07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-06-08 (Sun)
父本人は「2000年問題」が気がかり、でも、私と兄は「年賀状作るか?」が気がかり
 とまあ、何とも言えない2000年も無事迎え

その頃には、「鎖骨下栄養補給」もしなくても良いかということになって
 父は「おお、これで動きやすくなる」と喜んでいました
といっても、栄養状態が完全に良くなったというわけでなく
 「長い間刺しているのも良くないですから」というわけで
そうですよね、また感染症を起こしたら困ります

相変わらず病室に入る時の徹底した消毒は続いていましたが
 祖母(父には義母)は高齢ということで面会できなかったのが
「短時間なら良いです」と言われるくらいに回復してきていました

義理の親子といっても、40年以上一緒にいると、双方言いたい放題
 そんなのも、まるで自宅にいるかのようで良かったのかもしれません

自宅と言えば、お正月に「一時帰宅したい」と言っていたのですが
 私と看護師さんに速攻「ダメ」と言われてしょぼくれていましたっけ
雑菌だらけの世界に行ったら、また感染症おこしますから
 それに、お正月は私は嫁ぎ先に行くことになってるし
普段一緒にいない兄一家では勝手がわからないから、勝手とは、父の扱い方(笑)ですが

こうやって、年明けからは徐々に父の体力もついて
 回復しているようにも見え、「なんとか退院できるんでは?」と期待していました

2000年1月19日(水)
 いつものようにお昼ご飯に合わせて面会
 起き上って自分でごはんも食べ、持って行った「大根干しの煮物」も
  「やっぱ、味が薄いわ~」と文句つけながらも食べ

父は九官鳥を飼っていて、その名も「きゅうちゃん」安易ですが
 雛の時からなのでとても可愛がっていました
自分が体調が悪い時は、それどころではなかったのか話に出ませんでしたが
 このころには「きゅうちゃんは無事か?」「ちゃんと見てくれてるか?」と
いかにも私が適当に見ているかのように…いいえ、水浴びもさせて可愛がってましたよ

この日も、そんな「きゅうちゃん」の話もしていたら、看護師さんが来たので
 「きゅうちゃん」がこれだけの言葉を言うなんて、自慢もして

本当にこのまま回復してくれると思ったのです

夕方6時半、祖母が慌てて家に来て「病院から電話があって、すぐ来るように」と
 急いで病院に向かうと、父は挿管され、心臓マッサージが続いていました

お昼の時とあまりにも違う姿に茫然でした

緊急に医師が呼び出され、病室に着いたときには、顔は紫色
 典型的な「窒息」という状態だったとのこと

原因は、たぶん「誤飲による窒息」ということでしたが
 これをはっきりさせるには、挿管を抜いて内視鏡で調べるしかありません
挿管を抜くということは……死に至らせるということ

せめて兄が来るのを待ちたかったのですが、 4時間近く掛かってしまいます
 それまで心臓マッサージを続けることは、 規約上無理があるということでした

主人と祖母と3人で相談し、心臓マッサージを止めてもらうことに決めました

時間は午後9時2分

その代わり、原因を究明するために内視鏡で検査を受けました

検査の結果、「緑色の物体が気管に詰まっている」と分かり
 献立を調べると、夕飯に「ブロッコリー」が出ていました

父は、よくむせていましたので、食事の時には「とろみ付」をしてあって
 薬の粉も「お湯で練って」丸めるようにして飲んでいました

ここの所調子も良く、食事も自分で摂って、見守るという状態に回復していたのです
 こんな時こそ、要注意だったのでしょうね


直接の原因は「誤飲による窒息」ですが
 それに至るまでの体力低下を起こしてしまった原因は
がん治療の「5年経過」を甘く見てしまい、健康管理を怠ったこと
 側にいたものとして、とても悔いの残ることでした

「病院側の責任を追求したら」という父の友人もいましたが
 そんな経過だし、家族としては自分たちの責任も感じていたので
そんなことを言い出す気力もありませんでした


父のひつぎには、大好きだった「タバコ」と可愛がっていた「きゅうちゃん」の羽根
  などを入れて、お別れしました




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
* Category :
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by べにこ
ともりんさん、お父様のお話読ませていただきました。
愛嬌があってとても素敵なお父様ですね。
最後にきゅーちゃんのお話・・・、涙が出ました。

まさか誤嚥から・・・だったなんて。
驚かれたでしょうね。
回復しかけていたから尚更、お辛かったでしょうね。

私の父は心臓で突然・・・だったのですが、
今でもその日のことは昨日のことのように覚えています。
私24歳で。辛かったなぁ・・・・・・。
10年以上経った今でも悲しくて仕方ないです。
でも、いつか天国で父に褒めてもらえるような
生き方をしようと思っています^^

まだまだ先ですけど d( `д´)b

お互い頑張りましょうね~!

Re: タイトルなし * by FC2tomorinn
べにこさん、コメントありがとうございます。
愛嬌というか、自由奔放というか…自分が年を取ってからは冷静に対処できましたが、高校生の頃は一端の反抗期もあって(笑)それはもう「このーー」でした。
九官鳥の「きゅうちゃん」はそんな反抗期ってないから、可愛かったんでしょう。この仔は父のあとを私が引き継いだのです。覚えた言葉は父の声でしたから、結構可愛くない声でした(笑


入院当初の時に比べると、上向きになっていたので「退院も夢じゃない」なんて思っていたときだったので。
大きな手術のあとは双方気を付けた生活だったのですが、慣れというのは恐ろしいもの。
いい加減になってしまったことがとても悔やまれました。


べにこさんもお辛かったでしょうね。まだ若かったし。
ちょっとしたこと、好物を買う時とか、あ~これ好きだったなと思い出したりしますよね。
私、両親とも亡くしてるので、命日とか入院した日とかに思い出します。お盆・お彼岸は…ないな~

そうですよね、いつかはあちらの世界に行くので、その時に「何やって他の!」なんて言われないようにですよね。
お迎えに来ても「まだまだ」と断るつもりでいます(笑
悔いの無いように、一日を大事にしないとね、ですね。うん、がんばるよ~~

コメント







管理者にだけ表示を許可する