04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-10-16 (Wed)
いや~~長かったです!
術後15日目、2006年12月22日(金)冬至
術後の経過も順調で、リハビリの必要もないため
術後のドレーンが抜けてからはやることもなく
ひたすらパズルやTV・読書・昼寝で時を過ごしている身には
入院していることも、ね~~

前日手術を受けたOさんは血の流れを良くする薬を服用していたということで
術後なかなか止血できなかったそうです
実は呼吸器科に掛かっていてそこからの紹介だったということで
家族にすれば同じ外科だから申し送りができていたと思っていたので
問診でも特に話題にしなかったんだそうです
こういうのってダレが悪いんでしょうね?
そのせいか、立ち上がってくださいと言われても
なかなか立ち上がれずに「頑張って、みんな立てましたよ」と言われちゃって
「頑張るっていう状態じゃないし、人それぞれだよね」ってぼやいていました
看護師さんにもよるんだろうけど、体力とか気力には差があるわけで
一概にあてはめてほしくないですよね
思わずOさんに「無理してやることないと思いますよ、自分のペースで」と
いらぬアドバイスをしてしまいました

実はこの朝まで同じ病気とは知らずに2日間過ごしていて
看護師さんが「病気の先輩だよ~」なんて紹介してくれて
初めて「あ~そうなんですね」って、でも今日退院ですから

この日は、放射線治療第一日
前日ポーズをうっかり忘れてコラコラだったので
今日は頑張ってミスしませんでした
大体5分くらいで終わりですが、何も見えないので
「本当に当たってるのかな?」って思っちゃいますよね
来週からは9:20~の予約を取って
これって病院にいるからこそ良い時間で
家庭に帰ると結構忙しい時間だったんだとちょっぴり後悔

お昼前に主人の車で無事退院
胸帯をしているだけで外を歩くと
手術していない左胸が収まりが悪かったです
そして、シートベルトが助手席だと良いけど
放射線治療に自分で運転していくとなると当たるから
ちょっと心配になってしまいました
でも、やっぱり家は狭くても・汚くても落ち着きますね

スポンサーサイト
* Category : 私・右・入院
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-10-15 (Tue)
術後14日目、2006年12月21日(木)
放射線治療を受けるために胸を中心に線引きしてもらいました
医療用のマジックなのか、普通のマジックなのか聞きそびれましたが
線の上から、透明のテープを貼って
線が滲んだり消えたりしないようにするのだそうです

寝台の上に寝ているところに
技師さんが二人係でとっても真面目な顔で
線を引いてくれるのは、ちょっとおかしな光景だと思いませんか?
思うのは私だけかな~~

右側の場合は心臓に繋らないのでという説明を受けたり
ちょっとポーズが違ったらしくて
「う~~ん、昨日と違いますよ、思い出してください」
とおしかりを受けたりでした

放射線治療室のこと、S病院では「ライナック」と言いますが
一般的には「リニアック」ということの方が多いみたいですね
後に、左側で放射線治療を受けた病院は「リニアック」でした
どっちが正しい呼び方なのかな??

この日、私より15歳くらい年上のOさんが乳がんの手術を受けました
Oさんの術後のケアをするついでに主治医が顔を見せて
「はい、今夜もお元気そうで」とかる~く扱われ
放射線治療が終わったら外来受診と言われ
退院も翌日に決まっていたので挨拶をしたり
してはいけないことなどを質問したら
「重いものを持たないこと、雪かきはやめた方が良い
  後は普通に、無理のないように生活するように」
ということでした。
普通に生活するって、その加減が難しいですよね。
* Category : 私・右・入院
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-10-14 (Mon)
2006年12月20日(水)術後13日目
病理結果が少し出たということで説明を受けました

乳頭から4センチの所に大体の大きさ2×2×2センチ
リンパ管・血管に癌細胞は見当たらなかった
T1N0MO 病態としては初期の初期 すべて取れている グレードⅡ
今後の方針としては放射線治療を受け、場合によってはホルモン療法

ということを口頭で知らされ、必死にメモリました
一生懸命書いていると
「まだ全部そろってるわけじゃないからね~」と

私としては一番聞きたかった「取り切れている」という言葉を聞けて
もう一回手術なんてことにならなくて良かった~と思いました

でも、この「大体の大きさ」っていい加減ですよね
2センチと言えばステージⅡになるんじゃないかな?
後の最終病理結果でもこの表記なんです
その理由はいずれ分かるのですが、ですよね

午後は、待望の放射線科受診
今まで超音波やCTの検査で受け付けにはいきましたが
診察室に入るのは初めて
先生はロマンスグレーの、落ち着いた雰囲気のO先生
主治医の説明と同じ、治療を受ければ再発率は殆ど0%
もし受けないと30%と言われ、それはもう受けるしかないですよね
CTで照射位置を確認・決定しマークを付けました
このマークを消さないことと、ポーズ・手の組み方を変えないこと
そうです、この病院の機械、手を挙げてポール(バー)を掴むというのではなく
自分で上げて自分で動かないように頑張るというものでした

放射線科を受診したことで、また一歩前進できるという
妙な達成感を感じてしまいました
この25回の照射が結構きついものになるとは知らず・・・
* Category : 私・右・入院
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-10-13 (Sun)
2006年12月18日(月)
この日初雪が降りました
暖かい部屋にいて見る初雪は綺麗なんですよね

朝一番に主治医の回診
私 :体調も良いので、そろそろ退院のことについて・・・
先生:そうだね~放射線を一回受けてからということにしましょうか
私 :はい、放射線はいつからでしょうか?
先生:予約を取らないといけないから
私 :じゃ、予約をお願いします
先生:おいおい、もう早く出たくてしょうがないか・・
   あんまりそういうと、長引かせちゃおうかな~~悪いとこ見つけて
なんて言われながらも、やっと退院のめどが付いたのです

この時すでに術後11日目、現在なら退院している頃ですよね
病院にもよるのでしょうが、S病院は割合と長く入院させるみたいです
翌年の婦人科の時も、一般的よりも長い入院でしたから

雪が降っても洗濯をして、見舞いに来た人とレストランへ行って
やっぱり元気な病人でした

次の日、火曜日はお向かいには回診があっても
不良患者には回診がなく
看護師さんから木曜日に放射線科に罹り金曜日に1回目の照射
なので、早くて金曜日に退院しても良いいうことになると言われ
速攻「じゃ、金曜日退院でお願いします」と決定

放射線治療、私には痛みが強くて大変な治療になるのですが
この時はもう家に帰れると単純に喜んでいました
* Category : 私・右・入院
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-10-12 (Sat)
元々土日は休診なのでどこかのどかな土曜日
ですが、同室の多分同病の方の所に主治医の回診があり
私はその「オマケ」的に回診、というか顔見せ
もうね、良いんですよ~という気分です
体調も良いのですから、具合の悪い人をじっくり診てください
お風呂に入り、洗濯をしても
前の週のようにぐったりということもなくなってきました

次の日曜日も、これと言って変化なく
一人が退院すれば次の人が入ってくる…めまぐるしいですね
見舞いに来てくれた友人と院内レストランで
ケーキを食べたら…気になるのは体重ですよね
測ってみたらやっぱり増えていました
三食昼寝つきでは当たり前でしょうね

ここからは現在のこと
初めての化学療法、2012年7月17日(火)
この時は左側だったので、血圧などはもちろん右側で
右は術後7年近くなので大丈夫、というか右手しかないですものね
FECの投与、特にE(エピルビシン)の時は血圧に要注意ということで
投与後すぐに測るということでした
投与中は血管に針を固定されてますよね
まさかと思ったのですが、看護師さんそのまま測定
直後、その部分が赤く腫れ、蕁麻疹のようになってしまいました
その時に付き添っていた主人が直ぐに言ってくれたので
針を抜き、ベッドを倒し・・・看護師長さんも慌ててきてと・・
点滴後主治医の診察でも「大丈夫」ということで
結局具合も悪くならず事なきを得たのですが
それが原因なのか、針の跡を中心に腕の上下20センチにわたって
「ここに血管があるよ~」的に血管が浮き出ていたのです
今年の冬も、この部分だけ攣れる感じが強く
腕を捻ると血管の走っているのが分かりました

でもですね、今月に入ってふと見てみたら
針の跡、上下3センチほどが触れるだけに回復していました
もうずっとこのままかなと思っていたのが
思ったより早く再生できました
これも体力があるせいかな~ よ~し、しっかり食べるよ~~
* Category : 私・右・入院
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |