05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-04-08 (Tue)
白血球をあげるためのグラン注射で、初めて腰痛を体験
 一点集中にガンガンとやられているような痛みも
一日だけで、(まぁ、頭痛薬も飲みましたが
 何より白血球をあげてもらわなければね~

ドセタキセル投与13日目、2012年11月11日
 起床時左37,1度・右36,6度 う~ん、また左右差があります
手の指先が深爪感が強く、口も乾く
 でも、この日は合唱練習日、できれば参加したい!
なので、あえて、熱を測りません だって、熱があると思うと
 何ともなくても「大事をとった方が良い?」って思うし
「出かけるなんてとんでもない!」と言われそうなので
 「病は気から」と言うことです

起床時に熱が高めなのは普通のことでしょ?夕方上がるのも、ね~
 それに、好きなことをしている時って、そういうことも忘れてるから

無事練習にも参加でき帰宅、夕食も済ませ、はい、ここで測ってみますと…
 あるんですね~~37,8度 もう少しで38度です
でも、その割に体は怠くないので、様子を見て入浴
 そうすると37,1度に  はい、見事な微熱

翌日も、午後になると37,5度~37,8度の間を行ったり来たり
 こうわかってしまうと、ちょっと今日のお風呂は止めておこうとなりmあす
真夏とかだったら入るんだけど、冬に向かってるので
 もし、高熱になってしまうとと考えて、大事を取って止めるのです

次の、投与15日目も、前日と同じで、日中は微熱だけど
 この時は「膝も痛かったし」「昨日入ってないから」えいやっ って入っちゃいまして
喉が痛いとか、体調が悪いと思えば止めるけど
 喉は痛くない(ひざは痛いけど)し、入る方が気持ち良さそうだもん

投与16日目、口の渇きが半端なく、舌も白っぽくなってきました
 これもいつもの症状ですが、なんとも気持ち悪~~い
歯を磨いても、舌もブラシで磨いても…うがいしてもさっぱりしません
 舌なんかやりすぎて、抗がん剤でも「おえっっ」てならなかったのに…おえっ
  吐きませんよ~~でも、加減を知らないおバカちゃんでした
この日は、ずっと微熱ではなく、15時ころに左:37,8度  右:36,6度
 一度以上違うけど、こういう時は「平均」を取ることにしまして…やや高めと判断
20時過ぎには 左:37,5度 右:36,6度 う~~ん またしても


この前の通院の時に看護師さんに「左右で熱が違うってことある?」って聞いたけど
 「体温計の挟み方かな~」「右の方が挟みにくいってこともあるでしょ」と 
そして診察室で、そんな会話のことは話してないのに先生が
「センチネルで切ってるからってことは関係無いとは言えないかも」って
 
ふ~~ん、半年以上経ってるけど傷口とかは反応しやすいのかな 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
忘れてましたが、看護師さんはどんな些細なことも先生に話すのね
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : T-2
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する