08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-02-09 (Sun)
倦怠感・白血球減少など一通りの副作用が出現し
 特に、唇の内側の腫れが酷くて、油断するとムニュッと噛んでしまったり
それには、口内炎薬とうがい・歯磨きでなんとか乗り越えられて
 口の中の塩味も、なんとな~~く感じなくなって
体調的には「もう元に戻った感じ」と余裕です

そして、「来るよ来るよ」と言われていた、最大の副作用脱毛
 几帳面に、2週間目ピッタリに発現

初めはね、「なんか抜け毛が多いな~」くらいだったのが
15日目:脱毛という感覚がはっきりに
16日目:脱毛以外体調好調
17日目:脱毛更に進み、風邪に当たるだけで抜ける
     脱毛が多く、バンダナを使用し抜け毛に備える
18日目:こめかみのあたりは地肌がみえる
     ウィッグ初使用
19日目:脱毛一気に進み、全体的に地肌が目立つ
     残っている毛も、心なし弱い感じがする
20日目:出かけたためにウィッグ着用時間が長くなる
     暑さとウィッグの重みで頭痛
21日目:抜け毛は一時的に少なくなるが全体的に地肌
     特にフェイスラインは触れるためか抜けるのも早かった

8月ということもあり、汗を拭ったりすると抜け毛が増え
 ちょっと「イラッ」とするとスルスル~って抜ける

やはり入浴時の抜け毛、いつ漱ぐのをやめるのかとか
 排水溝の抜け毛を見たり、タオルで拭くとそのタオルの黒さに…

こればかりは、分かっていても悲しいというか、しょうがないという諦めとか
 いろいろな感情が行き来しましたっけ

ウィッグは「絶対この時、初期治療しか使わない」という意気込みで
 インターネットで、お手頃な価格のMIX毛の物を一つ購入
「お試し」という制度があったので、材質・毛色は実際に確かめて
 ヘアスタイルも自分のものと近いものを選ぶことができ
「このウィッグだけで」終わりにしようと思っていました
 でもね、頭の大きさとかって人それぞれなわけでして
結局私の頭が小さめ(脳みそが少ないなんて言わないで)だったので
 襟足が思ったより長くて夏だったので気になる気になる
なので、普段通っていた美容室にウィッグを付けて行って
 調節してもらうことになりました
この美容室は、ウィッグ対応を謳っていなかったけど
 「いつもの自分」を分かってくれているので良い感じに仕上げてくれました
美容師さんは「伸びてこないから」て少しずつカットしては確認
 いつも以上に時間が掛かってしまって、ありがとうでした 

私の脱毛は、1クール目でほとんどが抜けてしまって潔い毛が多いのですが
 中には最後まで残っているのも数本ありました
抜け毛を見るのがつらいから剃髪したという方もいるみたいですが
 病院の看護師さんが「剃刀は自分でやると怪我の元になるし
  短い毛は拾う時に拾いにくい」という話をしてくれたので 
 私は自然に抜けるに任せていました

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
抜け毛の処理にコロコロは必需品・お世話になりました
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : FEC-1
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-02-07 (Fri)
投与後の体調確認、主に骨髄抑制の反応についてなのでしょうね
 手背からの採血もそんなに痛くないことが分かり、というか
私の右手背、血管がゴツゴツと見えているので、そこからだと大丈夫

採血結果も出て、いよいよ診察
Dr.「体調はどう?食べられてる?」
私 「はい、口の中が変ですけど」
Dr.「変って。具体的に言うと?」
私 「口内炎はできていないんですけど、やけどしたみたいな感じで
   食べられるんですけど、塩っぽい味がいつもしています」
Dr. 何故か看護師さんに「口内炎の薬ってなんだっけ?」 
看護師さん「ハチアズレをだしていま~~す」
Dr. 「じゃあうがい薬を出すから」「髪の毛は抜けてきた?」 
私 「いえ、まだ抜けてないです」
Dr. 「まあそろそろ抜け始めちゃうと思うよ。終わればまた生えてくるからね~」
   「そちら方面(かつらのことのね)は良かったということで…」
  「白血球なんだけど、680しかないので。昔なら無菌室行だけど。
   今は白血球を増やす良い薬があるのでそれを打って行ってもらいます」
私 「怠いとかもそれに関係ありますか?」
Dr. 「うん、そればかりでなくて貧血とかも始まってるかな~だから」
   「怠かったら無理しないくらいで。人ごみさ避けて、マスク必須で」
   「病院が一番危ないよね~ 今日はパパっと帰るように」

なんか、「無菌室行き」ってすごい重病人ですね
 家の病院は1本の投与ですが、3日間連続投与というパターンもあるのですね 

ということで、初回から白血球は超低空飛行
 これから先も毎回「グラン」にはお世話になるのでした

外科外来でのグラン投与 腕にやって貰ったのですが
 看護師さん「痛いよ~」と脅しますが…やっぱりちょっと痛いですね
グラン注射で「骨痛」が起こるかもしれないと言われましたが
 この骨痛は全8回の内、一回だけ腰痛という症状で出ました

次の投与に備えて、「イメンドカプセル」の処方もあって
 「飲まずに通院、GOサインが出てから飲んでもらうから」
  「たま~に飲んじゃったり、持ってくるの忘れる人がいるから気を付けてね」と
はい、気を付けます。どちらかというと、「たま~に」に入りそうですから

出してもらった「ハチアズレ」で口の中を漱ぐと
 ヒリヒリやゴロゴロという感触が薄くなります
なので、今後は食べる→歯磨き→ハチアズレでうがい→口内炎の薬 というコースになります
 そのお蔭で食べれましたよ~~
でも、歯並びとの関係か、左下の内側が油断すると腫れっぽくなって
 ほほ肉をかんでしまうなんてこともしばしば

そんな口の中の症状も、投与後2週間経つ頃には収まりました
 いろいろの副作用も、この2週間という日にちを境に無くなるのです
    唯一の「脱毛」以外はね

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
医療の進歩は目覚ましく、恩恵にあやかることも多いのですね
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
* Category : FEC-1
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-02-06 (Thu)
便P&ゲリッピに始まった副作用の大群
 それが筋肉痛に変わり、更には口中違和感へと変化してきた投与後一週間

口の中に塩の塊を入れたような感じが強くなり
 じっくり見てみれば下の先が、熟し切ったトマト色になっていました
でもね、食べられるの やけどした時みたいだけど 根性で食べられるの

さすがに何か食べた後は、口の中をすっきりさせたいので歯磨きをして
 厳密には「口内炎」ではないかもしれないけど
赤く腫れたところに口内炎の薬を塗るとちょっと良くなる感じなので
 食べる→磨く→つける というのの繰り返し
じゃ、食べなきゃいいじゃんと思うでしょ? でも、食欲はあるのよね~

それに、「食べないと病気に負ける」という強迫概念が
 これから先もっと辛くなるかもしれないからとも思うと…

なので、3回の食事はもちろん、おやつもいただきます
 でも、唯一大好きだったコーヒーが不味い
口の中が塩だからなのか、とっても複雑な不味さ

10日目になると、唇の内側が明らかに腫れています
 まるで辛い物を食べすぎた時みたいに
そしたら、なんか胃のあたりに違和感が、えっ今頃から吐き気が来るの
 なんて身構えたんだけど、一時的なものでした

通っている病院は、抗がん剤投与後10日ほどの時に
 体調管理と白血球などの検査に通院することになっています
この頃には、怠さは全くなくなっていたので、もちろん一人で
「通院にはマスクで」と言われていたのでしっかりマスクをしてね

外科外来での採血ですが、抗がん剤投与の場所よりも手先の方で採る
 ということなので、自然に手の甲で採ります
「手の甲」のことを医療現場では「手背」っていうんですね
「ここで摂ると痛いかも~」って言われたんだけど痛くなくって

結果が出てからの診察なので、40分くらいは自由時間なんだけど
 抗がん剤系の患者は朝早い時間なので、院内レストランも閉まっています
売店でコーヒーでも飲めれば良いんだけど、コーヒー不味いし
 多分「甘味」があればいいのかなと「ミルクコーヒー」を久々に
  マスクをしたまま、ストローでチューー
飲めるんですよ かすかにコーヒー風味の「お子ちゃま」な飲み物ですが
 コーヒーがないと…な私には救世主に見えてしまいました

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
好きな物はしょうがないですよね
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
* Category : FEC-1
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-02-05 (Wed)
齢、55。今まで便秘とかで苦しむことがなかったのに
 FEC投与初日と4日目に、これでもかというほどのP---
トイレから出るのが怖いなんてことになろうとは

訪問看護師さんのお勧め「じいちゃんの薬をちゃっかりもらう」という技
この技を駆使して、その後は苦しむことも少なくなりました
余っている(なぜに?)マグミットも無駄になることもなく一挙両得!
 でもね、この白い錠剤、飲み慣れないせいもあるんでしょうが
  口の中で融ける感じがなんとも

腸関係の御し方が分かった次は
 全身の痒み→プルプル感 からの筋肉痛
投与から5日目、まず筋肉痛を感じたのは肩
 左右共に乳がんを罹患したので、腕に無駄な負担をかけたくないと
  肩掛けのバッグを愛用するようにしていました
バッグが肩に当たるところが、肩こりのような感じがして
 掛けるのを反対側にしてもまたそちらが「肩こり?堅い?」って
さすったりすると良い気持ちになるくらいだったのですが

