04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-03-20 (Thu)
なんとか入院を免れて、抗生剤の変更で様子を見ることになった2012年10月19日
 診察後くらいから左側の長が痛くなっていましたが
 「振動に反応してだよね」と自分い言い聞かせていました

下痢の方は何とか治まっているけど、熱は終日37,5度以上
 「お願いだから下がって~」という状態
14時には「38、5度超えたら座薬を使ってください」という体温には
 なかなかならないけど、38,3度なら良いかな~って
 座薬投入 「アデフロニックズボ」なんて名前なの

薬を使ったことで刺激されて下痢になったらどうしようとおもったけど
 幸い、殆ど出ちゃったのか薬はとどまっていてくれました

その後も、うつらうつらしながら 気が付いたら夕食の時間
 家は「規則正しく、7時・12時・19時に食事」と決めてる輩が二人いるので
こんな日もその通りの時間に食事、といっても買ってきたお弁当

お粥を食べたのだけど、なんかね~胃が痛くなり始めたの
 腸の次は胃かよ!って思ったけど
ゆっくり食べ続けたら胃の痛みは治まっていきます

食べると刺激されて…トイレに行く…下痢とかだったら嫌だな~~
 そんなもんじゃありませんでした
便に赤いものが   もうびっくりを通り越して、やばい

もう、これは「入院したくない」なんて言ってる場合じゃないのか?
   緊急連絡した方が良いのか?
とも思ったけど、「待てよ、まだ一回だけじゃない?」なんて思う自分もいて

慌てずにもう少し様子を見ることにしました左側の痛みも、出血した後は少し引いて行ったので
 「取りあえず、熱の経過と出血の経過を見て」連絡することに

熱は、座薬が良い仕事したのか、36度を切るまでに効いていたし
 その後は出血もなかったので連絡することもなかったのですが
後々考えると、やっぱり入院すべきだったんじゃあないかな~とは思います


タキソテール(ドセタキセル)1クール治療後11日間のこの時点で
 痛みどめの「ロルフェナミン」+「レパミピド」×3日
 抗生剤として「クラビット」+「ロルフェナミン」+「レパミピド」×1日
 別コースの抗生剤「フロモックス」+「レパミピド」+「座薬」

と、まぁたくさんの薬を体に投入しているのですから
 胃腸だってびっくりして反乱も起こして出血もしますよね

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
この時の「座薬」今も冷蔵庫の中で眠っています。いつまで使えるのかしら?
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : T-1
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する