11≪ 2016/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-12-28 (Wed)
昨日は、雪交じりの雨の降る中、先週に引き続き通院

検査では「再発転移を疑うものなし」だったけど
 視触診で「形成外科に罹ってください」と言われ、ドキドキ

だって、「手術になるかも~」だったんですもの
 もうこれ以上の手術とかは勘弁してほしいです

前回6月の診察の頃から、左側が痒くて痒くて
 知らず知らずに搔き壊してしまって
縫合部にそって赤い「あざ」のようなものになっていたので

外科のH先生は「石灰化が酷くなって、痒みになっているのでは」
 「血管に触れて赤くなっているのかも知れないし…」
 「これ以上悪くならないうちに形成外科に」という考えでしたので

でも、悪あがきの「ロコイド」を出してもらってヌリヌリしていたら
 痒みもなくなるし、赤味も少し良くなったような…
  素人の判断はいけませんからね
   重い足取りで行ってきました

建てまわしに次ぐ建てまわしで迷路のようなA病院
 新しい科にかかる時は地図をくれます

形成外科のK先生、茶髪の若いお兄さん…という感じ

「縫合部に沿ってあるから気になっちゃいますよね」と
はい、そうなんですよ、自己チェックするときにどうしても触れるから

今は痒みも無くなったということと、手術は…イヤです(小声で

そうしたら「石灰化で悪いものがあるというときは手術しますけど
 明らかにそうでない、このような場合は、僕は手術勧めません」と
「どうしてもというならやりますけど、痛みとかリスクもありますからね」

いえいえ、元々受けたくない~~と思ってましたから

ということであっさり、手術はないことになりました

縫合部に沿って赤くなったことについては「皮膚科ですね」
 ということでお隣の皮膚科へ

今度はT先生、またまた若いお姉さん

患部を見てくれるなり「もう治り始めてますね」と
 「ロコイドはステロイドの中でも弱い薬ですけど
  それを1週間でということなら、このまま治ると思いますょ」と

やはり掻き壊しで「色素沈着」を起こしてしまったんですって

ということで、皮膚科でも特に何もしなくてもよいことに

二つの科で「どうして転院したのですか?」と聞かれて
 単純に引っ越しで…と答えて「そうですよねちょっと遠いですもの」ってなったけど
先生方もこういうことは気にするのかしらね

本当は「主治医の退職」が大きいんだけど
 面倒くさいからそうしちゃいました
相変わらず「患者会」には行っているんだけどね~

そして、会計窓口で、形成外科…220円 皮膚科に至っては…0円
 申し訳ありません、保険制度をしっかり使わせていただきました

でも、先週外科で、総額12150円支払ってますから
 この金額は「一年間の安心料」ですね


にほんブログ村
行く時とは正反対に、心も・足取りも軽く帰るのでした、げんきんね~
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : 経過観察
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2016-12-20 (Tue)
昨日、12月19日は半年に一度の受診日
それに伴って、CT&エコー&血液検査を受けました(マンモは6月やってるの)

血液検査があるので、今月はちょっと節制した小心者
その甲斐あってコレステロールとか血糖値とかは
でも、白血球は4000を切っちゃってます、なんか低いんですよね~

そして、またまた問題のCEAは、な・なんと7,02とかって
心配ですが、先生も「高い人いますからね、高めってことで」
  と特に心配してない様ですが、気になることは気になる

CTは造影剤を使用しての検査、同意書書いたり、副作用で脅されたり…
そのせいか「血圧測ってください」で自動血圧期の前に…167・99ですと
確かに頭もぼーーっとしてますが、何回測っても同じくらいなのでした
検査室で看護師さんに「こんなに高いですけど」といっても「大丈夫ですよ~」
 はい、小心者ですから、血圧が正直に反応したのかしらね~

造影剤入れる血管を利用して採血したら「量が足りなかったので」と
改めて採血室で血採られたり、病院入り組んでるから歩くんですよ~~
なんてことも有ったけど、無事検査終了

そして、肺・肝臓・縦隔・鎖骨も「再発転移を疑う所見なし」
「右肺に炎症性と思われる変化を疑う」とあるのも10年前と同じ所だよね?

ということで一安心の結果でした

H先生:何か気になることありますか?CEA以外で
  私 :左側なんですけど、痒くて思わずポリポリ搔いちゃうので
      放射線治療の影響でしょうか?

と、あざのようになってしまっている左の縫合部を診てもらうと

H先生:放射線治療でしたら、胸全体とか、赤くなるってことあるんですけど
     ここだけですからね、石灰化も前より大きくなってるので
     石灰化の部分が刺激して「痒み」という症状になっていると思うし…
     「形成外科」に罹りましょうか
  私:皮膚科での薬ではダメでしょうか?
H先生:根本的な治療にはならないんです、形成外科で見てもらうのは嫌ですか?

嫌というか、形成外科=手術 と思っちゃう私

H先生:即手術ということはないかもですし、手術拒否ということも良いんですよ
    ただ、これ以上酷くなる可能性の方が強いですが…

ということで、この年末の忙しい時に形成外科の予約が入りました

最後の悪あがきで「ロコイド」を出してもらって
 これで良くなるようなら~形成外科行かなくっていいかな?と目論み中


にほんブログ村
CTのポーズで腕を上げていたからか?肩凝りました、歳ですかね~
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
 
* Category : 経過観察
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ♪デコ♪
マーカーの検査は
3項目中2項目の上昇が顕著だった場合

色んな事を疑うとデコは主治医にきいたよ

デコも何だっけな○○439?だったか
いつも高くて
それが2度目の手術で少し低くなったのよ

そんな事もあったからね
乾燥して放射線跡めっちゃかゆい
クリーム塗りまくって
下着がこすれてそこからも痒い
もうストレス( ;∀;)

年末だけど安心して痒みを抑えるの処方してもらいましょう^^

Re: タイトルなし * by ともりん
♪デコ♪さん、コメントありがとうございます
っていうか、凄い早い時間なんですけど~~私まだ熟睡中ですよ(笑
早起きは○○っていうけど、起きられないんです

そうなんですね、2個目の数値…これってどの病院でも共通なのかしら?
NCC-ST-439ですよね、この結果は外部なのかまだ出ていないけど、いつもそんなに高くないかな
CEAだけ、高い時が多いんです、なんでかな~体質かな~~って言われてます

乾燥しますよね、痒い痒いで掻きすぎちゃったのか?一層痒かったんです
痒いうえに茶色っぽく「色素沈着」っていうのみたいになってきて
超音波検査の時も痒みが出てね~ ̄騒ぐのはやめましたけど(笑

出された薬、ぬりぬりしてます(笑)痒みは無くなったけど、色はすぐには落ちませんよね

形成外科には石灰化の元を解決するってことらしいんだけど
手術はもう嫌だ~~っと、たぶんごねてくる!つもり

年末ですね~、大掃除も年賀状も手付かず…手抜きで新年迎えるのかな(毎年?)
お互いに忙しい時こそ風邪ひかないように過ごしましょうね


個別記事の管理2016-12-07 (Wed)
今日12月7日は「クリスマスツリーの日」だそうです
1886年(明治19年)横浜の明治屋に初のクリスマスツリーが・・・
 へ~~、そうなんですね~~
新しいことは横浜から、ってことなんですね

とはいえ、私にとっては「乳がん手術記念日」なんです
 10年前、2006年12月7日、右乳がんの手術を受けた日

当時は「温存手術」の方が望ましいという風潮で
 「見て見なければ全摘か温存かわからない」と手術室に入ったわ

自分としては「全部取れればどちらでもよい」と思っていたけれど
 当時の主治医S先生は「できれば温存に」って言われていたっけ

初回断端「+」だったので追加切除を上下方向に受けて「-」に
 左右も「念のために大きめに切除」という手術

運よく、ほとんどが非浸潤だったので、手術+放射線治療で
 「トリネガ:でも、抗がん剤の恩恵<副作用」だから抗がん剤治療なし

放射線治療、結構痛みがあって、胸の中に岩が入ったような感じで
 辛かった~~でも「抗がん剤治療に比べたら」って思って通ったっけ

年末年始にかかってお休みがあって…本当は連続照射が良いのよね
 こういうことも当時は知らないで「痛くなくてラッキー」って思っていた
う~~ん、知らないということは恐ろしいのか、救いになるのか

右側については、手術跡も綺麗になっているので心配はないし 
 何より10年無事だったからもう大丈夫よね、トリネガだから…
  なんて楽観的に考えています
 
「大きめにとった」と言われても、元々左右差があって右の方が小さかったから
 そんなに気にならない、ま、たまぁにパットを入れることも有るけど

でも、まだ晴れて「ご卒業」というわけにはいかないのが残念
 左はまだ5年目だからね~~
こちらは「石灰化」のせいか手術跡のゴロゴロのせいだか分からないけど
 触ると「」と思うことがあって
余りにも触りすぎて、引っかき傷→皮膚炎→痒いような痛いような→心配
  
なんてやってます、今月の診察の時にはすっきりできるかな~

さて、この1年で変わらなかったこと・変わったことを考えてみると

① 変わらなかったこと
 ・相変わらず、頭頂部と眉毛が薄い
   「育毛」と聞くと耳がダンボに、いろいろと試しています
   失敗したことは「眉毛テイント」なるものに手を伸ばしたこと、
     一時「イモト」に…笑えます、そのくせ3日も持たない
   今月からシャンプー変えました、だんだん値段のいいものになって行く…
 ・相変わらず義父母と同居
   しかし、お二方ともだんだんと認知度が下がっている
 ・長男夫婦に「コウノトリ」現れず、長女は結婚する気があるのか

② 変わったことは、自分のための時間を増やすようにしたこと
    「この次」が来ないことも有るかもと思って
 ・前から習ってみたかった「チェンバロ」を習い始めた
   この4日には「発表会」に出演、久しぶりにドキドキしたゎ~
 ・地区のコーラスの伴奏を引き受けた
   発声練習を一緒にやったり、やっぱり歌もいいものね

こんな感じにやってます

この一年、急逝した叔母とか、ブログで知り合った方の訃報とかが続いたので
 より一層毎日を大事に過ごしたいっていう気持ちが強くなりました

来年も(鬼が笑うけど)「元気です」の報告ができますように  


にほんブログ村
今年も庭の芝生に「モグラ」がやってきて穴掘り初めました、いよいよ寒くなるのね
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです

* Category : 経過観察
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ♪デコ♪
12月とは忙しい時期だったんですね
手術にしても追加があるかどうか
初めてなら不安も多かったと思います。

簡単にとれればオッケー
言葉では簡単ですが体験した者にしか解らぬ喪失感

デコは今年反対側2年4か月目ですが
ま~ぁ今年は放射線跡痒くて痒くて異常に乾燥~~

クリーム塗りたくってますが
掻き毟りたいほどです

これ一生のお付き合い??
凹みますね(苦笑)

今を生きる
今を大切に

がんばろね(#^.^#)

Re: タイトルなし * by ともりん
♪デコ♪さん、こんばんわ、コメントありがとうございます。
そうなんです、10年前の12月…とはいっても当時は二人暮らしだったので扶養家族は夫のみ。
9月に、市の検診で再検査になって、10月の予約で検査が始まって~
この年にはほかにも卵巣の病気が分かっていて、術前の肺とかの諸々の検査はあ10月末には終わっていたの
そして、本当はもう少し遅くになると思っていたのが、キャンセルが出たとかで初旬に
仕事の方は発表会が終わっていたので丁度良かったんですけど

全身麻酔も初めてだし、どういう術式になるかわからないし…不安でしたね~

初めて尽くしなのに、主治医結構忙しくて「あれよあれよ」っていう感じだったし、ね
こういったらあれなんですけど、やっぱり残したいという気持ちも正直あったわけで
そんなことが会話の中でくみ取られたのか?術後の主治医の言葉が「残せたからね」だったっけ

右は、放射線治療だけだったけど、痛みとかで結構凹み…でも、抗がん剤の方が大変だよねって
自分を励ましたけど、痛いものは痛いし!

放射線治療の後、痒いですよね、私も右が痒くて痒くて…
年数経っても痒みって突然ですのか?私左側掻き壊してしまって、今色素沈着しています(悲
で、自分で書いたのに「皮膚転移か!」「いやいや搔いたから」ってやってます
保湿しても、もう色味は落ちないみたい(悲)これも今度の診察の時に相談だな~~

遣りたいことをやって、悔いのないようにしたい、ですよね
義父母がネックだけど~気にせずにどんどん行きますょ(笑
デコさん、朝のお散歩、寒くなりましたから風邪ひかないように暖かくして言ってくださいね

個別記事の管理2016-12-02 (Fri)
気が付けば12月2日、今年もあと30日ほどになってしまいました
時の経つのの速いこと速いこと!おばさんだから~~

我が家の平均年齢は高いですよ~~そんなおばさん&その連れ合いのおじさん
 近頃はこぼしたりしているので「おじいさん」に近くなってますけど
と、その親の爺&婆ですから、平均しても・・・後期高齢者に近いの

この時期はいつもよりも温度差が体にこたえるので要注意
風邪もだけど、倒れたりとかが心配……仕事増やさないでねって

いくらこちらで注意しても、起きてしまうときはあるもので

今週の月曜日:11月28日、いつものように義父の体重&血圧測定をして
 朝ごはん食べさせようと声をかけて

ゆっくりゆっくり動き始めた義父を目の隅に置いて、ちょっと目を離したら
 ドダーーーン

義父が仰向けに倒れてしまって
慌てて駆け寄ってみると、呼び掛けには「う~~~ん」と
義父耳が悪いので、かなり大きな声で言わないと反応しません

こちらの言うことは聞こえてはいるけれど、手と足がちょっと揺れています
 これは「けいれん」なのか 顔も青白いし

側にいた義母に聞いても「さぁ、知らね」
 はい、その答えが来ると思いましたよ

倒れている義父に向かって「おい、何やってんだい」って
 それはないでしょう、頼むから揺らしたりしないでよ~

呼び掛けには答えるし、ろれつはいつも以上に怪しいけど
 脈も遅いながらもきちんと打ってるし

取りあえず、急に立ち上がったことによる脳貧血か?と
 足を高く・頭を低くして様子を見ることに

そうしているうちに、目を開けてキョトキョトっとした顔でいるので
「ゴミ捨てに行ってくるから、このまま寝ていてくださいね
義母にも「起きるって言ったらやめさせてくださいよ」と指示

ゴミ捨て…ウチの所大変なんです時間内に出さないと鍵かけられるの

で、 7分くらいかな?捨てて戻ってくるのに掛かって
 戻ったら、義父「ハイハイ」して自室に戻ろうとしてるではありませんか
   あれほど義母に頼んでいったのに

義父曰く「寒くてたまらん」と、自分のベッドに戻ろうと思ったんですって
 立ち上がる自信がなかったので、ハイハイしていったのね

まあ、義父は言うこと聞かないだろうと思ってましたけど

これが7時~7時20分くらいのこと
義父をベッドに寝かせて、嫌がるのを無理やり足を高くして
 義母に朝ごはん食べさせて~義父の様子見に行って
自分も食べて~~義父の様子見に行って
可愛いニャンコにもごはん食べさせて~、ちょっと遊んであげて~

義父は暖かくなったのか顔色もよくなって、良く寝ているの
 でも、「アルツハイマー型認知症」の薬を飲ませないといけないので
8時40分に「具合どう?ごはん食べられそう?」と聞くと、「食べる」って
 そうよね、今の愉しみは3度のご飯と2度のおやつですものね

その後は倒れたことも忘れるほどに回復、出かけそうになるので困るくらい

月曜日は「訪問介護」の日、午後看護師さんに話して
 「う~~ん、転び方からすると失神かな~
「スリッパきちんとはかないってことも有るけど」どっちかしらね~
見たところにケガはないけれど、当分「慢性硬膜外血種」の心配をしてね、って

訪問介護の主要項目「入浴補助」してもらったら
 「左ひじの皮がめくれてました」とさ
多分、椅子のひじ掛けに当たったんでしょう、出血してるけど
 「全然痛くない」と言ってました
そうなのよ、痛みとかも鈍いのか感じないんですよね~~

失神なのか転倒なのか、はっきりしないけれど
 今のところいつもと変わらずに過ごしています

家でこうなるのは久しぶり、以前のデイで救急車呼ばれたのは今年の1月
 やはり寒い時は要注意なのです

看護師さんと、「前は速攻お願いしてたよね」「そうだったよね」って
 はい何回か倒れられると、落ち着いて処置できるようになっちゃいました

怖いのは「脳出血」なのに、動く・動かすこと
 う~~ん、その判別は難しいゎ、もし間違っちゃったら「ごめんなさい
では、すまないですよね 頼むから慎重に動いてくださいよ

にほんブログ村
今日も「訪問介護」の日、さてとお風呂の準備をしましょうかねぇ
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです


* Category : 介護
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |