07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-02-04 (Tue)
入院中はすご~~く体調が悪いということもなく退院
 家に帰ると家事が待ってるし、年より×2もいるからどうかな~

舌が白く、苔がふいたみたいになっていることと、口の渇きが半端なく
 水分摂っても摂ってもっていうのは続いていました
身体の倦怠感はなくなっていたのだけは良かったです

そして、投与後4日目
 全身が痒いんです見た目には何もできていないんだけど
  ちょっと赤っぽいかな~、火照ってるかな~ くらいなんだけどね
   常に服の上からさすっていました
 更には、下半身の筋肉がプルプルし出して
  自分の足なのに力が入らない、転びやすい感じで「老人3号」と化す

私、こう見えて(見えないってか) 毎日掃除をしないと気になる派
 いない3日間のホコリが…何しろ家には汚す名人がいますので
でも、さすがに掃除機を振り回すだけの元気はなく
 クイ〇〇〇〇パーでチョイチョイと拭き掃除もできました
午後には義父の「訪問看護」に来てもらうので、ゆるゆるとね~

投与初日の夕飯時に「超特急P--」を経験した後は頑固な便秘
 お腹が張ってきて、キモチワル~~イ
朝起きたてに水を飲んでもダメ、トイレでウォシュレットで刺激しても
「ののじマッサージ」をやってみても 出てくる気が全くないらしい

副作用で便秘が考えられるから、市販の便秘薬を買っておいたほうが良い
 という指導があったので、もちろん買っておきました
またまた自慢ですが 今まで便秘で苦しんだことがなかったので
 もちろん便秘薬も飲んだことがない!
薬のパッケージをちょろっと読んで「うん、二錠服用ね、ごっくん」と
 お昼頃にはお腹がグルグルと動きだし、ちょっと出たので「よかったーー!」
と思ったのもつかの間、 またまたギュルギュル言い出して
 またもや悪夢の超特急です
トイレに籠ること数分、やっと収まったので這い出て
 とここで、意識が無くなったんです

可愛いニャンコがペロペロしてくれて、やっと気が付きました
 上半身は辛うじてトイレから出て、下半身はトイレのなか
う~~ん、酷い目に会いましたわ
 家には猫の他に人間も二人いるのですが…気づかないのね~

午後、義父の所に来てくれた看護師さんにこのことを話して
 「便秘と下痢はセット」ということで、「脳貧血が起きたのでは」と
「短時間で気が付いて良かったですね。気づくのが猫って…」 
  ということが「やっぱりね~」ですが、何事もなくて良かった~ と笑いあいました
私的には「パンツ履いてからで良かった~」ですけど

何を飲んだのかということになって、薬のパッケージをよ~く見たら
「初めての場合は、一錠から様子を見て」と書いてありまして
「おじいちゃんのマグミットが良いのではないか?」と教えてもらったので
  それからは、義父の「飲むボイコット」のマグミットを拝借
便秘薬よりはあたりが柔らかですが、飲みづらいですよね~
 今後は苦労しないようにしようと工夫に精を出すのでした

 にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
トイレとお友達になってもね~良いことはないですよ
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです 
スポンサーサイト
* Category : FEC-1
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する