07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-08-28 (Mon)
この記事を書く前,義姉についての「愚痴ブログ」を書いてたの

義父の調子が悪いので見に行ってる隙に…記事飛びました

「悪口質量」多めだったから~~バチあたったのか
 結構時間割いたのになぁ

気を取り直して全然違うことを書こうと思います  
 

今から2年前の7・8月
 6月も「心臓が痛い」ような、「軽い狭心症」のような症状があったけど
ちょっと寝不足かな~と思うと「詰まったような絞められたような気がする」
 
と言っても、時間がたつと治るので…放置
 調子がいい時の方が圧倒的に多いので、草取りしたり
夏ってどうして雑草が勢いよく延びるのかしらね~

そして、相変わらずの「ヘパーデン結節」の痛みも再発
 更に、右ひざの痛みも再発
湿布貼って~ニャンコにいや~な顔されて~
 めげずに草取ったり・梅の実を梅サワー&ジュース&シロップにしたり
市の「安全協議会」なるものの係になってしまったので
 集金して~支障木を伐採するのを手伝って…と言っても交通整理ね

痛い痛いと言いながらも結構働いてますよ

体以外の「痛み」も色々あって
 
まずは長年乗っていた軽自動車、いよいよ買い替えかなだったんです
 次に乗る車も「下見するだけ」のはずが「速攻契約」

新しい車が決まったってわかったのか、古い車がある日
 楽器店に行く途中、「ブロンブロン」って
「暴走族か」な音がするではありませんか
 
マフラーが外れちゃったんですよ
 後一か月っていう時に・・・それまで持てばいいので軽く修理
しかしあの音は恥ずかしかったわ、道行く人に見られたもの


次の「イタイ」これは精神的にね
 「お盆」なので帰省したりするわけですよ
訪問看護の日にもそんな話になって「お孫さん帰ってきました?」に
 義母ったら「家の孫は男が二人」ですって

いつものことですけどなんかムカつきますけど
 聞いた看護師さん「あらま~、いけませんね~」と
「可愛い子(次男)の可愛い子しか頭にないんでしょうね」イタイゎ


そして、ウチのニャンコ、可愛いんですけど、困った癖が
 トイレ以外でおしっこしてしまうこと、特にふかふかの布団は危ない

気に入らなかったり、言うこと聞いてくれなかったり…という時が多くて
 「イヤミしっこ」とウチでは言ってます
長らくやられなかったけど、一度やると続くのね
 この夏はまさにそんな夏なのでした
捕まえて「捨てるよ」なんて脅しが効くわけありませんから
 
洗える布団でも、洗ったり干したりするのは体力いるんだからね
 それで寝不足→胸元が変な気がする・・・ストレスストレス

最後は、育毛剤を変えたこと&化粧品も変えたことかしら

育毛剤は「抗がん剤で育毛サイクルが狂った場合に」とうたってあって
 でも、今現在増えたけど「顕著」な変化ではないの

化粧品は「シミが増えたような気がする」けど
 年齢的な原因かな~暑いとお手入れサボるしね~

様々痛くても、おおむね元気な7・8月でした


にほんブログ村
今日も!義父の後始末、これって終わりが見えないから・・・
 そのうちにカテゴリーを「介護」にしなくっちゃかも~
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : 経過観察
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2017-08-16 (Wed)
月遅れのお盆も今日で終わり、無事送ってきました

私、お盆というと良いイメージが無いんです
もちろん!子供の頃は、普段会えない従兄弟と遊んだりで楽しかったけど
結婚してからは「憂鬱なもの」でしかなかったわ

主人は姉・弟の三人姉弟の長男
子供の頃から「お前は長男だから」と、今ではボケボケの父親に言われていたらしい

ま、長男だから家のことは「やって当たり前」と

農家なので、子供も立派な働き手
だったら弟である二男も同じようにすれば良いのに
そうでなかったらしいんですよ
二男は手伝わず「お勉強」していたらしいの
私の子供たちか「よくお父さんグレなかったねー」と
それくらい扱い方が違ってたんですよね

それについては本人が納得してるから良いとして

問題は、姉である長女で

義母は08年・5月に脳幹出血、義父は同8月に慢性硬膜下血腫で入院

普通、親が入院した、となったら心配で里帰りとかしますよね

ところが、義姉ったら電話で「落ち着いている」なんて言ったら

「そう、じゃあヨロシク」と来たんですよ
それだけでもビックリでしょ

それはまだまだ序の口
義父母の容態が落ち着いて、二人とも自宅に戻って
私のながーーい介護生活が始まるわけです

ある日、義姉から義母に電話があり
興味もないし、母子だから話もあるでしょと放置

次の日義母が「郵便局へ行きたい」と
歩いていくには遠いので買い物ついでに乗せていって

ということが2回あって
自由に使うお金も必要だからね~と思いながらも

そういえば義姉から電話があると行くわね

その内に義母の認知症が進んで字を書いたりも怪しくなり

それでも義姉から電話があると「郵便局…」っていうの
代筆で手続きしてあげたこと2回

そして3回目には義母が小声で「もう私は色々できないから…」と言って

義母のお金ですから義母が思うようにすれば良いと思っていたの

それまでは「お金のムシン」と解っても主人には言わずにいたけど
流石に義母も断るくらいだから、良いかなーって思うから言っちゃいましたよ

私の感覚だと、年金生活の親にお金の援助を頼むってどうなの
両親共に亡くなってるのでできないけど
もし健在だったら、親がくれるというのは貰うけど、果たして脛かじるかな

因みに当時義姉の子供達は皆成人して、働いてもいたの
仕送りとかの世代だとあるかも知れないけどでしょ

何よりも、親が具合が悪いときに「お見舞い」も一回ずつ来ただけ
二人とも2ヶ月以上入院したし、退院しても
様子を見に来るわけでもなく

義姉、まだまだ義母がバリバリ仕切っていたころ
夏休みに子供達連れて里帰りしてきても
ごはんの準備はもちろん後片付けもしなかったの夕飯後は子供たちと花火などして遊んで
片づけは主に私、私だって子供たちと花火師たいゎいでした

義母の入院時に義父が「お茶入れてくれ」といったら
「お茶碗わからない…」と実家なのにですよ
結局私の娘が
「茶碗探して淹れてやった、おばちゃん使えなーい」と

なので、もし来ても役にはたたないだろうし、こちらがイラつくだけだけど

そんな感じで居ておいてお金を融通して貰うってどうなのですよ

仕事をしているわけでもなく、子供達の手もかからず
県外とは言っても凄く遠くでもないのに
「世話は長男がするのが当たり前」とでも言うのか
「だって○○(主人のことね)がいるから良いじゃない」ですと
まるで昔の考え方をしてるのね

ただ、膝が痛くて思うように動けないといってたけど
膝くらい私だって痛いわー、湿布はってるわーー

と吠えていたのが3年前
実は、お金を貰いたがるのにも訳があるのでした

それについてはまた今度


にほんブログ村
言いたいことは言った方がすっきりして良いですよね、ということでいっぱい書いちゃった
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです






* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |