09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-03-04 (Tue)
FEC4クール目も何とか投与できた2012年9月中旬
 副作用も今までと同じ順番で、そんなに焦ることもなく
ただ、エピルビシン後の「赤いお小水」が5日目にやっと普通に
 これは多分、気の緩みとかで水分摂取が少なかったのですね(反省!)

それと、気温の変動に体が過敏になって暑かったり涼しかったりを
 いつもより余計に感じました
なので、早々とヒーターを付けたり「早すぎる!」って言われたけど
 自分の快適さを求めたので、軽~~く無視
貧血が進んだのか、ふらつき感が強かったり、塩味も相変わらず
 これもいつもと同じだからね~
 
なんて思っていた投与後8日目、9月25日
 2クール目の時以来の「胸~喉にかけての不快感」
しかも、この日は10:25頃~20分間(この長さから狭心症ではないのね)と
 15:00~10分間と18:00~少しの間というように
3回も「不整脈」の時のような締め付け感発生
 冠状動脈に異常がないと分かっていても
場所が場所だけに「不安」な気持ちは起こってしまいます

不思議にこの不快感はこの一日だけ、ウ~~ン、原因は何でしょうか?
 特にこれと言って変わったことはなかったんですよね~
(ほら、義父母のかかりつけのDr.が心配するようなこと

口の中はぬるぬるしたような感じになったりしても食べられます
 胃の不快感も小分けにすればOKです
「げっぷ」もどんどん出してしまえばすっきりすることも分かりました

そして、投与後11日目の診察日
 主治医は出張なので、KY先生の診察。いつもすみません
「白血球は700台だけど、好中球が61%あるので
 10月9日にT(ドセタキセル)の点滴も大丈夫でしょうと
今まで、S先生は触れなかったんだけど
「白血球、いつも低くなるんですね、感染症気を受けてくださいね」って
まぁ、出かけるときはマスクしてますし、手洗いも頑張っていますけど
 そうよね、1000切ったらやばい感じなんでしょうね
先日の胸の不快感も相談して、エコーで診ていただきましたが
 やはり異常は見つからず「疲れないように」するしかないのですね

ドセタキセル投与の説明に
「ドセタキセルでは、むくみが強く表れることが多いので
  前服用することが推奨されています
 投与前日・夕食後デカドロンを10錠飲んでください」と

デカドロンって「お化けの大きいの??刑事と泥棒??」ってな名前で
 形は星形という、なんかちぐはぐな感じのお薬

抗癌剤=吐き気という思考回路が抜けきらない私
「イメンドとかは出ないのでしょうか?」と看護師さんに(先生にはちょっと遠慮
そんな小声の話にも、KY先生しっかり対応
「えっとですね、吐き気はあまり強く出ないと思いますから
 S先生も出していないよね?」と看護師さんに
看護師さんも「はい、お出ししていません」キッパリ

ですから、もしということがあると嫌だな~と思うわけでして
 そしたら、今までの「ごはんガッツリ食べてます」をご存じなので
「大丈夫大丈夫、今度のはそんなに強くありませんからね~」って
そうまで言われたら、「出してください」なんて言えません
 なにより、服用には細かい決まりがあるんですね
それだけやっぱり強い薬であり、お高い薬も納得です


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
予定通り投与できて残り4回、先生方の言葉は信じて……
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : FEC-4
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する