10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2013-09-27 (Fri)
手術に向けての諸検査も終わり
急に決まったから不安でしょうと看護師さんが予約を入れてくれて
主人と初めて外来に行ったのが2006年11月28日
この時はすでに手術日も決まっていたけど
病院側としては、やはり家族にもということでしょうね

大きさ的には温存が可能、もし広がっていたら全摘
こればかりは開けてみないと分からない
本人の希望は一応温存、ダメなら温存には拘らない・・
全摘後に再建するということも当病院はできる
リンパ廓清はセンチネルリンパ節を診て・・
とここまで話を聞いていたら
突然先生が「誰かストレッチャー持ってきて!」と
みたら、隣の主人が真っ青な顔で今にも倒れそう
 
結局、主人はそのまま休ませてもらうことに
何のために来たのでしょうか

「ご主人が落ち着くまで待とうか?」
「いえ、先生もお忙しいでしょうから私だけでいいです」
「そんなにショックを受けること言ったかな~?」
「いえ、血とかに弱いので・・・」

前科があるのです、娘が小さい時におでこを縫うけがをして
中々帰ってこないので病院に行ったら
「処置は終わったんですけど見ていたお父様が貧血起こされて・・」
見れば娘は元気にテレビを見てて、「お父様」が寝ていましたっけ

そんな、なんとも格好悪いことになってしまいましたが
お蔭で私は先生にじっくり質問することもできて良かったです

この時のことは後々も話題になるんですよね~
スポンサーサイト
* Category : 私・右
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する