03≪ 2016/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2016-04-26 (Tue)
我が家地方は晴天続きの良い気候です、九州地方もそうだといいのですが
 雨とか大丈夫でしょうか?早く元の生活に戻れますように!

今日4月26日は、4年前に左乳がん手術を受けた日

ということで、なんとか5年生に進級できました
 とはいっても、検査は6月の受診のときになるので
体の中はどうなっているかは…神のみぞ知るですが

4年前の今頃は、前の手術がなかなか終わらなくて待ちくたびれて
 「あーー、もう、早くやってくれないかなー」って
慣れたというわけではないけれど、早く切り取って!って

実際、手術の痛みよりも、術後の腰の痛みの方が鮮明な記憶

術後の放射線治療も、右に比べたら痛みもやけども軽く感じ
 抗がん剤治療も「思ったより」副作用も少なく受けられて

ここまでは順調だったのに~~「髪の毛復活」で躓いています

ですが、薄いなりにも少しずつは増えて来ている(あくまでも本人感)し
 つむじのあたりも「今日はOK」って感じることも多くなったの

そこで、去年とどう違うかな~~と考えてみると

良いことは、髪の毛が増えた!「希望的観測」なんて主人は言うけど
       前から見れば普通に見えるもん!上からはちょっと残念だけど
        ミリオン〇〇ーの使用量も少なくなってるし・・・ね

相変わらずのことは、咳が続いても、腰が痛くなっても
 すぐに思い浮かぶのは「再発」の2文字、でも、その後に
「大丈夫大丈夫、やるだけのことはやってるもの」と割り切れること

定年退職した主人、続けて同じ学校に「講師」として勤めていること
 家にずーーっといられても、迷惑ですなんてね

長男夫婦に「コウノトリさん」がなかなか来てくれない
 こんなに正真正銘の「おばあちゃん」になりたいって思ってるのに
長女の「赤い糸」はどこでこんがらがってるんでしょうか…ということ

乳がん以外では、ヘパーデン結節で時々痛くなる指も口のヌルツキもあるけど
 ピアノを弾くときは不思議に痛まないの食器洗いは痛むけど
ということで、無理しないので、そういう時は主人が洗ってます
 家事ができないと「もしもの時」に困るといったら「それはいつ来る?」と
来ないから何とかなってるんでしょ、実際来たら困るよ~~

悪い方の変化は
義父については、うんP問題頻発や、それに加えて入浴拒否
 反応が薄くなったし、表情が乏しくなった・やることがすんごーくゆっくり
  ついつい「はやくしてくださ~~い」と言ってしまう
義母については、時間&曜日&季節…諸々が曖昧の世界に突入
 朝ごはん食べて、掃除するといって窓を開けたら「朝ごはんは?」とか
   昼ごはん食べたら「おやすみなさい」とか
  まだ「そんなことはない!」って言い張らないからいいけどね

実家の祖母も相変わらずに過ごしてるけど、やはり下降線ですね
 「頭」の方は義父母よりいいけど、歩けないということがネックです


というわけで、ちょっと書いてみても、乳がん以外のことが多いです
 それも「変わらずに日々を送れている」というありがたさかな

こんな感じで、来年・再来年……と積み重ねていけますように
 そして、「もう受診しなくていいですよ」と言われるようになりたい



にほんブログ村
「ヌルツキ」で思い出した!胃カメラ検査受けに行かなくっちゃ、なんか嫌なんですよね~、苦手だゎ
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです


スポンサーサイト
* Category : 経過観察
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ♪デコ♪
5年生おめでとう^^

記事を見て驚いたの
デコの1度目今年で10年生が6月26日
8月で2年生が8月26日が手術日でね

同じ26日なんだっておもってびっくり^^

長い間頑張らねばならないけれど
気持ちは上向きっ
ないものはないし返ってこないものはないし
人生出来るだけ楽しもうってね

時にそんな気分になれないけれど
こうして色んな方と出会えたから今もあるのです(#^.^#)

病院と最終おさらばは8年後
ながっ(;'∀')

Re: タイトルなし * by ともりん
♪デコ♪さん、コメントありがとうございます。

あらまっ、なんという偶然でしょう!

デコさん、もうすぐ10年になるんですね、もう安心ですよね?
と言い切れないところがあるのが悲しいですけど、でも、大丈夫です!

ほら、プラス思考だと良いとか、ポジティブの人の方が病気に打ち勝てるとかっていうから
「人生できるだけ楽しもう」って思うことが大事ですよね

なんて言いながら落ち込むこともあるけど(笑)ある意味これもお約束みたいなのです

病気になって悩んだり、失ったものもあるけど、反対に得たものもあるわけで
「プラマイ0」とはいかなくても、得していることもあるかな~~って思うわけです

というのも今のところ元気にしていられるからこそですが…

10年は長いですよね~~
でも、デコさんは後2か月のもあるし、私は後8か月のものも。
そして、その調子でもう一個の方も10年完走するんだ~
お互いほどほどに頑張りましょうね!



個別記事の管理2016-04-20 (Wed)
この度の「熊本地震」被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます

震源地がその都度移動していることや、それに加えての大雨…
 震度4を1回経験しただけでも「怖い」と思うのに
  それが何回も、体感地震600越えと
どれをとっても筆舌にしがたいことだと思います  

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます
被害にあわれた方々が一日も早く元の生活に戻れますように



そのさなかの週末「研修」を受けるために、一泊二日「家出」しまして…
 何が心配かというと、可愛いニャンコは大丈夫
この子は「ごはん」があって「トイレ」が綺麗ならOKなので

やっぱり、義父母とその息子(主人)を置いていくことでしょうか

今をさかのぼること、1年半前、2014年9月
 この時も研修を受けるために、たかが一泊留守にしたんです

留守にするときは、その間のご飯の献立(なんて本格的じゃないけど)を立てて
 買い物も全部済ませて~~義父母の着替えもセットして~~
これくらいは息子ができなくてどうする!ですけど

本人「いなければできる、やっていくから~~」なんて言っていますが
 絶対できないと思うんですよ! 普段からやらないと急にはね~~

研修も終わり、さ、帰宅という日、この日は「木曽御嶽山」が大噴火
 県内で、しかも被害が大きく、改めて自然の恐ろしさを感じたのでした

家の中では、私が帰って洗濯物を出したり~していたら
 階下が騒がしいんです、義父と主人の大声が…
と言ってもこれは結構頻繁なので、慣れっ子ですが…

そのうちに「止まらない…」なんて言っているものだから
 放っておくわけにもいかなくて様子を見に

そうしたら義父の顔が「血」で染まっているではありませんか!

主人に聞いたら「ちょっと押したら、どこかにぶつけて」って
 こらこら!これは「家庭内暴力」っていうやつですよ

義父も血が出たことがショックだったのか、ぷるぷる震えちゃってるし
 「止まらない・・・・・・」って

はい、ここで冷静な!嫁が出ていきますよ、よーーく見てみたら
 「鼻の上」にぶつけた後が=鼻血ですね

切り傷自体は大したことが無くて、でも、顔って血管が多いんですよね
 それと鼻血が一緒になって、あたかも「大量出血」な感じに
絆創膏を貼ってあげたり、ティッシュを詰めさせたりで落ち着きました

義母ですか?はい、全く「われ関せず」で部屋にいましたね
 まぁ、いても何の役にも立たないので良いですけど

困ったことは、要介護者の必須・半年に一回の「担当者会議」が
 その日が、この「鼻血ブー」事件の2日後

打ち身って、後日「青あざ」になったりするでしょ
 この会議の日がまさに「真っ盛り」でして

ケアマネさん・器具係さん・看護師さん・デイサービスの所長さん
 皆さん「あらあら~、きっとTさん(義父)が分からないこと言ったのね」とか
     「息子さんの我慢が限界になったのね」って

皆さん好意的にいってくれたけど、まかり間違えば「警察沙汰」ですからね

認知症家族の家庭内暴力「実の息子」がトップっていうのが分かります


ということがあったので、今回留守にするときも
 「いい!ケンカとか、けがさせたってことが無いように!」と
   口をすっぱーーーく して出かけたのでした

今回はこんなことはなかったけど、行く前日、「私も参加」でやり合ったわ!
 ふ~~、帰ってきたら義父に「おかえり~~」ってにこやかに言われたけど
  私はまだまだ怒っていますから!



にほんブログ村
災害等で突然に命を絶たれるのと病気で行く末が分かるのと、どちらがいいか?
 私は、できればその時までの時間が分かる方が良いと思う
もがくかもしれないけど、何の準備もなく突然にということは、残された人の思いも辛いと思うから
改めて、このたびの災害で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます





* Category : 介護
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2016-04-05 (Tue)
花粉症真っ只中、鼻栓が離せん…なんて言ってます

そんな3月・4月、私の体調とは無関係にいろいろとやってくれる義父

尿道カテーテル入りっぱなし歴9年目+大腸がん患者歴5年目

この病歴からは仕方ないんでしょうが、「ウロバッグから漏れている
 なんてのは日常茶飯事


今回の記事は、想像するだけでもゾゾッとなるものです、悪しからず

おしっこって、時間がたつにしたがって匂いも強くなるでしょ
 ウロバッグの中に入っているので、当然時間がたっているわけで
それはもう……「う~~~ん介護施設ですか」です

以前、デイサービスに行くとき、ウロバッグを携帯用に変えていきたい義父
 しかし、それをすると、トイレにおしっこをこぼす確率ググーーンと

出かけてから掃除して、においがなくなったころには帰宅時間
 研究した結果「まめぴ〇」なる洗剤をトイレ全体に振りかけると
  ほぼ半日でにおいが消えることが判明半日ですからね

その苦労もこの3月からはなくなったなんて思っていたら
 現在は「便秘薬が合わなくなって」うんち問題勃発

そもそも、大腸がん手術を受けているので、腸自体が変形しているわけで
 そこに元来の「便秘症」がプラスされるので
それはお通じも一筋縄にはいかないでしょうね

それに加えて、加齢による体のこわばりから、排便後の処置がいや

ペーパーホルダーにがついているなんてよくあること
 ある時は、血圧を測ろうとしたら、匂うし…なんか指先茶色いし・・・

もっとすごい時は、手洗いボールに落ちていましたから

そして、今年は「ウロバッグにを付ける」という荒業を成し遂げ
 それで気づかずにいるって言うんですから…さすが要介護2ですわ

看護師さんと相談で「便がすっきりしていない」「薬を長期服用してる」ので
 主治医の先生に相談しましょうとなって

今までは「酸化マグネシウム(カマ)」大腸に働くという薬だったのを
 小腸に働く薬に変えてもらって
ただ、この薬表面がツルツルしてるので、飲もうとしてポロっと落とすと
 床に落としたの、しっかり飲ませましたけど

この薬を飲んで症状が良くなればと思ったのに、3日後
 「イタイイタイ」と騒ぐのです、緊急訪看護受けて、摘便もしてもらう
相当苦しかったんでしょうね、この処置を受ける気になってるんですから

この時に「薬のせい❓?」なんて言っても、変更したばかりだから
 様子を見ながら続けて服用、この様子を見るっていうのが難しい
なんせ、本人がどういう事態なのか分かっていないんですもの
 どこが痛いか?っていうのも「ここ?」「ここ??」ってやるんです
  まるで小さい子供です、可愛さが全くないので救いがありません

そして、先週土曜日、またまた「痛い」「「どこが?」「どういう風に?」と
 「看護師さんに来てもらいましょうか?」にも「痛い痛い」だけ
「先生に診てもらう?」にも「痛い痛い」
  「救急車呼ぶ?」「そうだなぁ」って

救急車を拒否しないなんて、相当痛いのかな?とも思ったけど

便秘したときに「左下腹部」が痛むってことありますよね
 もし便秘でだったら、救急車はちょっと~~ 

ここで全く無関心だった義母が「救急車はやめてくれ」って
 近所に知れ渡るから・・・近所の目より旦那さんでしょう

肩車して~何とか車に押し込んで~~医院では車いす借りて~~

診察の結果「便秘が解消されるときじゃないかな?」やっぱりね
 薬のせいかもしれないので、以前のカマに戻して
あまりに痛がったら「頓服」を出してもらって

先生から大腸がん検査はどうしているかと聞かれ
 半年に一度、血液検査と問診、大きな検査は3年後から受けてないといったら
「頻繁になってるから、一度検査受けた方が良いかもなぁ」と
 
家族と、A病院の主治医とは「もし何かあっても高齢のため処置無理かも」 
 ということになっているというと
「そうなんだよね、この状態(認知症)ではできることないもんね」と

そこなんですよ、若くてしっかりしていれば受けることができる治療も
 年齢・体力によっては受けられないっていうこと

今後も症状が出ても「痛み止め」という処置くらいしかできないこと
 痛がりで・怖がりの義父にとってはどうなんでしょうね
しかも、がん性疼痛とか深刻な痛みでなくってであの騒ぎですから

痛がっているのを傍から見てるだけっていうのも…あんな義父でも可哀そう


にほんブログ村
先生「いくつになった?」に「91になりました」と答えたら「いやいや介護度は」と
「介護度2です」に「う~~ん、まだこれで2なんだね」ですって
介護度3になると「特養入所OK」になるんです
今回も「介護の話」私は元気です・花粉にやられてますが・・・
* Category : 介護
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ♪デコ♪
リアルに語っているけど
大変なんだよねぇ( ;∀;)

便秘ちゃんなら大根おろしはどうかな?
汁ごと食べたらいい感じなんだけど
デコはそうしてるんだ。

1センチ程度の大根おろしを食べるだけでグルグル腸が動き出すんだよ、そしてご立派な物体がだされるのです。

それはそれはご立派ですよ^^
少しでも楽になりますように

Re: タイトルなし * by ともりん
♪デコ♪さん、コメントありがとうございます。

大根おろし効くんですね、大量に食べて効き過ぎで苦労したという話を有名猫ブログで読みましたっけ
大根はカリウムが多いから、余分なものも出てくれそうですね

訪問看護師さんも、訪問のときには心臓・肺・腸の動きを聞いてくれるんですが、動きも良いらしいんです
「これだけ動いているのに、いきむ??」とか言われちゃって
そうなると、後は本人の思い込みと処置しだいか?とか
大腸の手術を受けているので、教科書通りの形でもないしね~~って言われてます

コミュニケーションが取れないのが一番の苦労です
こちらの言うことがよく聞こえない…耳が遠いだけでなく、理解力とかもないし
自分は正しい、他の人は間違っている、という思いもあるから、なかなかです

カマに戻してから、またちょっと調子がよさそうです、なんといってもトイレが汚れませんから(ほっ
このまま続いてくれるといいな~~

デコさんのところに行っているんだけど、なかなかコメ残せなくてすみませんe-441