05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-01-23 (Thu)
放射線治療後の方向決めの為にちょっと距離のあるS病院に行ったためか
 来るべき期間になっていたのかわからないけれど
全13/25の2012年6月27日、ちょうど半分折り返しですね
 シートベルトが当たるところが痛いです
タオルでベルトを包むようにしてはいたのだけれど
 丁度斜めに、たすき掛けのようになるから~

でも、痛かったのはこの一日だけだったので
 金曜日の診察日には「変わりありません」と言ってしまった私
物忘れが激しいにもほどがあります(泣)
 この時にお薬貰っていれば次の週(16回以降)楽だったのにね

本来のS病院に罹り、「化学療法をどうするか」提示されていたので
 以前、右の時に相談に乗って頂いた先生に
どちらの治療法が良いのかを相談しました
 といっても、さすがに3軒の先生にはしづらく…
ある程度の知識は得ていたので(得ていたつもりかな)
 今回は、F県のNM先生に絞ってお願いしました
(前回のF県NH先生は多忙により質問箱を閉じられていて、同じ系列のNM先生です)

聞きたかったことは
 ①治療法として、過不足ないのはどちらか
 ②自身2回、母既往ということで、家族性乳がんにあてはまらないか
 
また今回も、とても丁寧に答えていただきました
NM先生は「見解としてですが」と、診察してないわけですものね~
 S先生の提示した②のFEC→Tがスタンダードであり良いのではないか
 ③のTCはホルモン治療をする場合は良いけれど、トリネガで化学療法のみの時は弱い  と
薬剤は混合でより多くの物を使って行くのが良いということらしいです

これって、「どの薬が効くか分からない」という考えもできるわけでしょうか
 いずれにしても自分の中ではFEC→ドセタキセルという感じに傾いていました
勝手なイメージなんだけど「アブラキサン」ってこの時比較的新しい薬だし
 できれば古いけど効き目のあると言われている方が良いかなっと思って

そして、私には娘がいるので心配な「家族性乳がん」については
 「可能性としては高いと思う もし、検査するなら」と
ご自身の病院と、東京近辺の病院を挙げていただきました
ただ、もうすでに私についての治療は始まっているけれど
「もし、家族性乳がんが判明した場合、娘世代にどう告げるか」
これについて真剣に考えてから検査なりを受けた方が良い
 というアドバイスをいただきました

そうなんです、この検査を受けて(検査費用20万円くらい)
「あなたは将来乳がんになります」とか出てきたら
その時の精神的ショックはかなりですよね
 私は初回の時50歳近くだったけどそれなりにショックだったし
  娘はまだ20代、未婚なので……人生設計にもかかわってくることですから

結局この検査は今現在も受けていません。出てくる結果が怖いのもありますが
主治医のS先生は「検査は勧めない派」やっぱり結果次第によってはいろいろ変わってしまうから
 心配事を押し付けてしまうことにもなりかねないから
それよりも、小まめにきちんと「乳がん検診を受ける」方が良いじゃないかって
 私もこの考えに同じだからです

NM先生に教えていただいた中でちょっとショックだったのは
 左右共に温存療法になったのですが
「家族性乳がん」の場合は全摘が望ましいんですって いや~も~遅いです~ 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
何事も早めに対処すると楽に過ごせることが多いのですね
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです

スポンサーサイト
* Category : 私・左・放射線治療
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by はりがね
こんにちは~

わたしも、子供が娘二人なので、
将来のリスクについて、考えてしまいます。

今は、予防のために乳がんになる前に
乳腺を全摘してしまう、という予防法をとる方もいらっしゃいますものね。

いろいろと考えてしまいますねえ……

Re: タイトルなし * by FC2tomorinn

コメントありがとうございます。
そうですよね、私は娘一人、息子一人ですが。もう年頃なので「検診受けろ~~」って顔を見るたびに言っています。
でも、なんか 他人事のように感じているみたいです、焦ります。
というのも多分私が元気にしてるからなんでしょうね。

私の母が乳がんの治療を受けていたときは「娘世代は10年程早く罹る」なんて言われていましたが、今は20代とかの人も多いですものね。
因みに10年ほど早いという理由は、娘世代が気を付けて検診を受けるから早く見つかるんだそうです。

去年は、アンジェリーナ・ジョリーのことで一気に予防学っていう考え方が広まりましたね。
勇気ある決断だと思うけど、自分だったらできないなとも。

ね~、治療するだけで大変ですよね~
遺伝子検査って受けた後の結果が怖くて、できません。多分これからも受けないかな~
子供たちがなってしまう確率とっても高そうですもの、検査費用を検診費用に回した方が良いかな~って思っています。

コメント







管理者にだけ表示を許可する