06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-05-26 (Mon)
父の手術は、今から20年余り前のことなので
 断片的にしか覚えていないのです

男女混合病室に驚いたり、あまりの汚さ(失礼)狭さにびっくりしたり・・・
 でも、S大附属でしかできないということなので
何より当人が「なぁ、受けなきゃダメか?」と往生際悪い

いよいよ手術等の説明を聞きに
 手術時間は、おおむね6~7時間
 胆管とその周りを切除・・・確か、胃・膵臓も検査してということでした

輸血の必要性を言われたのですが、父の血液型B型
 貯蔵分はありますが、それでも万一の時にはご家族のと言われて
B型はいっぱいいますの、私たち夫婦もB型なので万一の場合は大丈夫ということでした

私の家族、父母ともにB型・義父母も私たち4人も更に義弟夫婦もB型
 う~~ん、こんなにいっぱいいると大変とかって思うでしょ
兄はO型なので、きっと父と母はBOのB型なんでしょうね

嫌がる父を何とかなだめて、術前検査を受けます
 「血管造影検査」というのが中でも一番危険な検査
同室の方は、この検査途中で急変して亡くなられていました・・・
  検査・手術ってやってくれる人の腕にもよりますから

そして当日、同室の人や看護師さんに「頑張ってくださいね」なんて声かけられて
 「はい」と殊勝に返事はしたものの家族の前では「何を頑張ればいいだ」とのたまう父
みんなで「こんなことが言えればいいか」と思うことにしました

大学病院ということなので、医学生・看護学生が実習についてくれます
 医学生は二人、看護学生は一人
手術中、医学生の二人からは、途中経過が報告してもらえて
 「万事順調にいっています」と聞くとほっとできました

でもね、このお二人「静脈から?動脈から?」なんて言ってるのを聞くと不安
 今では20年のベテラン先生になっていますよね、きっと!

そして、看護学生さんは、可愛らしい人で、もう父はデレデレですわ~~
 入院中はもちろん、退院後の食生活などについて、手書きのノートを
それはもう嬉しそうに何回も見ていましたっけ、読んで実践が大事なのにね

今では「完全看護」というのが主流ですが、この時のS大病院は
 「付き添いの人はご家族なら付いてください」という何とも曖昧さ
母の病院は「完全看護なので付添は必要ない」と言われていたのですが
 付添がいた方が良いのかと聞くと「いていただいた方が」と
でも、家族となると、私か義姉。二人ともまだ子供が小さいし
 父の手術後の週末は従兄弟の結婚式があるので、困っていたら
 病棟主任さんが「付き添いを専門としている方をご紹介しましょうか」って

それって、矛盾していませんか? 完全看護は無理だから付添を付けてもらう
 但し、家族に限る それができない場合は 斡旋すると
う~~ん、なんか違うような気がする
 それだけ大がかりな病人が多いということでしょうけど

まあ、そうはいっても現実にはお願いするしかないのですが
 「家政婦紹介所」で紹介してもらったかたは
品良い、母世代の方で、S大病院でも何人もお世話しているとのこと
 もう病院の人とも顔なじみなんだけど~~
一応院内では「父の姉妹」で「おばちゃん」とお呼びすることに

ただ、父が納得できないんですよね~
 私が「おばちゃん」と呼んでいると「こらっ失礼なこと言うな」って
 そうよね、ちょっと失礼ですよね、でも病院の定義からするとそう呼ぶしかないのです

さすが付き添いのベテランということでとても気の利く方で
 家族には分からなかった症状にも気づいてもらうことができたのです
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
自分の手術は2,3時間。父のはその倍の、大きな手術。麻酔薬も倍?
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです


スポンサーサイト
* Category :
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by moko☆
お父さまかなり大きな手術だったんですね…。
20年前とは言え完全看護…
普通は付き添いなんて頼みませんよね(^^;;
具合が悪い…不穏で看護師では対応しきれ無い…家族からの希望…などの理由で付き添いされる場合もありますが
しかも、家政婦さんのような方を雇えるんですね〜!驚きです!

でも、常に身の回りのお世話をしてくれる人がいるというのは
(まぁ入院中は本来看護師とか看護助手なんですが…)
家族としてはちょっと安心ですかね(^^;;

Re: タイトルなし * by FC2tomorinn
moko☆さん、コメントありがとうございます。
20年前なので、今とはずいぶん違うことが多いと思います。
完全看護の理由は特に言われなかったのですが、家族の前では不穏で…に十分当てはまる父ですが(笑)病院内では良い患者になっていたみたいです。
家族間での話でなく、病棟の看護師さんからの提案だったので、「完全看護」とは名ばかりなのね~って。
家の場合、私が日中は主に行けたのですが、夜間はどうしても無理だったのでお願いすることに。
結婚式がらみとかで、術前から顔出してもらっていたのですが、術後に「せん妄」になってしまい、家族では「またふざけて」くらいの時から「経験から、ちょっと様子がおかしいと思うのです」と言ってもらえて、大事に至らずということになりました。
付きたくても諸々の事情でできない場合もあるし、今の時代は一人っ子の場合などで、双方の親を見るなんてことも多いし。
入院して痛感するのですが、看護師さんたちってとっても忙しいですよね。忙しいとちょっと遠慮しちゃったり、家族も付添さんみたいな人がいると心強い面もあります。

開くかでも20年以上前の話なので、今はきっと違っていると思います。幸い、この病院には通院もしていないので分かりませんが、今は綺麗に建て替えられて、お見舞いに行ったときも男女別部屋になっていましたから。っていうか、混合ってありえませんよね~~

moko☆さん、コメントいただいた時間に起きてるのですか!?早起きなの、それとも夜更かしなの??
復職ももうすぐですね、お体気を付けてね。


コメント







管理者にだけ表示を許可する