05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-01-14 (Tue)
2012年5月2日(水)
 連休中だと、主人・子どもたちの手があるので家事から解放される
  という作戦の元、無事退院
体調面では特に不安もなく、手のかかる義父母もいなかったので
 ゆっくり養生できました

退院3週間後、5月22日(火)
 病理結果を聞き、今後の治療方針を決めるために受診 もちろん一人で行きました

今は、術前化学療法で「化学療法の成果を確認する」というやり方が多いそうですが
 手術前の組織診で「トリプルネガティブ」ということは言われていても
 主治医の「もし1%でもホルモン感受性があればホルモン療法に」
という、抗がん剤治療はできるだけやらせたくない かの主治医心で
 手術先行になって、病変を詳しく調べることになったのです

病理結果は次の通りです

左CD区 ~15×8×5㎜ 非定型髄様癌 波及度:g ly:0 v:0
Nuclear Grade Ⅱ[nuclear atypia score:3+mitosis score:1=total score:4]
LN:LevelⅠ(センチネル)(-)[0/1]
TNM:pT1c,pN0,M0[StageⅠ]

組織学的に大型で不整形の異型細胞が異常に増殖し浸潤する腫瘍性の病変
腫瘍細胞は概ね髄様の胞巣を作りつつ増殖しているが
 所々に未熟な腺管様構造を形成している部も混在している
腫瘍細胞は胞体が明るく、核小体が明瞭で腫瘍の周囲には著しいリンパ球浸潤が目立つ

以上は「髄様癌」を思わせる像ですが、腺管構造を示す部分があることから
 「非定型髄様癌」と考える

腫瘍は乳腺組織内へ浸潤しているが、比較的限局性で脂肪織には達せず乳管内進展もない
脈管侵襲は標本上明らかでなく、センチネル(-)断端陰性

Er:(-) Pgr:(-) Her2:(-) Ki67:70<


主治医「ホルモン期待したんだけどね~」
  私「ふ~、マイナスでしたか
主治医「取り切れているけど、2回目だから…」
  私「抗がん剤やった方が良いんですよね」
主治医「うん、そうだね」……すごくきっぱり、返事も早かった
  私「この、Ki67がすごく高いし」
主治医「髄様癌はトリネガになるし、トリネガだとどうしても高くなるから」
    「髄様癌とはまた珍しいんだけどね、数%だし、久しぶりかな~」
 え~、そんなに変わり者なんでしょうか

実は、通院中の病理のN先生の細胞診の「髄様癌があげられる」というのを読んで
 ネットで調べまくったんです
その中に「髄様癌は予後良好。トリネガでも抗がん剤治療も受けなくて良い場合が多い」
 という、自分にとってとても嬉しい記事もあったのです

できれば過度な治療は受けたくないと思ってしまいますよね

  私「髄様癌は抗癌剤しなくても良いなんて情報があったんですけど」
主治医「完全な髄様癌じゃないし、非定型ってなってるから」
  私「そうなると違ってくるんですね、受けた方が良いんですよね」
 なかば自分を納得させるような感じになっちゃって
主治医「そうだね。大体半年かかるかな」
    「じゃぁ、化学療法を受けるという方向でいいのかな?」
 もう、「受けるって決めるよね」って感じだったので
看護師さんが「お家の人と相談する?」と少しクッションになってくれて
  私「必要なら受けなきゃいけないと言っていたので」
主治医「じゃ、6月から治療開始ということで」
   カチャカチャ…とPCに打ち込んでいきますが
実は、長男の結婚相手との顔合わせが6月上旬に決まっていたので
 化学療法って髪の毛抜けるし体調判らないし……
長男も「お父さんとだけって心配」なんて言うし
 そうよね、私もとっても心配だし、何より気がかりだわ
その話をして、主治医のほうから
「その日(顔合わせ)以降開始するということで、待ってる間に放射線治療しちゃおう」
  ということになるのでした

この時、私はすんなり化学療法を受け入れたんだけど
 私より半月前にトリネガの診断を下された人が
化学療法は嫌だ!と言っていて困っているんだなんてことも話し

主治医は「化学療法は強制できない」なんて言ってたけど
 拒める雰囲気ではなかったですよ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
誰も好き好んで治療を受けたりしませんよね
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : 病理結果
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する