07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-01-22 (Wed)
放射線治療も11回~と中盤に差し掛かり
 13回目の6月27日には、二回目の「位置確認」の為の撮影
絶対、右の時のS病院ではこんなに詳しく検査しなかったけど~
 してもらえるというのは丁寧さの表れですよね
15回目のK先生診察でも特に変わったことがなく 
 前回倦怠感を訴えたのだけど体が慣れたのか
怠くて仕方ないということもなくなってきました

そんな中、本来のS病院外科の診察日、6月26日(火)
 化学療法についての説明ということで呼び出されました
「午前中に」と言われたのですが、午前中は放射線治療
 こちらの時間を移してもらうのは治療の都合上良くないかな~と
外科の方を午後にして貰って、足取りも重く病院へ行きました

S先生からは3パターンの治療方法を提示されるのですが
 はっきり言って、素人なので、何がどう違うのかさえ分かりません
提示されたのは
① FEC4クール+パクリタキセル全12回
② FEC4クール+アブラキサン4クール、またはタキソテール4クール
③ タキソテール+エンドキサン6クール(エンドキサン=シクロフォスファミド)

2回目の乳がんになってブログ村を訪れて化学療法の知識を得ていたのですが
 FEC(フェック)という読み方すら知らず、尚更
5FUとエピルビシンとシクロフォスファミドという3種類の薬剤なんてね~

私 「どうやって考えたらいいんでしょうかね」と質問したら
Dr.「この副作用だけは何としても避けたいというのがあるとか」というので
ブログ村での情報を頼りに
私 「手を使う仕事なので、痺れがない方が良いかと」
Dr.「そうなると、パクリタキセルはちょっとダメかな」
私 「パクリタキセルって毎週投与ですよね、毎週はちょっと…」
Dr.「そうだね、遠くだし。毎週通うのは大変かな?」
私、看護師さんに 「副作用って毎週投与の方が軽いですかね」
看護師さん「人によってですよ、毎週だから薬が少な目で副作用も軽くってことはないみたい」
 あくまでも、少しでも楽に済ませたい気の私
結局、「パクリはやめましょう」ということになり、残りの②か③で決めることになるのですが
Dr.「病期からいうとそんなにやらなくても良いんだけど2回目だからね~」
はい、承知しています。それにトリネガですもの

薬剤については院内カンファレンスで決めることになり
 投与日を7月17日(火)投与 初回投与は2泊3日の入院
   ということになりました

放射線治療が順調に行って終わるのが7月13日(金)なので
白血球が下がったままなのではないかと心配したのですが
「白血球は3000あればいいので」ということでした
前の右の時は、半年くらい白血球が低値のまま戻らなかったけど
 少しでも早く治療に入りたいと思ったし
当時、ピアノ関係で伴奏を引き受けていて、そちらのスケジュールとの兼ね合いで
 放射線終了翌週に組んでもらいました

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
ブログ村の諸先輩方の情報がとっても参考になりました。ありがとうございました
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : 私・左・放射線治療
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する