08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-03-10 (Mon)
2012年10月9日(火)
 抗がん剤・後半戦、T(ドセタキセル)投与の為に入院

手のかかる義父母はデイサービスに、1泊入院なので大丈夫だろうと
 特にショートステイに行ってもらわなくしました
可愛いにゃんこは一人!でお留守番、このころは大人になったので大丈夫

午前中にしKY先生の診察を受け、白血球も4200あるのでもちろんOK
 その時、「ドセタキセルのアルコール抜きは製造中止・・・」とKY先生
「備蓄にあるのかな・・・」と薬剤部に確認の
あ~良かった~ 抗がん剤の薬+アルコール成分で具合悪さUPなんてね
KY先生「大丈夫ですよ。でも、今後はワンタキソテールになるかな~」と
 ドセのアルコール抜きより、ワンタキソテールのほうがアルコール量多かったですよね
先生「まぁ、今回の分は大丈夫ですから」
 そうですね、次ということがないことを願うばかりです

前夜の「大汗」のことを告げると
「ホットフラッシュとかではないですか?」とカルテをまじまじと見て(多分年齢ね
今まではそんなこと全くなかったから~??
「身体反応を刺激するので、そういう反応が起きたんでしょうね」ということになりました
そっか~ 日ごろは汗をかくという反応も鈍っていたのね

抗がん剤投与の為の入院は「空き部屋重視」なので
 行って見ないと、どこの病棟になるかが分からないらしいです
今回は8階、今まで来たこともなかった階で、内科・腫瘍科・・・混合病棟

前の人の退院が遅くなっていて、お昼は「デイルーム」で済ませ
 12:30にやっと病室へ
身長・体重測ったら・・・身長は縮むし、体重は術前の2キロ増し
 やっぱり抗癌剤では痩せませんね~
担当の看護師さん、またもや 前回の悪夢がよぎります
 でも、自信満々でなく、確認何回もするから良いかな~
それに、「貧血進んでいますか?」なんて聞いたら「ヘモグロビンが10切ってます」って
 本人だから話してくれて良いよね と思っていますよ
他にも、白血球値の変遷を見たらしくて
 「こんなに低いの初めてみました」とか「具合は大丈夫ですか?」
う~~ん、こうなるとちょっと不安になっちゃうのよ~看護師さん!
 うっかり「マスクを持って来るの忘れちゃった」っていったら
  調達してきてくれる、こんなところは合格点かな

いよいよ、投与開始
 血管を探すのだけど、一番太くて入れやすそうなのはFEC1クールの時に
「血圧帯を巻いてしまって、その後は使っていません」って言っているのに
「でも、隣に良さそうなのが」とか「時間経っていますし」って
 指導の看護師さんが「他の所を」っと言ってくれたんだけど
「あ、でも入りそうなので」「・・・そう」ってやめてくれないかな
 なんて思っていたら、やっぱり入らないの だから言ったでしょ
結局、反対側の血管を使うことになり、ほっとしました
 もし途中で、落ちないとか漏れたなんて 冗談じゃないですよね


14:35  点滴開始・吐き気止め
15:15~16:20  ドセタキセル 既定の速さで様子を見ながら
       体調特に変化なし
16:20~16:30  生理食塩水

16:45  KY先生回診「順調で良かったですね」

今後予想される副作用として
 ・浮腫みは初回よりも会を追うごとに出やすく、強くなりやすい
 ・筋肉痛も出やすい
FECの時にも軽く筋肉痛が出たと申し出たら
「そういう人は強く出る可能性があります」「痛みどめは出ていますね」
あ~すみません、S先生に出してもらったのか、忘れています
「じゃぁ、改めて出しておきます」 はい、すみません

口内炎が気になるので、点滴中再度「氷舐め」に挑戦したけど
 やっぱり「よき気持ち悪~」になるので辞めました
ドセタキセルでは、アレルギー症状が出ることがあるって聞いて心配したけど
 一時血圧が160くらいになったのみで、これはまぁ、横になっていればOKだし
  無事投与できてまずは4分の1終わり、ほっとしました

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
投与終了後、速攻で帰宅する主人、私<にゃんこ ですから
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです



スポンサーサイト
* Category : T-1
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する