06≪ 2016/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-07-27 (Wed)
7月ももうすぐ終わり…なのに梅雨が明けてません 昨日なんか雷も轟いて
 雨の日って困るんですよ~髪の毛がペっとりしちゃうし
そのくせ、癖も強く出て、もうどうすればいいのかしら

な、治療終了後3年7か月、そのほかの体調はまぁまぁ良好

先月、手術を受けたS病院の患者会にKY先生のお話を聞きに参加

乳がんり患の人が増えて今は12人に一人…今年あたりは10人に一人かと
 それも比較的若い層が増えているんですって
「前立腺ガン」も増えているので、ホルモンが関係してるのかなぁとも

乳がんは5年生存率が良好だけど、10年をひとくくりと診察した方が良く
 2・3年が一番再発などの危険が多い

う~ん、一応左も4年目突入だから、少しは安心してもいいかな
 右は後半年で丸10年だもの、良いのよね
県内の死亡率は低いグループに入っていて、それも県の規模に対して
 「乳腺専門医」が多いからともいえると
因みにKY先生乳腺専門医です、手術してくれたS先生は違うけど
 この「専門医」になるためには手術・論文などの点数制で
英語の論文は日本語の論文の2倍の点数になるんだって
 ふ~~ん先生頑張ったんですね~~と改めて思う

治療法とかも日々進化しているので、大変なんだそうです
 
10年前「センチネルリンパ節生検」は割と進んだ処方だったのに
 今では「いかにセンチネルもとらなくて良いか」に
それには早期発見が必要で「検診を受けることが大事」ですって

そして、RFA(ラジオ派除去療法)については
 肝臓がんの治療法から発展してきていて
 治療後のがんの有無の確認が難しいので治験段階で
 乳がんは表皮に近いので、ラジオ派が強く当たる
ということで、それらをどう乗り越えるかが問題なんだそうです

更に「陽子線治療」これってよく聞くようになりましたよね
 某作家さんが治療したとか…切らなくて済むとか…
県内にも(というか私が今通っているんですけど)病院があります

乳がん…乳房…は動く臓器なので、複数回同じ条件で受けることが必要な
 この治療法には向かないんですって
あわよくば・もし次になっちゃったら…なんて思っていたのに

でも、それを改善するために
 3Dプリンターを利用した医療器具や、下着メーカーとの開発が進められていて
  この点はクリアになる可能性が高い そうですょ
 
因みに陽子線治療が向いているのは、 前立腺・肺・肝・頭頸部のがん

一つでも治療法が増えることは良いことですものね

そして抗がん剤治療ついても、全否定している先生もいるけど
 効果のある人もいるわけだから~~ そうよね、私もそれを期待して受けたんですもの

抗がん剤の種類も古いものから新しいものと、いろいろあるみたいです
 なんとか副作用を抑える薬が開発されるといいな~
私のときは「吐き気」については随分改善されてたけど
 ほら、髪の毛がね~~戻ってないからこれについても頑張って


なんて思っていた夕べ、ニュースを見ていたら
 「東京医科大と資生堂が共同開発で、毛髪の再生…」なることを

「壮年性脱毛症」の根本的治療になる可能性ですって
 これと「抗がん剤による脱毛」は違うのかしら
でも薄くなり方が似てるから、全く違うものとは言えないわよね

「ミノキシジル」とか「フィナステリド」は続けないと効果がないのに対し
 これは「細胞の注入」なので、脱毛の天敵男性ホルモン「テストステロン」の
影響を受けにくく 症状が出る前の状態にまで改善させられるかも~~と

えーー、こんな治験あること知らなかったわー知ってたら受けてみたかった
 今後5・6年の間に実用化うんうん!早くしてくださいな

他にも「理研・京セラ等のグループ」は「毛包」を再生医療の技術で作り出して
 頭皮に移植する…ちょっと痛そう 治療法を研究中

マウスでは3週間で発毛確認ですって早ければ2020年の実用化
 う~ん、これもあと4年ですか、同じく、頑張って早くしてくださいな

こちらの方面も日々研究が進んでいるのね
 その恩恵にあやかれるように、ストレスの元が少なくなって
このまま「10年経ちました」といえたらいいなぁ~~

にほんブログ村
今も、義父が「○○を見に行く」と訳のわからんことを言っております
頼むから義母を巻き込まないで、一人で行動してくださいね、犠牲はお一人で!
暑かったり・涼しすぎたり…体調管理にみなさん気を付けましょうね
スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2016-07-15 (Fri)
梅雨真っ盛り、毎日ムンムン蒸し暑いです
ウィッグ生活の皆さんは大変ですね、治療中の皆さんもお体労わってください

抗がん剤治療も終わって、1年9か月経った2014年9月
自分の研修のために、大阪まで出かけました
研修も終わり、「乗り換えなくていいから」という理由で高速バスで帰路に

9月28日、この日は県内の「御嶽山」が噴火した日で
 帰りのバスではそのニュースを見たり…身近な山だけにびっくりでした

天候もよく、連休で登山者の数も多く
 また昼食時ということで、被害が大きくもなってしまったんです
家は、空港にも、自衛隊駐屯地にも近いので
 救助のためのヘリの飛び交う姿・音がひっきりなしでした

そんなことや、主人→義父への「ケガさせたんじゃない?」もあって
 少し落ち着かない日々を過ごしていたんです

そしたら、「咳」が出るんです、コンコンとかコホッっていう乾いた咳が
 遠くまで出かけたから、疲れが出て…睡眠も不足してるし
ごめんなさい、6時過ぎに起きる人が、救助ヘリが5時には飛んでいたので
 自己中心でダメなヤツですが、この一時間って全然違うんですもの 

10月に入って、涼しくなったからか?疲れが抜けない為か?
 朝起きた時に「声が出し辛い」日があって、痰が絡んだりもして

自分でも声が変わっているな~話すと咳がでちゃうな~というのが一週間
 熱はないけど、やっぱり風邪ひいたのか?大阪行きの疲れが取れない??
日ごろ遠出なんてしないし、体力も年相応に落ちてるだろうしね~~

とは思っていても、さすがに一か月、咳が出るという状態は心配

乳がんで転移しやすい部位には、骨・肺・肝臓・脳…があげられますよね
 特に肺は「しつこい咳」とか「呼吸のしずらさ」と

「しつこい咳」に当てはまるのかしら?一か月くらいですけど~~
「呼吸苦」はないけど、コホコホッっていうのがいつまでも続くし
 時々喉が「ひゅるひゅる」なんて喘息のような音も出すし…

11月には外科の診察日があるから、その時まで出ていたら検査かな
 これぐらいではしてくれないかしら 心配し過ぎって言われる
7月の受診時のCEAが8とか言って、基準値超えていたし
 一人悶々としてしまう

なんて思いながら過ごしていたら……いつの間にか咳も収まるのでした
や~ね~~、歳だから回復に時間が掛かるのね

こんな風に、ちょっとしたことでハラハラドキドキしてしまうのでした


にほんブログ村
こういう心配って皆さんしますよね?私だけじゃないですよね??
今日もゲリラ豪雨、被害がでませんように
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです

* Category : 経過観察
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2016-07-06 (Wed)
梅雨は開けていないのに、毎日「真夏日」が続いています
かと思えば、竜巻とか豪雨とか…相変わらず不安定な気候ですね

2012年の4月に左の手術を受け、2年経っている2014年9月
 すみません、またもや「私的回顧録」なので古い話です

いつもよりたくさん手を使うと右のセンチネルの傷跡が痛むんです
 そうですよね、右利きだから、どうしても右手の方が使われる
でも、右胸自体が痛いということはなかったの
 がんと診断される前は右胸は張って痛いということはあったけど

それに対して、左胸は手術前に張って痛いということはなく
 その代わり術後に傷の痛みズキンズキンというのが

痛みって心配になりますよね、それも日がたつにつれて頻繁に痛くって
 か~るくマッサージすると収まる時もあるんだけど
ビビリ・チキンな私は心配してしまいます

これについては後日「石灰化」があるから痛いんでしょうと言われて
 それも「瘢痕性」なんていう「手術受けたからよね」ってことですもの

「石灰化」には良い思い出がないので(診断は石灰化からだったの)
 未だに「またまた悪い兆候か」って思うけど

と言いながらも日々の暮らしはあるわけでして

当時のデイサービスで「お義母さま、爪水虫では?」と言われたら
 皮膚科に連れて行かなくっちゃいけないし
義父の経過観察の通院も付き添わなくちゃ…というか、強制連行

義母の爪水虫は、これから2年経った今も薬付けてます
 飲み薬もあるけど「高齢」「服薬」で「飲まなくて治しましょう」だそうです
自分でつけられればいいんだけど~~無理ですから

そして、実家の祖母も、「腰が痛くて寝ていられない」というから
 整形外科に診てもらったら「圧迫骨折:数か所」ですって

その時祖母は「介護療養型医療施設」ってとこに入っていたのに
 そこでの、立ったり座ったりのさせ方が原因では?ですって
しかも、手を使うので、指も痛くしたり…「泣き面に蜂」的

結局、整形外科のある総合病院に入院→元の老健に移ることに
 リハビリも指導の下にやっていたのに…「技量の差」なのでしょうね

月末は講習を受けに大阪まで出かけたり
 そのお出かけに合わせて「トップピース」を新調したり
ほら、ゆっくりながらも少しずつ毛量が増えて
 初代のピースだと「もっこり」しちゃうんです、増えてOKなのか??
でも、未だにこの時のピースはお世話になることがあるのよね

そのお出かけから帰ったら、主人と義父がバトルして
 義父が顔面負傷おりしも「担当者会議」があったので
「相当我慢したんですね」とか「いうこと聞かなかったのね」とか
 一応主人の味方をしてくれましたけど

毎日見させていたら……とんでもないことになりそうです

そんなこんなな2014年9月なのでした
 私はやっぱり元気でした


にほんブログ村
今日、可愛いニャンコが食欲無いんです:しんぱ~~い
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです

* Category : 経過観察
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ♪デコ♪
痛みますよねぇ( ;∀;)
デコは放射線をかけた方2年前の方ね
脇下がたまに腫れますねぇ

使いすぎもあるけれど
ごわつきのような突っ張り感がたまに出てきます

仕事で疲れてるからだと思いますが
超不快です(-_-メ)

これってずっと少なからず続くような気がしますね
まっ仕方ないか(笑)

そちらは暑いでしょう
こちらでも不快ですから体調に気を付けて夏を乗り切ってくださいね^^

Re: タイトルなし * by ともりん
♪デコ♪さん、コメントありがとうございます。
毎日暑いですね~今日なんか突然の豪雨で出かけていたので(義父母の医院へ)困りました。
放射線をかけた方は、やっぱり引き連れたような変な感覚がありますね。
縮んでいるっていうイメージなので、私はマッサージしています。
治療中も放射線科の先生が「温めるといい」と指導してくれましたから。
あと、知らず知らずに猫背というか胸をかばい過ぎちゃっている感じでもあるので、胸を開くように伸びたりしてます。

手術を受けてるのでいろいろと支障は出てきますね。
同じような手術でも切る角度とか深度とかで違ってくるだろうし、使い過ぎも響くし・・・
なので、痛みが出た時は休むようにっていうサインかな~と思うようにしてます。

左はね、縫合したところに石灰化ができちゃってるんです(悲
術後に痛いのって「再発?」とかすぐに結び付けちゃって、長い付き合いにになるのにね~
しかも「石灰化が進んだということ」とかって言われちゃって、じゃぁ、これからも石灰化になるところが増えるの?痛むの??
なんて、今からびくびく怯えています。

デコさんも、朝早いから~寝不足とかしないようにしてくださいね。
私はね~昼寝も気が付けばしてるし(笑)寝込まないように自分を大事にしていますょ(笑