05≪ 2015/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-06-26 (Fri)
先日、元々通っていた病院の患者会に行ってきました

「転院したら来れないかも~~」なんて思っていたんだけど
 そもそも、この患者会自体が「病院に通院していなくてもOK」ということだったし
M診療所のS先生についていく人・クリニック開院のKY先生についていく人
 そしてS病院に残る人・その他の人…私はこのグループ

と、4パターンになるので「出づらい」なんて気にしなくても良くなったのね

6月も中旬過ぎなので、3か月毎の通院の人は其々の場所で診察を受けて
 「あなたは何処?」なんて会話があちこちから…

そうそう、勤務医の先生が開院するときに、看護師さんもついていくことありますよね
 やはり、お二方がKY先生のクリニックに転職(若い方の人ね

S病院は一応「公共」というか「公立」というか…滅多なことでは潰れません
 その点、クリニックは「個人経営」だから…ね~~、ちょっと心配な面もありますよね
大丈夫KY先生すごーーい人気で、殆どの人が付いて行っちゃいましたから

私は自ら「転院する」と決めて、行った先のH先生から
「術後3年目で、状態も落ち着いているから、6か月毎の診察に」となったんだけど

S病院に残った人たちが5月からの乳腺の先生HM先生に
「術後3年目以降ですので、S病院ではなくてKY先生のクリニックに…」と
 一回目の診察日、診察後に言われたそうです

S病院に残った人は、S先生の患者・KY先生の患者だけど
 「大きな病院って、なんかあった時に検査とかスムーズでしょう」
などという理由から、敢えて転院しなかった人たち

「こんなことなら、初めからクリニックに行けばよかった」と
 特にKY先生に診てもらっていた人たちは…あ~~って

「だって、初めから先生についてきましたていうのと
 転院させられてきました、っていうのはちがうじゃな~~い」

う~~ん、それはあるかな~~  大丈夫KY先生はそんなこと思わないよ
 と私は思うし、大方の人も「そんなこと言わない先生でしょう」って

そんな会話の中から「私3年過ぎたけど、転院の話はなかった」という人がいて
 
じゃぁ、どういう場合が転院で、どういう場合が残れるのか…ってなるじゃないですか
 
どうも、手術時のステージと、受けている治療で分けられているみたいで、転院の話がなかった人は
 ・ステージがⅡ以上で、抗がん剤やハーセプチンの治療を受けた場合
 ・再発治療中の場合
 ・現在ちょっと体調が悪かったり、検査の結果が疑わしい場合

この様な場合、転院の話がないようでした
 そうですよね、治療が一段落付いているかどうかって大事なんでしょうね

この流れ、私がA病院に転院希望をしたときに「落ち着いた人はクリニックに逆紹介」 
 というのと同じですね
S先生が「理想の形態」と言っていた、正に、その形になるんですよね

乳癌は何年経っても、10年以上経っても、再発・転移という場合があると言われる反面
 3年大丈夫だったから…という考え方もあるんですね

私が6か月毎の通院を承諾する決め手になった言葉はH先生の
 「右側は10年近くになるので、もう安心しても大丈夫と思います
  左側は癌の性格上(非定型髄様癌)再発をする可能性は低いので」です

S先生にも転院するかどうかの時に
 「充分元気で過ごせると思うけど」と言われたっけ

二人の先生が同じようなことを言ってくれるということは
 その言葉を信じても良いんですよね
CEAが高いけどそんなに神経質にならなくても良いんですよね
 と、ジタバタしている私です


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
梅雨真っ盛り、毎日の雨模様。やっぱり古傷の右わきがシクシクします
お読みいただいた証にポチッとしていただけると嬉しいです




スポンサーサイト
* Category : 経過観察
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2015-06-19 (Fri)
先週、無事転院&初診察を受けることができホットしている私

全部の結果が出ていないけれど、「おおむね」良好なので
 6か月毎の視触診・血液検査でいきましょう!ということになりました
クリニックに…なんて言われていたものですから、一安心です

何故「おおむね」なのかと言いますと、マンモ&エコー&肺X線は異常無し
 が、診察時CEAの結果は出ていて、その値が…やはり…基準値外
6,05なので、微妙です ぬきんでてというわけではないけど…何でですかね~~

他の結果を聞きに、今週も行ってきました。やはり混んでいますね
 結果だけというのも申し訳ない感じです

他の腫瘍マーカーは全て基準値内。ホットできます

S病院では、CEA・CA15-3・NCC-ST-439 の3種類の検査だったけど 
A病院では、このほかにBCA225とICTPの検査もでした

S病院ではマーカーは3種類までと決められていたんですけど
 こんなとこも病院によって違ってくるのね

CEAが微妙に高いということからH先生が「タバコは吸ってませんよね?」
 はい、これ聞かれますよね~~喫煙で高くなることもあるんですよね
「お歳は…そんなに高くない」はい、若くもないですけど~
 高齢者は高くなるということもあるんです

「う~~ん、本態的に高い人はいるので…」 はい、S先生にも言われました
「高いと言っても、物凄くではないし」「最高8に比べたら低いですものね」

どうしてでしょうね?たかが・・・されど なマーカーですもの

一喜一憂しないということ歯分かっていても、ジタバタしてしまうのです

何はともあれ、次回12月まではちょっと安心して過ごせます
 受診日と自己チェックを忘れないようにしないとね


患者として初めて通ったA病院
 H先生は混んでいますというとおり、予約を取るのが大変~~
3か月先までいっぱいで、しかも朝の早い時間しか空いていないという状態

それだけ患者が多いということなのね

自分の番が来るまで、きょときょととあたりを見回していると
 一番初めに呼ばれた方が、男性…数少ないと言っても男性が掛かることもあるもの

2番目の方…患者さん1人に対して…お友達が3人(会話から家族じゃないと思うの)
 皆さんで診察室に入っていきました
 
其々の事情というのがあって(たとえば、独り身とか)いろいろなのね~~
 深いお付き合いをしているのねとも思えるけど
私は友達よりも、まずは(ちょっと頼りないけど)主人と行くわ

それと、診察室がいっぱいなほど付き添ってもらうって…重態?
 いえいえ、コーヒー飲んだり、楽しそうにおしゃべりしてたけど~
そういうのってどうなの?って思っちゃうのでした

というか、普通の診察日に一緒に行ってもらったことって、ないわ!
 一緒に行ってもらったのは、術前の説明と、ドセの1回目のやらかしちゃったとき
  自力で運転できなかったものね

自立心が強いというのか、可愛げがないというか
 だぁって、術前説明の時に倒れたの、主人ですから

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
今週、頻繁に胸痛というかのどの詰まる感じがします…また病院通いか~~
お読みいただいた証にポチッとしていただけると嬉しいです
* Category : 経過観察
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2015-06-13 (Sat)
前日「なんだぁ??」という体調不良になりましたが
 10日の水曜日、無事転院できました

「画像はないのですか?」と聴かれていたことがとっても心配でしたが
 書類等は、何とか間に合っていたみたいでした

3月に予約して、6月のこの日の、朝一番枠しか空いていないという
 やっぱり乳腺関係は何処も混んでいるのね~ですね

受付を済ませ「予診」というコーナーで、身体チェック
 前日のことがあるから血圧ぜったい高いよね~~と思っていたら
看護師さん「お熱ありませんか?」と・・・「無いと思いますが、昨日これこれ…で」なんて会話
 そうしたら熱あったんですよ 37度という「微妙な熱」
本人元気に歩いていますから、大丈夫ということにして貰いました

問題の血圧は…深呼吸しまくってやったから 111/75…絶好調
 身長・体重は自己申告だったから…正直に言いましたわょ

平成23年(2011年)に不整脈で検査・診察受けていたんだけれど
 それ以来の本人受診、その後の左乳がんについて聞かれることがほとんど

さぁ、乳腺科(A病院も外科のくくり)の診察です
 と言っても義父の診察室のお隣だからね~~勝手知ったるですが

H先生は、見聞きしていた通りの柔らかい・優しさあふれる女医さん
 どうして転院したのか?はい、疑問に思われますよね
主治医の先生が退職で…と言ったら、まっすぐにKY先生を思い浮かべたみたい
 「あ、もう一人のS先生が定年退職で」 H先生「ええ!そんなお歳だったの?」ですって

今までの既往症とか乳がん(右・左)手術、現在の体調などをお話して
 やはり閉経しているか、いつしたのかが重要みたいですね

H先生「PETの結果を頂いていますが、今後の参考として画像が欲しいので…」
 MMGとUSと胸部レントゲンを撮って、その後また診察になりました

MMGでは、今まで顔が邪魔にならないように「こうしてください」と言われていたのが
 A病院のは、プラケースみたいのがあって、却ってそれが機械から体を遠くにしてしまう
何回も「もうちょっとこうして~~」って言われちゃいました
 痛さとかは元々あまり感じないけど、なんかわきの下が痛かった

ふと見たら「小乳房用圧迫機・新品」なんて箱もありました
 そうよね、バストの大きさでつぶされ方も違ってくるでしょうね~~

胸部レントゲンなんて…気軽に受けられちゃいます

エコー検査では、左側に石灰化(放射線治療によるものと言われてる)があるので
 そこと、時々張りがあることを言ったので特に念入りな検査でした

全部の結果を見ながら、改めての診察、やはり「上半身全部脱いでください」でした
 良かったわ、前開きのシャツ着て行って
だぁって、髪の毛に問題ありだから  被る服はNGなんですもの

A病院は、診察室でもエコー検査ができるので(S病院は無かったの)
 先生自らの検査、Wチェックというのでしょうか?
やはり、張りがある左の方は念入りですね

結果として「乳腺・リンパともに異常は見られない」ということで
 H先生「今まではどのような診察期間でしたか?」
 私  「3か月毎の視触診と基本6か月毎の血液検査で。
      CEAが基準値外が続いたときは3か月毎の血液検査でした」
 H先生「今回もCEAが微妙に高いんですが、たばこは…すいませんよね?」
 私  「はい。2回連続で上がってドキドキしてると、3回目には何故か下がるって感じでした」
 H先生「3歩進んで2歩下がるに近い?・笑」
     「他のマーカーは後日に出るので何とも言えませんが、その他の項目は優秀ですね
はい、血糖値とか高くならないように、「特保」のお茶をがぶ飲みした甲斐がありました

今後の診察については 
 右は、9年目に入って(長期間)落ち着いている
 左は、がんの特性上、再発を起こすことが少ない、その上、4年目に入っている

ということから、6か月毎の診察&検査ということになりました
 これについては3年目以降は6か月毎という病院も多いから、納得です

取りあえず「速攻クリニック行」は免れました

再転院しなくて済んだことも嬉しかったけれど、左の癌の特性を聞いてかなり安心してしまいました

ただ、「診察のない期間は自己チェックを忘れずに」 と念を押されちゃいました
 はい、しっかりやるようにします
実は今まで自己チェックってさぼりがちだったんですよね~反省
 それと、左の縫合痕が分かりずらいのよね~~ちょっとこりこりしているんですもの

H先生との会話から「トリプルネガティブ」って進行が速いとか治療法が少ないって
  文字通りネガティブなことが多いけど
積み重ねた月日が安心に繋がると思って良いということは、希望の光かなと思うのでした


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
診察期間が長くなったことは素直に喜んでいいのよね?
お読みいただいた証にポチッとしていただけると嬉しいです
* Category : 転院
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2015-06-09 (Tue)
いよいよ明日、新しい主治医(暫定かも)の診察を受けに
 義父の通院で、「勝手知ったる」になっているA病院

S病院のS先生から預かった資料が、素人目にも少ないんじゃないかな?
 と心配なので紹介状の他に

  ・2006年右の時の、病理結果
  ・2012年左の時の、病理結果
  ・いつも微妙に基準値外数値のCEAの変遷を票にしたもの

を持っていこうと思っています。

そして、S先生は「ペロってめくって」診察だったけど
 今度のH先生は「しっかり上半身脱ぐ」のかもしれないので

探しましたよ、前開きの下着…実に術後以来3年ぶりのご対面!
もちろん、上着も前開きの物、これは以前からすぐ出せるのだけど

そんなことを考えていた午後、昼食を独りで優雅に摂っていたら
 「胃が…いたーーーい」になってしまいました

胃薬を飲んで、胃の痛みが良くなったと思ったら
 今度は「節々がいたーーーい」になって
ヘパーデン結節の痛みのような気もするし、それにしては肘とかもだし

例えるとFECの時の関節痛に似ているのです(ドセはもっと強烈

今日は格別寒い日だったのでかな~~とおもってヒーター点けました
 義父母には「もういいんじゃないですか?」なんて言っておきながら
はい、私、自分に甘いのです

そうしていたら今度は心臓がバクバク…脈拍測ったら120ですと
 ちょっと動いても、心臓の鼓動が分かるくらい

これは、寝不足が続いているせいもあると思うんです
 原因も分かっています、可愛いニャンコ
毎日夜中の2時~3・4時にかけて「お腹すいたーーー」と起こすのです
 それも私限定で、布団をカキカキしたり、酷い時にはドーーンって飛び乗って
朝までもう一回眠れるんだけど、やっぱり寝不足にはなりますよね

夕飯の準備できないかも~~なんか買ってきて~~ってメールしようと思ったら
 主人、こんな時に限って早いご帰宅

家「買い物難民」間違いなしのような環境なので、帰宅そうそう行かせるのも
 なんて仏心を起こして…頑張って夕飯作りましたよ

本当は血圧も測ると良いんだろうけど
 只今血圧計は義父のを測っているので…なんとなくイヤ
なんて言ったら主人(息子ですよ)「そうだよな~。今度買ってくる」って
 いいのでしょうか? いけませんよね だぁって、なんか匂いが移りそう何でうもの

心臓は相変わらず「バクバク」してるけど、ごはんも食べ、
 恐る恐る測った熱も平熱。 この時に熱があると間違いなく寝込むと思うのです
相変わらず脈拍120とかってなってたけどお風呂も入れました
 実は今日出かけるときに、薄いところにミリ〇ンヘ〇―かけちゃったから
ガンバって洗うしかないんですよ。あ~~あ、もうちょっと頑張って生えてくれないかな~


そうそう、明日はどうやって行こうかしら?ヘアピースそれとも振りかけていく??

この二つの違いは、髪全体がふっくらできたときは後者、ちょっと潰れて
 いつにも増して「つむじ」が明らかになっているときは前者

明日は暑いっていうから、本当は振りかけていく方が楽なんだけど

いえいえ、明日の心配をしましょう、転院が書類面でも上手くいきますように

もし、書類に不備があったら、元のS病院に行くんでしょ
 S先生も、抗がん剤の時にお世話になったKY先生も、もういらっしゃらないから
新しく見えた,面識もないH先生にご厄介掛けるのも…うん、これは防ぎたい!

そして、できれば「速攻クリニック行き」というのもないと良いなぁ~

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
今夜は安眠の為に、私だけ別室で寝ます。ニャンコよ良い子だから朝までお静かにね!
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです

* Category : 転院
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2015-06-02 (Tue)
気が付けばもう6月…爽やかなはずの5月はどこ行ったんでしょう?という感じですね

治療終了後2年半近く、おかげでブログネタが…有りません!あっても古い!
 それはそれで良い事だと思う今日この頃
というわけで、5月は何と3回しか記事書かなかったのね
 
今月は「転院」というメインイベントがあります
 書類とか大丈夫かな~~と今頃心配してるんですけど

2013年10月・11月のことをメモから思い出してみると
 S病院の患者会の「忘年会」 早すぎるんじゃない?でしょ
12月の患者会は他の予定が組み込まれていたから
 フレンチフルコースをお昼から…もちろん、完食ですけど 

10月の初めころから、左手首から親指に掛けて、鈍痛
 これは、経験から「腱鞘炎」ではないかと思って冷やしていたの

早すぎる「忘年会」に出たころから、右足の親指付け根が赤く腫れて痛い
 これって、車の運転に支障をきたすので、整形外科受診

この時に素人判断だった左手首も見て貰ったら…やっぱり「腱鞘炎」
 そして、右足の症状は「バニオン」(滑液包炎)だということ
やっぱり運転とか、ピアノのペダルを踏むときに使うからですって
 なんだか体中が「ポンコツ」って感じで凹みます

足の付け根なので、歩くだけでも「何か挟んでいる感じ」がして
 曲げにくい、ちょっとした痛みがある…でも冷やすしかない

やっぱり「関節」が中年になっているので、曲がったり腫れたりになるんですね

それと同時に、抗がん剤治療の後遺症で、足の爪が厚く・2倍くらいになっていたのが
 治療終了後に少しずつ生え変わってきた爪が
2013年10月30日、厚くなった爪・全てが切れました
 手に比べると足の爪って伸びるのが遅いから、時間掛かっていますね

爪が割れたり剥がれたりということは無かったけど
 分厚くなった爪は靴下、特にストッキングに引っかかりやすくて不自由

まだ色はちょっと変色しているけど、やっと普通に戻れました
 でも、変色しているところは、現在もお風呂に入って血行が良くなるとうっすら違うんですよね

あとは髪の毛だけだな~~と思ったのに、今も相変わらずなことは残念無念

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
草取りして汗をかいたままでは地肌に悪い…髪の毛のみ洗います・あくまでも発毛促進!
お読みいただいた証にポチッとしていただけると嬉しいです
* Category : 経過観察
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ふき
突然のコメント失礼だとはおもいますが、記事に腱鞘炎とありましたのでコメントさせて頂きます。ご不快でしたらお詫び申し上げます。

腱鞘炎を治すなら指先の、爪の回りと指紋のある部分にテーピングを巻き、ぴったりサイズの軍手を睡眠中や運動中や作業中にやると良いと思います。
特に指先を良く動かすと効果があります。

出来れば両手の指先10本全てに、足や腰に異常がある場合は足の指先も。一緒に足のサポーターやテーピングをすると効果が上がります。

作業に支障がある場合は腱鞘炎のある方の親指か、指に関節炎のある方の指先にテーピングを貼り試すと良いと思います。

期間は一晩で効果はあると思いますが、症状によっては数日間試すと良いと思います。
効果があった場合はブログの腱鞘炎の記事に原因と再発しない方法が載せてあります。

テーピングは代用品でキズテープを指先の爪の下あたりや爪の回りに血流が良くなるように巻き付けて頂いても良いと思います。

指先にテーピングをして爪の回りに激痛があるようなら、手をお湯に数分間付けてください、痛みが和らぐ筈です。

ブログの内容は。
手足の指先からは常に大量の新鮮な浄化された血液が手足や身体を動かす為出て来ています。
ですが、手作業や運動やスマホ、マウス。いろんな作業で指を酷使すると、指の関節の部分や指の先端が炎症を起こしてしまいます。
そうすると、その炎症を起こした部分の血管の内部の血液の流れが少し悪くなります。
指の関節の部分の数千本ある血管の内の数本の血管の内部で血液の流れが悪くなって、血液が劣化して、毒性を持ちます。
顎の歯周病菌と同じような状態になります。
指の関節の部分は軽い痛み程度。
ですが、指先から出て来る血液を塞き止め血液の量を減らし、手首、肘、肩に流れる血液の量を減らし。
劣化して、毒性を持った血液が正常な血液と混ざり、手首、肘、肩や全身に巡りいろんな病気を引き起こす。それを改善するには先端から出て来る血液の量を正常にすれば改善出来るという内容のブログです。
参考になればと思います。

Re: タイトルなし * by FC2tomorinn
コメントありがとうございます。

腱鞘炎、実は若いころからの「職業病」なのです。
一番初めになったのは高校生の時、実に40年くらい前(歳ばれましたね・笑)
音大を受験するために猛練習の時に鈍痛から慢性的な痛みになり、受験生を卒業してからは「痛みが出ない程度」にセーブした練習になったので、症状も軽くなりました。
でも、完全に使わないということはできないので、繰り返しなって、そのたびにテーピングとか固定したり…対処でごまかしています。

手・手首は生活上も仕事上もどうしても使うものですから、すっかり良いということはないですが、これも「持病」とあきらめて過ごしています。

情報ありがとうございました。