMAX 体重も もちろん!MAX

え~~、22日目になるというのに、更に浮腫んでいるではありませんか!

お正月は太りやすいってこともあるけど、絶対抗癌剤のせいですよね
 いつになったら、副作用とおさらばできるのかって
まあ先生たちも「人によっては長引く」とか言ってましたよね
 この「人によって」って言葉何回聞くことでしょう
これって結構便利な言葉だと思いません? 「私は違うのね」って納得させちゃう

1月2日は、5人と一匹で私の実家に新年のあいさつへ
 階段の上り下りがしづらいくらいに足はパンパン!
他の症状、指先のピリピリ感は前日よりは、良くなっていて
 でも、自分でも顔が大きいな~と思っていましたが
兄に「なんか、顔が腫れぼったいな」と指摘され、ちょっとカチン!
 えぇえぇ、そうでしょうね、むくんでいますもの~

1月3日、前日長男夫婦が帰京したので、ちょっと気楽に
 なんだかんだ言っても、まだ新しい家族構成に慣れませんから気を使います
何より、「素頭」を隠さないといけませんからね~~

娘もこの日に帰京するので駅まで見送って行ったときのこと
 ホームまで見送って、新年だからか10分近く電車が遅れていて
立って待っているうちに、足がだるく・足の裏がジンジンした感じに
 娘は「もう行っていいよ」なんて言いますが、見送りはしたいので我慢です
全体重が足の裏に掛かると、重さ×痺れで、痛いような感覚

娘を見送り、車に戻ろうとしたら、その駅の階段が…登り切れるかしら??というくらい
 長く・果てしなく感じてしまいました
そうです、足が上がらないのです。重みと痺れで…
 あまりにも遅いからって、主人が迎えに来て
久しぶりに手もつないで「引っ張り上げて上りました」(笑

その後、動悸もしたりで、体調はイマイチ

最終投与から結構日にちが経っているのに
 抜けた副作用は、口周りの違和感のみ
他の、指先や足の裏の感じやむくみは居座っています
 いつになったら抜けてくれるのかしら??
頼みのラシックス、残り少ないんですけど

当時は「投与しなければ副作用は抜けるもの」と考えていたけど
 他の方のを読むとそうでもないのですね
いつまでも・年単位で残ってしまうこともあるのですね
 あ~~、ホント、抗がん剤っていやらしいのね


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

浮腫むと、立つときだけじゃなくて座る時も「よっこらしょ」って言っちゃいました 
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです




スポンサーサイト
* Category : ドセ終了後の日々
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する