06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-02-27 (Thu)
2012年8月末、FECの副作用でお腹の調子がイマイチ

自分は不調でも、家族がいる、特に要介護者×2 ので
 食事つくりはできるときはやらないとね

FECは、初めの1週目がドーーンと体調不良になるけど
 そこさえ乗り切れば、そこそこ動けるんです

朝食はもちろん手抜き・昼食ももちろん老人向けの手抜き
 夕食だけは食べる時間があるからちょっとは作ります
本当は朝食をメインにするのは分かっていますよ、でも起きられないんですもん

夕食作りは、休み休み作って手のかかる要介護者×2に先に食べさせ
 ゆっくりすればいいや~と思っているときに限って
「何か手伝おうか?」って主人が早く帰ってくる
いえね、はっきり言って、食べ方の綺麗じゃない義父と食べることが苦痛な私
 別々に・上品に・味わって食べたいのです
  だから「早く帰ってこなくていいよ」と
以前は(同居前)とっても遅くて、先に食べちゃうっていう生活だったのに
  気の遣う方向がちょっと残念な主人です

そんなちょっと、いろいろな面で「御免こうむりたい」存在の義父ですが
  良いこともあるのです
それは、2008年に「慢性硬膜下血腫」の手術の際尿道カテーテルが抜けなくなったために
 訪問介護を受けているので、毎週看護師さんが来てくれること

はじめのうちは義父母ともに看護師さんと話をしていたのですが
 ほとんどが自分たちの記憶のしっかり残っている時代のこと
なので、戦争中のことが多いんですけどね
 5年目にもなると話すことも話しきったという感じで
もっぱら、私と看護師さん(総勢6名)が話すことが多くなって
 私の手術・治療のことも知っていてくれるので
私が「ベンPで苦しんだ~」とか「貧血してるって言われた~」
 「血圧が低くってだる~~い」なんて言うと
週替わりでいろいろなアドバイスをして貰えるのです
義父の「マグミットを拝借してしまえ」という知恵も
 こんな経緯でもらえたのですが
口の中が白くなっていたこの頃は「マグミット」の溶ける感じがNG
さぁ、困ったな~なんて言っていたら

「だったら、プルーンを食べてみたら?」って
「プルーンなら、鉄分が多いし、通じにも効くって言われてるから」と

早速スーパーでお買い上げ、半生で味も程よく濃くて食べやすく
 これを始めてから酷いベンPともおさらばできました
貧血の方は気持ち改善かな~くらいですが、悪化しないだけでもOkですよね
 サプリを飲んでいるのでなく食べ物からの摂取なので、気分的にも健康的

以後、抗がん剤治療中はプルーン(半生)を毎日食べていました

一人の方は義理のお母さんが乳がんでTC療法を受けたということで
 次のTの情報もしっかり貰えました

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
プルーン、調子に乗って食べすぎると効きすぎるから要注意です
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです

   
スポンサーサイト
* Category : FEC-3
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する