05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2017-06-16 (Fri)
「梅雨入り」宣言したはずなのに毎日良い天気
未だに髪の毛ぐにゃぐにゃ問題中なので
雨ふりは敵だから助かってます

天気良ければ帽子被ってごまかせるから

左側が「術後5年2ヶ月」「治療終了後4年6ヶ月」
時々「痛い~痒い~」とやってます

そんな日々の今週は、定期診察日
13日(火)半年毎の診察+超音波+マンモグラフィー検査に

何が嫌って、やっぱりマンモグラフィー(MMG)ですよ

病院に依って器械ややり方が違うのか
どうも今通っている病院のは、上手くできなくて
いつも「もうちょっと~」とか「もう一回撮らせてください」と

心配がその通り、今回も左側を二回撮りました

顔が前に出ないようにプラケースみたいなのがあるの
それがかえって邪魔なんですよ

真っ直ぐに立って→肩を引いて→…あとなんだっけ
かなり色々言われたけど…やりにくいったら

被爆も2回分ですよね

撮り直しって、何か問題でも

ちょっと心配しながら、超音波検査(US)に
こちらはゼリーのニュルニュルが気持ち悪いけど
気分的には痛い~もないから

なんて思っていたら
左鎖骨上になにやら黒い○

えーー、さっきは撮り直したし…
でも、画像は真ん丸で綺麗だから…大丈夫かな

患者も10年以上やってると、知識だけ増えていきます
いびつだったりは要注意って聞いたわよね

検査がお昼を跨いだので院内レストランでゆっくり
なんて思っていたけど心配で……食べましたけど

午後の診察ですが、先生午前中手術だったそうで
少し遅れます、と

遅れてもいいです、結果さえ良ければ

そんなに待たずに診察室へ

先生:いかがでしたか
私 :相変わらず左側が痛かったり痒かったりで
時々掻いてしまって
先生:あらー、また色素沈着が進んじゃいましたね
  石灰かは治らないし、手術しないほうが良いので
   諦めるというか、このままにって思っていたらどうですか

はい、分かっています、でも痒いとついつい…

先生による超音波検査に

ぬりぬりーゴロゴローー

私 :なんか左の鎖骨にあったみたいで
先生:あー、これは何でもありません、心配ないですよ
   その他も異常なし

もうね、黒い丸いものはあるしMMGは撮り直すし
心配でドキドキ感がupした時間が2時間
ながーーく感じました

そして、先生から
*右側は10年以上経っている
*左側のはもともと再発リスクの低いもの
*左側も5年経っている
*今現在自覚症状も、検査にも異常なし


ということで、次の診察は一年後で、とお話があって


うーん、いささか心配なんですけど
確かに検査の度にドキドキするのはイヤだけど
一年間なにもないというのも不安

途中でおかしいな?と思ったらすぐきてくれればいいから

とも言われて…

転院するときも、落ち着いている患者さんは
診察の間隔があく、とか、更にクリニックへ

ということだったから

一年後で良いという指示に従います

先生の「再発リスクの低い」という言葉が
凄く励みになるのでした


にほんブログ村
診察間隔があくのは良いことだけど、心配でもあるって矛盾してますよね
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by モカママ
無事に終わって何よりです。
よかったですね^_^
1年後というのは、うれしいような不安なような わかります。
私も左の手術から5年過ぎ、一年毎になり、7年目の検診で反対側にみつかりました。1年前は異常なしで、いきなりステージ2bでした。
トリネガで、進行早いと。半年毎の検査ならもっと早く見つかったかもなんて思ったり。二回目、新たに のショックよりトリネガの方がショックでした。今はまだ3カ月毎の検査で、先は長いけど、あとに続けるように私もがんばります^_^

Re: タイトルなし * by ともりん
モカママさん、コメントありがとうございます。
無事に、でもないか?マンモ2回撮られましrたからe-455
超音波では、コロkロが止まって何か放っている気配ニドキドキしたり…何回何年でも慣れませんね。
そうなんです、間隔が長いということは落ち着いているということ、とはわかっていても
通院することが、ウチの場合義父母を預けて~というワンクッションが必要なので、一年後は良いことなんですけどね。
その間に何かあったら~とかって考えますよね。
私の場合、介護に伴う引っ越し&主治医の定年退職が重なって転院したので
どうしても「もしあのままあの病院だったら」って思ってしまいます。

「トリネガ」治療法が少なくて進行が早い…悪いことしかないですよね
私は両方とも「トリネガ」なので、本当に「なんでかなぁ」と思っていました。
でも、トリネガは「早い時期の再発が無ければ…」ということも有るんですって!
その言葉にすがって、10年&5年と過ごしています。

気が付いたら5年~10年過ぎていた、って思えればいいんだけど、それほど楽天家でもなく(笑
「一日一日を大事に過ごしていれば1年・2年…ってなりますよ」っておっしゃった先生もいます。
私の場合、大事にしてるかは??の時もあるのがいけませんが。

モカママさんも気が付けば…になってると思います。
しかし、梅雨はどこに行ったのでしょうね、まいにち暑いですね、お互いご自愛しましょうね。

個別記事の管理2017-06-10 (Sat)
今年の3月、2年半くらいぶりに受けた「人間ドック」で
「ガンより心配」と指摘されてしまった血糖値

あれから毎日、アイスクリーム(モナ〇)は一日半分にして
 前は、一日2~3個…明らかに食べ過ぎ
午前中のおやつはゼリーに変えて→食べない方が…と分かってるけど

「血糖値の上昇を穏やかにする」なる特保のお茶を飲んで
食事も「野菜から食べる」を実行
気が向いたときに(毎日遣れ)多少の運動もして

義父母の通院の時に「血糖値高いって言われたんですぅ」と受診
採血には慣れているので、右手を出し~~測定

義父母の場合、清潔だけでも結構お世話掛けるのよ

結果は、「人間ドック」の時よりも0.2下がってました

「ヘモグロビンA1cの正常値」判定では「優」になったんです
まあ、ギリギリですけどね
これで安心していたら
先生から「できれば6を切った方がいいので」と言われてしまいまして

「どうせ毎月来てもらってるから、ついでに測りましょうか」と
「お小水に糖は出てないけれど、心配ですからね」

はい、ドックの時の先生にも言われましたょ

なので、当分毎月測ることになりました
どうせ義父母を連れて行かなくてはいけないから
 でも検査費意外と高いんですよね、血少ししかとらないのに

ギリギリセーフでもいいかな~なんて思っていたら
「年代別平均値」なるものがあって
そこを見て見たら・・・・・・高い
もうすぐ代が繰り上がるけど、そこに当てはめても…高い

ということで、まだまだ油断せずに下げることを目指します

思えば、初めてPET/CTを受けた時、6年くらい前も
「(食後の一般的な)血糖値が1高いですが、糖尿病ではないですよね」
  と言われたっけ

あの時にもっと自覚すればよかったのかも・・・・・・
あの当時は血糖値よりも「病気」の方が心配だったから
スルーしちゃってたのです

さて、また明日からゆる~~い運動とちょっと頑張る間食制限で
頑張ろうっと
新たな病気を持ち込みたくないものね


にほんブログ村
今度の火曜日は乳腺外科受診、MMG+USの検査+採血+診察
左側は相変わらず変色してるしMMG痛いんだろうなぁ~結果聞くまでドキドキです
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |