09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-02-07 (Fri)
投与後の体調確認、主に骨髄抑制の反応についてなのでしょうね
 手背からの採血もそんなに痛くないことが分かり、というか
私の右手背、血管がゴツゴツと見えているので、そこからだと大丈夫

採血結果も出て、いよいよ診察
Dr.「体調はどう?食べられてる?」
私 「はい、口の中が変ですけど」
Dr.「変って。具体的に言うと?」
私 「口内炎はできていないんですけど、やけどしたみたいな感じで
   食べられるんですけど、塩っぽい味がいつもしています」
Dr. 何故か看護師さんに「口内炎の薬ってなんだっけ?」 
看護師さん「ハチアズレをだしていま~~す」
Dr. 「じゃあうがい薬を出すから」「髪の毛は抜けてきた?」 
私 「いえ、まだ抜けてないです」
Dr. 「まあそろそろ抜け始めちゃうと思うよ。終わればまた生えてくるからね~」
   「そちら方面(かつらのことのね)は良かったということで…」
  「白血球なんだけど、680しかないので。昔なら無菌室行だけど。
   今は白血球を増やす良い薬があるのでそれを打って行ってもらいます」
私 「怠いとかもそれに関係ありますか?」
Dr. 「うん、そればかりでなくて貧血とかも始まってるかな~だから」
   「怠かったら無理しないくらいで。人ごみさ避けて、マスク必須で」
   「病院が一番危ないよね~ 今日はパパっと帰るように」

なんか、「無菌室行き」ってすごい重病人ですね
 家の病院は1本の投与ですが、3日間連続投与というパターンもあるのですね 

ということで、初回から白血球は超低空飛行
 これから先も毎回「グラン」にはお世話になるのでした

外科外来でのグラン投与 腕にやって貰ったのですが
 看護師さん「痛いよ~」と脅しますが…やっぱりちょっと痛いですね
グラン注射で「骨痛」が起こるかもしれないと言われましたが
 この骨痛は全8回の内、一回だけ腰痛という症状で出ました

次の投与に備えて、「イメンドカプセル」の処方もあって
 「飲まずに通院、GOサインが出てから飲んでもらうから」
  「たま~に飲んじゃったり、持ってくるの忘れる人がいるから気を付けてね」と
はい、気を付けます。どちらかというと、「たま~に」に入りそうですから

出してもらった「ハチアズレ」で口の中を漱ぐと
 ヒリヒリやゴロゴロという感触が薄くなります
なので、今後は食べる→歯磨き→ハチアズレでうがい→口内炎の薬 というコースになります
 そのお蔭で食べれましたよ~~
でも、歯並びとの関係か、左下の内側が油断すると腫れっぽくなって
 ほほ肉をかんでしまうなんてこともしばしば

そんな口の中の症状も、投与後2週間経つ頃には収まりました
 いろいろの副作用も、この2週間という日にちを境に無くなるのです
    唯一の「脱毛」以外はね

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
医療の進歩は目覚ましく、恩恵にあやかることも多いのですね
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : FEC-1
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する