その次の筋肉痛は、なんとほほ~あご
 「するめをいっぱ~~い食べた」みたいに怠いのです
理科室に筋肉の模型とかあったでしょ
 久しぶりにあの筋肉模型を思い出しちゃいました
可笑しいな~と思っていると膝から下も一層重怠くなって
 こうなると「副作用」かなと思ってパンフレットを読んでみると
「少ないと思われる副作用」の中にありましたね~

不思議なもので、副作用とわかると「しょうがないな」という気持ちに
 はい、天性の楽天家です
筋肉痛をなだめようとして腕を使ったためか
 放射線治療後の脇が擦れてしまったのであわててクリームをヌリヌリ
ちょっとでもお手入れを怠ってはいけないのですね

投与後7日目からは下半身のだるさ以外は抜けていきました
 でも、今度は血圧が低くなって
いつもは「高血圧疑い」だったのが上が100を切ってしまうのでまたまたダル~~イ
 でも、人間は慣れる動物なのか
2・3日すると血圧が低くてもそれなりに動けるようになるのです

身体のだるさも減って?慣れたのか? 過ごしやすくなった8日目
 今度は口の中が、何もたべていないのに「塩味」がするのです
水を飲んでも「しょっぱい」お味噌汁なんか「塩水か!」って感じ
 主人には「いつもと同じだけど」といわれても???です
まぁ、いつも目分量で作ってるので味が変わるというほどではないんですけどね
 気になるので口の中を見てみると、舌の先がまっかっか
まるで、辛い物を食べすぎたときとか、熱いものでやけどしたように
 でもね、ごはんはしっかり食べられるのですよ
あれほど嫌な感じだった米飯も、普通に美味しくいただいています
 こんなことを思っていた次には本格的な口中違和感が来るんですね
次から次へと、あらゆる副作用のお出ましです

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
副作用は一気に来るのですが、8日目には世界が変わるのです
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
* Category : FEC-1
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-02-04 (Tue)
入院中はすご~~く体調が悪いということもなく退院
 家に帰ると家事が待ってるし、年より×2もいるからどうかな~

舌が白く、苔がふいたみたいになっていることと、口の渇きが半端なく
 水分摂っても摂ってもっていうのは続いていました
身体の倦怠感はなくなっていたのだけは良かったです

そして、投与後4日目
 全身が痒いんです見た目には何もできていないんだけど
  ちょっと赤っぽいかな~、火照ってるかな~ くらいなんだけどね
   常に服の上からさすっていました
 更には、下半身の筋肉がプルプルし出して
  自分の足なのに力が入らない、転びやすい感じで「老人3号」と化す

私、こう見えて(見えないってか) 毎日掃除をしないと気になる派
 いない3日間のホコリが…何しろ家には汚す名人がいますので
でも、さすがに掃除機を振り回すだけの元気はなく
 クイ〇〇〇〇パーでチョイチョイと拭き掃除もできました
午後には義父の「訪問看護」に来てもらうので、ゆるゆるとね~

投与初日の夕飯時に「超特急P--」を経験した後は頑固な便秘
 お腹が張ってきて、キモチワル~~イ
朝起きたてに水を飲んでもダメ、トイレでウォシュレットで刺激しても
「ののじマッサージ」をやってみても 出てくる気が全くないらしい

副作用で便秘が考えられるから、市販の便秘薬を買っておいたほうが良い
 という指導があったので、もちろん買っておきました
またまた自慢ですが 今まで便秘で苦しんだことがなかったので
 もちろん便秘薬も飲んだことがない!
薬のパッケージをちょろっと読んで「うん、二錠服用ね、ごっくん」と
 お昼頃にはお腹がグルグルと動きだし、ちょっと出たので「よかったーー!」
と思ったのもつかの間、 またまたギュルギュル言い出して
 またもや悪夢の超特急です
トイレに籠ること数分、やっと収まったので這い出て
 とここで、意識が無くなったんです

可愛いニャンコがペロペロしてくれて、やっと気が付きました
 上半身は辛うじてトイレから出て、下半身はトイレのなか
う~~ん、酷い目に会いましたわ
 家には猫の他に人間も二人いるのですが…気づかないのね~

午後、義父の所に来てくれた看護師さんにこのことを話して
 「便秘と下痢はセット」ということで、「脳貧血が起きたのでは」と
「短時間で気が付いて良かったですね。気づくのが猫って…」 
  ということが「やっぱりね~」ですが、何事もなくて良かった~ と笑いあいました
私的には「パンツ履いてからで良かった~」ですけど

何を飲んだのかということになって、薬のパッケージをよ~く見たら
「初めての場合は、一錠から様子を見て」と書いてありまして
「おじいちゃんのマグミットが良いのではないか?」と教えてもらったので
  それからは、義父の「飲むボイコット」のマグミットを拝借
便秘薬よりはあたりが柔らかですが、飲みづらいですよね~
 今後は苦労しないようにしようと工夫に精を出すのでした

 にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
トイレとお友達になってもね~良いことはないですよ
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです 
* Category : FEC-1
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |