12≪ 2015/01 ≫02
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-01-27 (Tue)
2013年6月1日:長男結婚披露宴:東京編会場
 新郎の母&新郎の妹は着物で出るよ!と頑張ったので
かなりの荷物…よって車で行くのです

まだまだヅラ生活中なので、「途中で辛くなったら取っちゃうよ」と宣言しながら
 ヅラ生活も長くなると、息抜きも上手になるのか
特にキツイとかならなくて、披露宴もその後のお遊びも

スカイツリーに行ったり、翌日は横浜中華街をうろついたり…
 たまにはのんびりも良いですよね

実は、この年の4月に「CEA高値」という状態だったので
 他のどこかに「悪い物」があるんじゃないか
小心者は思っちゃったので 「人間ドック」を受けることにしたのです

しかも6月14日の外科受診までに検査を受けようと思うから忙しい!

予約を取る時に、十分考えれば良かったんだけど
 まずは「人間ドックって時間掛かるよね~義父母どうしよう~~」と思うと
ショートスティに預けているときがチャンスってなっちゃったんです
 特にニャンコの天敵:義父(がほんとうに嫌ってるんですょ)がいるときはムリムリ!

なので、披露宴から帰ってきた翌日に「人間ドック」を受けることに

身体測定とか血液検査は特に用意する物がないけど
 「大腸がん検査」は事前にブツを採らないといけません
はい、ころっと忘れておりまして あれって「当日入れて3日間」なのですね
 実際の日にちは、披露宴当日~検査当日の間になるのです

なので、「検査キット」も荷物の中に忍ばせて、だって

どこかに異常があるかも…なんて思うから検査は受けたい→持っていく
折角受けるからきちんと受けたい→検体は冷蔵しなくっちゃ

あ~~、考えただけでも…煩わしい…ですが、がんばりましたよ


ここからは、あまり想像力を働かせずにサラっとお読みください


こともあろうに「その時」は「披露宴当日の朝」やってきまして
 留袖になる前に採取成功 冷やしておくっといったら
冷蔵庫しかありませんね~ ティッシュに包んで~更にビニール袋に入れて~
 知っているものしか「例の物」とは気づきません
もちろん主人が冷蔵庫に入っている物が何なのか知りません

自分的には「よし!1本目採れた~~」ですから、披露宴もその後のお遊びもつつがなく…
 もちろんチェックアウトするときには真っ先に荷物に入れました
今度は「氷でグルグルに巻いて・冷やして」そして、横浜へ

氷川丸~中華街でお昼~~  と3人で過ごし、娘とはここで別れ、帰りの高速も順調に

車の振動って眠気を誘われたり、お腹にも程よい刺激が…
 はいはい、2本目採取のチャンスです

途中のサービスエリアで…頑張りました!
 でもね、ただ用を済ませるのと違って、時間が掛かっちゃうんですよ
流石に主人が「具合悪くなったか?」って思ったそうです

もちろん、何食わぬ顔でいますけど、さて、どうやって冷やしていこうか
 1本目の物もそろそろ氷が溶けてる頃だし…

サービスエリアって本当に便利ですよね~氷も袋も手に入れて

「これで2本採取できたぁ」と安心感&達成感
  後は、検体を変質させないことだけを考えちゃうのです

可愛いニャンコを実家から引き取りながら、お茶していても
 荷物の中の「例の物」が気になる気になる
帰宅後速攻「冷蔵庫」に入れたのは言うまでもありません


そんなこんなで無事2本採取でき、「人間ドック」に間に合いました
 結果は…概ね良好ですが、気になることもありまして…それについてはまた後日

この時の反省「日程は良く考えて」は気を付けるようになりました


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
要介護者のいる生活って縛られることが多いんです
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです




 
スポンサーサイト
* Category : 経過観察
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2015-01-24 (Sat)
長男の結婚披露宴…いえ、披露パーティーですね
 都内のホテルで行った、2013年6月1日(土)

この日の為に、ウィッグまでも新調した私
 正直言ってウィッグの新調は考えていなかったわぁ

結婚式って、新婦の為に有るような物、というわけで
 新郎の両親は至ってやることありません
第一今どきの子供たち、自分たちで計画立てて…親は楽です

双方の家族で話し合って、母親は留袖でということになったので
 着付けをお願いし、長女も振袖で出ることにしたので
   親子でお世話になりました

実は長女、成人式の日に「ノロウィルス」にやられて
 お腹は痛いわ、成人式に出れないわ…もっぱら二次会が残念だったそうですが
大学の卒業の時は、母の着付けで…帯がね~最後にゆるゆると

それらのリベンジで、兄の結婚式に臨むのでした

式は「人前結婚式」というので、まぁね、キリスト教徒でもないので
 いきなり「神父さま」ということができないという考えのようです

式は滞りなく終わり、披露宴は友人たちが事細かにやってくれたので
 両親たちはな~~~んにもやることがなく
ひたすら「普段口にすることがない・フレンチ」をほおばります

今どきの披露宴、最後には「式・披露宴」の様子が
 VTRにまとめられて、さながら「映画?」「ドラマ?」のように放映

なんだかんだ、感動も味わえて、無事終了
 一人片付いたな~とほっとしました さ、次は長女・君の番だよ

無事終了後は「折角東京に来たんだから」と娘と3人で観光に
 「スカイツリーにでも行ってみようか」「登れなかったらソラマチだけでもいいか」と
夕方から繰り出して、運よく入れることに
 時間調整の為に夕飯を食べたり~ソラマチをブラブラ~~と

もうね、こんなにゆっくり外出できるのって久しぶりなんですよ
 家には手のかかる・要介護2と1の義父母がいますから
この二人には「ショートスティ」に入ってもらったので安心です

普通なら披露宴に祖父母が列席ってなるんだけど、何せ…ですので
 それに「友人メイン」なので親の親戚は極力限定
主人の兄妹関係のみ、私の兄一家は夏に地元で親戚メインの方に列席してもらうのです
 なので、可愛いニャンコは兄一家に預けて
このニャンコも「遠出ができない」理由の一つなんですよね

と、披露宴も観光も、と欲張りに楽しんだ日でした

そうそう、新婦のご両親たちは前日に観光したんですって
 やっぱり「東京は遠い」という土地柄ですから 

披露宴の為に新調した「和装でもOKなウィッグ」
 髪もうっすらと生え始めていたので「ずれないこと」が第一条件
なので、「すっぽりかぶる」感じのものにしたのです
 ナイトキャップのようなイメージで、ゴムで調整が楽な物
「普段から被らないと違和感感じますよ」と美容師さんが教えてくれたので
 一週間はこのウィッグにしていたのです

はじめはやはり「カール」が入っているのが自分でもでしたが
 披露宴の、特に着物姿ではそれらしく装えました

教室に来る子供たちの反応が…「おばさんっぽい」
 そうよね、カールが入っていて
今まではストレートっぽい地毛、綺麗なストレートのウィッグだったから
 違和感とは言わなくても、いつもと違う感じだったんでしょうね

でもね、ワタクシ自他ともに認める「おばさん」ですから

こちらのウィッグは披露宴終了後、速攻で洗髪し「御蔵入り」しています
 二度と出番が来ないと思う、いえ、来ないでほしい

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
2週続きの「雪かき」で古い方の右が痛みます。Dr.曰く「切った深さとかの問題」ですって
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです

* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2015-01-19 (Mon)
先週の金曜日・16日は定期検診の日
 前日の大雪にめげず行ってきました
大雪の時って除雪車が出てくれるから、峠道とか広い道路は良いんです
 却って、自宅付近の3キロくらいの道が凸凹で
対向車が来たら…絶対動きません 当てないように、動けません
 なんて感じで行きました、先生も「よく来れたね~~」って
はい、だって「この日が最後かも~」と思えば、這ってでも行きます

まずは視触診 「うん、異常無さそうだね」 で終了

Dr.: それで、今日で一応最後だけど。どうする?転院希望ということだったけど。
私: 経過観察のみになった場合受け入れないこともあるって聞いたので
    一応この病院にと思ったところに問い合わせてみたんです
Dr.: 近いところでっていうとSM先生の所かな?  とぼそぼそと…
私: え~と、そこではなくて。A病院に。他の科で掛かったことがありましたので
    そうしたら、経過観察でも受け入れるけど、状態の落ち着いている人には
      連携のクリニックに移ってもらうこともある って言われまして…
Dr.: うん、そうだろうね。「がん連携病院」はみんなそうだよね。
     実はうちの病院もそうなっていて、外科でも大腸とかはもうそうして貰っている

え~~、そうなんですか 全然知りませんでしたわ
 そういえば「逆紹介」なんてことが書かれていましたよね

私: 私の場合は「状態が落ち着いている」に入りますか?
Dr.: うん!「転院してもらうリスト」を作ったら上の方だね

そうなんですか 落ち着いているっていうことは嬉しいけど

Dr.: M地域(私の今の居住地)は病院も多くて、受け皿がしっかりしてるけど
     S地域(以前の居住地・通院中)には乳腺専門の医院がないからね
    一番困るのは「経過観察を受ける」ということが重要なのに
     かかる病院がなくて、観察がおざなりになってしまうこと
   なので、うちの場合は、結構長い年数続けて通ってもらっているんだ

そうなんですね、それで待ち時間が2時間近くってことになるわけね
 だって、患者はどんどん増えて、減ることがないわけですから

Dr.: それで、どうする?
私: その連携の医院がちょっとよく分からないので…
Dr.: じゃあ、もう一回3月に診察することにして、僕は31日まで来るから
私: はい、すみません。お願いします。それまでには決めてきます
Dr.: KY先生も異動が決まってね
私: えーーそうなんですか

大体3年くらいでS大から来た先生は戻って行っちゃうけど、やっぱりね
 二人ほぼ同時っていうのが、大変ですよね

これで、私の「S病院に続けて通う」という気持ちは全くなくなっちゃうのでした
 KY先生に診てもらうというわけにはいかないかもしれないけど
化学療法中に何回かお世話になった先生、ということで勝手な親近感だけど
少しでも知っている先生がいるというのと、いないっていうのは違いますもの

というわけで、3月まで考える余裕ができました
 とはいえ、私の中では殆ど決まってきましたが

それで、術後3年検診を、ちょっと早いけど3月にPETで受けることになりました

そうそう、S病院にもPET/CTが入ったんです、今まではI病院に行ってたんだけど
でも、S病院の審査が厳しくて「明らかに再発転移の疑いがある」場合保険になるんですって
 そうなると私の場合は「自由診療」に入るから、I病院で受けてということに
  下世話な話、罹るお金が全然違ってきますよね

私にとってはI病院の方がはるかに近いので良いですが、皆は高速使って行くって言ってたわ

実は私、今回はマンモ+超音波+骨シンチで良いかな~って思ってたけど
 最後の最後にいろいろ言うのもね~ 指示通りに致します

PETの指示書を貰う時に看護師さんとKY先生の異動の話をして
 「ね~、不安だわ~~。なんて患者さんに言えないけど~」
   いえいえ、私も3月まで患者ですから~~

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
A病院を追い出されるのを前提に、SM先生の病院に偵察に行くつもりな私
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
* Category : 転院
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2015-01-15 (Thu)
乳がんブログを始めたきっかけ…それは主治医の定年退職だった私

病院選びの時に、家から近くて、しかもきちんと治療できるところ 
 ということでS病院に決めたんだけど

その後義父母の介護で引っ越ししたら…遠いのです
 しかも、診察日が義父の「訪問介護の日」と重なったり

何が困るって、義父母二人をおいて行くことの不安
 昼食・訪問介護の準備をすべてやってからの通院
しかもたっての義母の言いつけで、お茶菓子の準備もあるんですよ
 とーーーっても疲れます 病院に行くことに専念したいですゎ
 
もう主治医も変わることだし~~近いところに転院しよう
 って主治医にも申し出て~~退職が一年延びて~~
なんてやってたけど、いよいよその日がやってきちゃいました

自分ではA病院が良いかな~~って思っていたのです
 PET/CTやトモセラピーなど、設備も整っているし
昨年からは「陽子線治療」という新しい分野にも広がって
 県内でも屈指の病院になっちゃったんです

「経過観察のみの場合受け入れない」なんて病院があると聞いたので
 昨年リサーチしたときはOKだったの

昨日、義父の付き添いでA病院に行った時に
 念のために転院が可能かなと思って確かめてきたら
な・ん・と 「患者さんが増えてしまいまして…」と

「個人的な理由ではお受けできません」と理由を聞かれ
 定年退職で…と話したら、「そういうことなら」ですって
  他の理由によってはダメなのかしらねぇ

「ですが」と話が続いて
 経過観察のみになって、状態が落ち着いている患者さんは
提携している「乳腺クリニック」に紹介させていただくこともあります
 もちろん、状態が変わった時はこちらに戻って治療ということになりますが

えーーー そんなーー

ということは、A病院を選んで・H先生を選んで転院しても
 他のクリニックにまわされるかもしれないということ

状態が落ち着いているっていうのはどういうことを言うんでしょうか?
 と聞いても「それは先生がお決めになりますから…」まぁそうですよね

「容態の落ち着いている」ということはどういうことか私の場合は?

① 術後3年目(新しいほうだけでいうと)
② トリプルネガティブなので治療終了後2年経っている
③ 異時性両側乳がん
④ 母も乳がんだから、ひょっとしたら「遺伝的要素」もあるかも…
⑤ 自覚症状特になし
⑥ CEAのみが高値になることがある

あ~~、分かりません 主治医のS先生なら「落ち着いている」って判断するのかな

転院しても、他のクリニックにまわされるのは勘弁してもらいたい
 ということなら、通い慣れたS病院の方が良いかな~~
主治医は変わっても、看護師さんとか病院の雰囲気はそう変わらないだろうし…
 
主人に相談したら「転院辞めれば~」と軽くいうのよね
 通院日を訪問看護の日と重ならないようにすればいいしって
  コラコラ、誰の父親なのよ!まったく!

う~~ん、悩みます 明日は診察日。 先生になんて言って切り出そうかしら

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
今日は大雪、雪かきの後遺症で脇が重いし。明日の通院、いつも以上に気を付けて行かないと!
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです



* Category : 転院
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

お久しぶりです! * by moko☆
新年初コメントです!
遅ればせながら…今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

転院の話どうなりましたか〜?
先生の異動や退職が転院のきっかけってありますよね〜。
かと言って、クリニック的なところで経過観察はちょっと不安ですよね。わかります〜!

ともりんさんがより良い治療が続けられますように☆



Re: お久しぶりです! * by FC2tomorinn
こちらこそ!明けまして(相当経ってますが)おめでとうございます!今年もよろしくお願いします!

転院、今のところ保留というか、3月にもう一度診察日を取ってもらえたのです。
もう少し考えるというか、決める時間を貰えました。

詳しいことは明日記事にしようと思っています。

診察を受ける前は「転院辞めて…」という気持ちが強かったのですが、今の病院、乳腺系の先生S先生とKY先生なのですが、S先生の退職とKY先生の異動も決まったのだそうです。
二人同時ということで、看護師さんとも「困っちゃうわ~」って。
そして、先生との話で「落ち着いた患者はがん拠点病院から移ることが今の時流」ということに納得したのです。
そうなると自ずと決まっちゃうんですよね。

それにS先生がぽろっと病院名を口にしたの。その病院が「連携病院」の中に入っていたので、A病院に行って、更にそちらの病院に移ることになっても良いかな~とも思っています。


心配してくださってありがとうございますv-344

個別記事の管理2015-01-13 (Tue)
治療も終わって、元気に過ごせている私
 ある意味それはそれでいいんだけど
祖母の入院・手術の介護をちょっと手伝いながら
 長男の「結婚披露宴」の準備もやった、2013年5月

はじめの(2006年)の時の目標が「成人式を迎える」~「就職を見る」~
 更には「結婚」・「孫」…と望みはどんどん延びていくの

長男夫婦は「記念日を忘れないために」入籍&披露宴を
 それぞれの誕生日にするんですって

まあね、どこぞの誰かは「記念日」を端から忘れてるから
 そんな「反面教師」を見てそう思ったんでしょうね
はいはい、聞いてますか~~家の旦那さんのことですよ~~

披露宴の準備と言っても、近頃の若者は「全部自分たちでやる」ので
 親の出る幕は全くありません、楽のような、ちょっと口出ししたいような

でも「新郎の父母」ということで、特に母は「留袖」を着ることに統一
 留袖なんて、兄の結婚式以来だから、実に20年以上振り
なので、開けてビックリ
黒い着物に白い襟(半襟)が美しさを際立てるはずなのに、黄色ではありませんか
 そうですよね、ほったらかしにしてあったんですもの

当時自分で着付けなんてできなかったからもちろん着付け師さんに
 結婚式後に母の具合が悪くなったから
着物の後始末もおざなりになっちゃってたし、知識もないから

それから、父母の葬式などを経験したので
 「着付けくらいできた方が良いのか・・・?」と習いに行ったのです

その時の知識を総動員して(一応着付け師の免許持ち)準備
 草履とかバッグとかも年代物で……買っちゃいました
帯も「若さらしくモダン」なんて言うのは似合いませんから
 またまた買っちゃいました 因みに主人には金額はナ・イ・ショ
そして、ウィッグ生活邁進中だったのでもちろんウィッグで参列
 しかも、持っているのは「ボブスタイル」う~~ん着物に似合いません
なので……もちろん和装用のウィッグを…買っちゃいました
 まさかウィッグを新調するとは、こればかりはトホホです

主人曰く、良いんですって「日頃がんばってるから」…う~~ん分かっているのか
 それとも「これからもしっかりやれよ」という意思表示なのか
   前者に取っておきますけどね

そんな準備をしながら、4月から手を付け始めた芝生の中に生えてくる雑草や
 「無駄に広い庭」に生えてくる雑草などを毎日チョコチョコ草むしり

草ってね、抜いた端から生えてくるんですよね~
 これくらい私の髪の毛も生えてきてくれたらなんて思いながら抜くのです

その他には、口がぬる付いたり塩味がしたり…
 この症状も良くなったり悪化したり、すっきりしません
ちょっと無理したなと思うと足がむくむのです

そして、体重がね「庭仕事したから~」とか言いながらの間食
 これが増加の原因になってしまって
でも、この頃の体脂肪は今(2015年1月)よりも低いんですよ
 体重と体脂肪の関係はイマイチ分からないけど
  どうやらよく動くということが大事なのかということはわかります

と言いながら「怠惰な生活」に近い今日この頃、だって寒いんですもん
 今週は診察日があるのよね、明日から間食抜きで臨みます

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
主治医の退職・最終診察日までに書き終わるはず…あと1年半分もあります・ムリですね
お読み頂いた証にポチっとしていただけると嬉しいです

 
* Category : 経過観察
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2015-01-07 (Wed)
「家族」の所にも書きましたが、私の祖母は健在です
 私が既に還暦近く…ということは祖母は幾つなのか
今年の誕生日(2月)で102才になります、超長寿です
 とはいってもご多分に漏れず「認知低下」はありますが

祖母の一生は幸せかというと、実の娘・私の母を55才で亡くしているし、
 夫も55才で亡くしていて、決して家族運に恵まれているとは言えません

自身は20代の時に当時の「死の病・結核」をやったりしてるけど
 それを乗り越えたら、かなり元気に老後を過ごしていました
「無病息災」ならぬ「一病息災」というやつですね

祖母の母(私の曾祖母)も私が中学生の時に84才で亡くなっているので
 私の家系は長寿なのか?それとも短命なのか??

2013年は祖母にとっては「波乱万丈」の幕開け
 年明け早々の入院から、あれよあれよといろいろ起こして
3月には「人生初の胃カメラ」自分でも「この年でやるとは…」と

それでも、やはり100才ということでスムーズに良くならず
 4月も病院→通所施設と、自宅へは戻れません
というか、私としては自宅介護はもう無理ではと思っていたんですよね
 小柄でも人ひとりをトイレ介助するって大変なんですよね

なんて素人の私でもそう思っているのに
 いろいろの都合があったんでしょうけど、4月30日に「帰宅」することになったと

その時祖母は自立歩行はできますが、トイレでの動作は見守ってやっとこさっとこ
 それが一人でできるのかって兄に言っても
「施設の都合もある」し、「1月から3か月経ってるし…」と言われたんですって
 俗にいう・介護現場での「3か月の壁」というやつですね

ということで、連休の最中の4月末に祖母は念願の帰宅ができたのです
 私は連休中に、6月の長男の披露宴の準備があったので
連休後に顔見に行くということにしていたら
 5月4日に「祖母緊急入院」という連絡が

当時の祖母は自宅では「好きな時に起きて・食べる」という生活を送り
 「夜中に何か食べたくなっても良いように」お菓子を枕元に置くと
何とも自由気ままな生活を送っていたんですね
 それでお菓子を食べたら「のどが渇いたから」水でも飲みたいと
台所に歩いて行こうとしたらしく……何かに躓いたんでしょうね
  結局「左股関節骨折」に

お骨折した祖母も痛くて可哀そうですが、折角帰宅できたのに
 この年で骨折したら「寝たきり」間違いなし ということがショック 
「寝たきり」になってしまったら、それこそ自宅介護は無理でしょう

折しも連休中なので「手術は連休明けに」ですって
 手術しないといけないんでしょうか?年も歳ですし…
先生と話したら「私もこの年の方は初めてです」とそうでしょうよね

「骨折」って痛いと思いますよね?でも祖母はあまり痛がらなかったんです
 「神経がどこか切れてるんじゃないか」なんて軽口をたたく孫

折しも骨折した日は、東京に住む従兄弟が「おばあちゃん~」って会いに来てて
 従兄弟とも「何でこのタイミングで…」とか「神経太いんか?」と

痛い・痛いと喚いたり騒いだりするとそれも心配ですが
 とにかくあまり騒がずに入院していてくれたのは不幸中の幸いかな

手術=全身麻酔   
これがDr.の一番の心配でしたが、何の問題もなく無事終了
 時間にして2時間くらい。人生4度目の「手術の終了を待つ家族」になりました
 「待たせる患者」も4回、つり合いは取れてる

この、バタバタの間も私の体調は「口がぬる付く~」とか「唾が泡っぽい」
 「塩味がキツイ」など、相変わらず味覚障害の症状が出ていました
それと、ちょっと油断すると「浮腫み」の症状も…
 要するに完全に化学療法の毒気が抜けてるわけじゃないんですね

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
昨日と今日の温暖の差が激しくて、やっぱり寒いと右わきが痛みます
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです

* Category : 祖母
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2015-01-03 (Sat)
2015年も、あっという間に3日になってしまいました
 三が日の内に更新しよう!と思い、スレスレにやって参りました

昨年も、すでに治療らしいことやってないので、「書くネタがない」状態ですが
 今年もボチボチと書いていきたいと思います
 
どうぞよろしくお願い申し上げます


年末年始、主婦としては手をほどほど抜いて
 元気に過ごせました

子供たちも帰省して、にぎやかと言いたいところですが
 おじいちゃんおばあちゃん(義父母)の余りのボケっぷりに唖然
「毎日大変~~」と言われてしまいました

だったら手伝って!というところですが
 育て方を間違ったのか戦力にはなりませんね~
まぁ、実の息子の主人でさえそうなのですから仕方ありませんが

実家に年始のあいさつに行ったのですが
 義姉は痛みの発作が出たということで
慣れないことを兄がやっていました

普段からやっていればスムーズなんでしょうけど
 ついつい「自分でやる」と言ってしまうような状態

やっぱり一家の主婦がしっかりしていないと…ですね
 それかいつだれが具合悪くなっても
家の家事が回らないということが無いように躾をするか

主人も、学生時代は自炊経験があるけど
 結婚してからはほとんどやっていないし
私が入院したときは「朝は納豆」「昼は給食」「夜はコンビニ」でしたから
 もっと長期になったら絶対体壊しますね

今からでも躾のし直しかなと思っちゃいました

寝正月というわけにもいかないので(愚痴っちゃいますよ~~)
自分の子供たちの躾失敗もあるけど、言わないと遣ってくれないのね
 そこに持ってきて、長男の結婚相手(俗にいうお嫁ちゃん)も
これまた見事に動かないんですわ
 
南国育ちだったので寒冷地の我が家に来たら
 「頭が痛い」……と、ほとんどお布団の中
風邪でも引いたかしら?って心配したら
 息子曰く「寒いし、気を使ったから疲れたって」 
   なんですと

さあそれを聞いた、私(姑)と娘(小姑)
 え~~、朝は遅く起きてたし~ 手伝いだって…ね~~
お互い「まぁまぁ」と宥めあうのでした

しかし息子よ、もうちょっと気を使った言いかたしなさいよ
 嫁vs姑&小姑の怖さを知らないな と思うのです

因みに、嫁と小姑は、学部は違うけど同じ女子大の先輩後輩
 小姑(娘)曰く「お互い相容れない学部」なんだそうで

そんなこんなで「寝正月」もできずにいたら
 年末の「体脂肪減らす!」宣言の日に比べ
な・ん・と 3,5%減っていたのでした 

やっぱり体脂肪を減らすには よく動くしかないのね
 
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
年末に引き続気余りの寒さに浴室の給湯が凍結中。シャワーができないのです
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by べにこ
遅くなりましたが明けましておめでとうございます!
今年もよろしくです~!!

あぁぁ~・・・いいなぁ。
体脂肪率激減ですね!

体脂肪も体重も減らしたい~。
今年こそ~
今年こそ~!


Re: タイトルなし * by FC2tomorinn
べにこさん、こんにちわ!コメントありがとうございます&こちらこそよろしくです!

体脂肪って、ちょっとしたことで上下するんですよ~
朝と夜でも違うし、もう一回なんて思って測るとまた違うなんてことも(驚
なので、結果は「一番いいもの」にすることにしました~~(笑
これってダメじゃんと思いながら…

あのですね、私の基準とべにこさんの基準に差があるかもですよ。
私ならOK!ルンルン!でもべにこさんならダメダメってこともありです(笑

でも、がんのエサに脂肪が…なんて言われると落とさなきゃなぁ~と決意はしています。
今年こそ~明日こそ~~ で何年経ってしまったことか。

放射線治療も明日で終わりでしょうか?「頑張ったね~エライエライ!」と私から。
きっと、たけべーさんも褒めてくれますよね。家の場合「あ、そう」でしたが。