09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-01-26 (Sun)
「一発合格」を決め、気持ち上昇気味で残り2回となった2012年7月
 相変わらず放射線の当たったところが赤く熱を持っています
けれど、痛いというほどでないので「後〇回」と終了まじかでカウントダウン

私の前のおじいさんは、「追加照射」があるということで計33回だそうです
 「やっぱり怠いよね~」なんて会話をしつつ
住所も意外と近いことが分かったりして
 お互いどこの病気かなんてことは聞かなかったけど
   ある意味「同志」のような感じだね」っても話しました
次の方はいつの間にか終わったのか、見かけなくなりました
 回数が違ったり、順番待ちの人がいるみたいだからね
でも、だんだんつらそうに見えたので……でした

そうそう、会計の仕方がとても患者思いだったんですよ

 右の時のS病院は、カード式で自販機みたいなもので済ませるので早いのですが
一般的には会計の窓口でってことが多いですよね
このM病院は、放射線の会計は一週間分まとめての支払いだったので
 月~木は、リニアック室に直接行って治療が済んだら直帰宅で
金曜日にドーーンとまとめて支払うというやり方でした
 金曜日は先生の診察もあったのでいつもより長時間になりますが
毎日毎日会計で待たされるということがなかったのは良かったです
  一週間分なので金額は多いけどね

だって、義父の通っている病院、診察1時間待ち、会計30分待ち
 待っている間に「ふらふらうろつく病」を発生するので大変です

7月13日(金)
 5週間にわたっての放射線治療最終日・診察日
K先生「順調に治療が終わって良かったですね。困ったことはありませんか?」
私  「特にありません。痒みも収まっています」
K先生「赤みがありますが、だんだん黒くなって、日にちとともに元に戻りますから
    あ、そうか一回経験していましたね」
私  「そうなんです。しない方が良い経験ですよね」
K先生「必要な治療だったのでね。心臓とか肺になんて言いましたが
    滅多にないことですからね。今後はどうなっているの?」
私  「来週から化学療法に入ります」
K先生「すぐですね。大変なこともあるかもしれないけど、頑張ってくださいね」
 そんな会話で無事、終了です。
ずっと照射してくれたH技師さんともお別れ、なんか寂しく思っちゃいますね
 所要で後日M病院に行ったときにH技師さんに会って「あら~、お元気そう」と
その時は既にウィッグだったのですが「全然わからないですよ、元の髪形に近いのかな?」
 こういう風に言ってもらえるのも嬉しかったな~
本当にこの技師さんは可愛くて優しくて
 前のご夫婦が「息子の嫁に」って言ってたのもうなづけますね

放射線治療中にS病院で受けた心エコ―の結果も「化学療法に耐えられる」という
 良い結果だったので次の週からは化学療法です
 
翌週からということで白血球のことが心配でしたが
 K先生も「下がっていても病気の原因でではないから大丈夫です
  それも含めてコントロールしてもらえますから」と言われていたので
 治療に向かう心構えができました



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

照射の目印を書き直してもらう時、くすぐったいし技師さん近いし…(照
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです



スポンサーサイト
* Category : 私・左・放射線治療
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する