07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-04-25 (Fri)
トリネガな私、抗がん剤治療が終われば無治療に
 それはそれで嬉しいけど、「闘ってるぞ」という気持ちが
   ちょっとだけ薄れてしまいます

2012年12月11日(火)
 白血球はいつもと同じに低いけど、好中球値が良いので点滴できます
やる気で行ったのに「延期です」って言われると
 ちょっとほっとするような、残念のようなきがするって言ってる人がいましたが
そうですよね、できれば予定通りの間隔で受けたいですもの

私は抗がん剤治療の時は送迎が主人で休みを取ってもらっていたので
 なんとしてもこの日に受けちゃいたいのです
折角休んだのに、治療も無しでとんぼ返りは・・・ね~

FEC4クールもドセ4クールも、そんな気持ちが通じたのか順調に打ち終わり
 と言っても、主人は書店とかでゆっくりしていたみたいですけど

ドセ最終日=抗癌剤最終日=治療最終日
 半年間は長かったような、あっという間だったような…

この日、血管確保は順調だったけど、時々点滴が落ちにくくて
 何故かというと、この血管、FEC1クールの時の血管のすぐ隣り

エピルビシン投与後の血圧測定を、点滴真上から行うということがあったので
 今でもちょこっと筋張っていますが
ドセ投与の時はもっと筋張っていたので、そのせいでしょうね

抗癌剤も8回目になると、眠気に任せて爆睡
 気が付くと眠ってしまうのですが、なかなか減って行かないような??

看護師さんも巡回しながら、時計とにらめっこ
 「あまり落ちないみたいだけど、刺しなおす方が良い?」って聞かれても
できれば痛い思いはしたくないので…ってなってたら
「時間掛かってもこのままで良い?」って言ってもらえたので
 「はいもう今日最後だし、時間は余裕あるので」とそのままやって貰います

全然「名残惜しくない」けど 急がなくても良いかな~~って

点滴中、早くも口の中が変な感じに
 血圧は安定してるけど、指先がフワフワした感じも強くなってきました
いつもより、副作用が早めに出てるんじゃないですか
 最後だからってこんなサービスはいりません


点滴終了後、通院治療室(抗がん剤治療室)の主任看護師さんと
 ご自分も乳がん・抗癌剤治療経験者のI看護師さんとで
「全行程休まず受けられました」「自信を持ってこれからの治療に当たってくださいね」
  なんて言って貰うと「あぁ、本当に終わったんだな~」とシミジミ

Iさんとは、気になる発毛のことも話して
 「2年経つけど、元には完全に戻っていない」って不安になったけど
「人さまざま」「いずれは戻る」とも言われて
  「そうか戻れるんだな」っていう気になってたけど
あれから1年4か月、まだまだ「戻った~~」とは言い難いですから

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
二年前の今日、手術前夜をHCUで過ごしていました、暑かった
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : T-4
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する