08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2017-07-28 (Fri)
「梅雨明け宣言」したはずなのに、ここ一週間は梅雨らしい天気です
ジメジメの湿気が、まだまだポヨポヨ頼りない頭頂部をいじめます

雨降ると、ミリオ○○〇〇では不安だし
ヘアピースつけると、ボリュームがありすぎて不自然だし…

とやりながら、この前の日曜日「施設見学」に行ってきました
もちろん義父母、特に義父対象のです

義父、バルンカテーテルを入れて、足掛け10年
バルンカテーテル…ほら、手術の時にお小水を取るために挿入したやつ
1晩だけでも違和感で、早く取ってもらいたかったのを、10年入れたまま
「前立腺肥大」がかなり重症だったらしく、それが原因で抜けなかったんです
自分で処理するんだけど、どうしてもトイレは汚します
それと、プラ特有の匂い+お小水の匂いで、もうね~「スメルハラスメント」

それに加えて、去年あたりから「大」の方にも問題が
きちんと処理できない→常に出ちゃってる、になってきて
小と大のWパンチ

服はもちろん、拭いた紙をポケットに入れるので匂う…これって認知症の症状なんですって
着替えさせても、すぐに「なんか匂う」し
揉み洗い+一晩つけ置き洗い、しても「まだ匂う

結構いろいろ我慢してきたけれど、もう限界に近いです

ただ、他人に面倒を見てもらうためには、お金が掛かるわけで

「特養」に入る権利は「要介護3」からと決まっていて
残念なことに「要介護2」の義父・「要介護1」の義母は入れません

そうすると多少いえ、か・な・り高額な「有料老人ホーム」
高いということは分かっていても、どれくらいの高さなのか

ケアマネジャーさんに相談したところ、3軒の資料をもらったので
一番高そうなところと、病院併設なところを見学してきたのです

やはり、高そうなところは綺麗だし、匂いもしないし…「家」という感じ
病院併設のところも、もちろん匂いしないし、ちょっと「病院感」はあるけど

う~~ん、どちらも月20万円は掛かってしまいます
もちろん、今の状態のままでの話で、これから先もっと手がかかると更に

一番「目から鱗」なのは、洗濯料金、これだけの人件費になるわけですね~と
入浴は週2回、この時の洗濯料金は○○○○円で
更に余計にお願いすると、あっという間に万単位

今みたいに「汚したから・匂うから」と着替えさせたら…えらいこっちゃです

主人には「ほら、こんなに大仕事をしてやってるんだぞ」と
現実に金額を見て、「苦労掛けてるんだぁ」なんか他人事なのかムカつく

義父の認定「要介護2」には主治医・訪問看護師さん・ケアマネさんから
 「えーー、これで2が出たの」と
「てっきり3が出ると思ったけどね」そうなんです、私もそう思いましたよ

テストの時に頑張るタイプだし、認定の人にもよるのか
皆が皆が、口をそろえるっていうことは、それだけなんでしょうね

看護師さんからは「施設に入れるっていう気はないの?」と聞かれたので

「いつまで生きられるかわからない=お金がどれくらい必要かわからないから
 面倒みられるうちは見ておかないと、いざというときに
”お金が払えないので出て行ってください”と言われても困るもの」と

義父母のことは義父母のお金でやりくりしたい
もちろん、自分たちの事は自分たちのもので

だって、義父母の費用の為に自分たちの分がなくなって
 いざ自分たちがていう時に子供世代に払わせるのってイヤじゃないですか

そうなると、義父母の預金などとの相談で
 残念ながら、先日見学したところは「ムリかな~」で
もっと安いところを探すことになりました

因みに、義父母の認知症が進んだので通帳などは皆主人が預かってます
今はここから掛かった分をもらうという方式

入居させるのも「今日明日すぐに…」っていうことではないんだけどね

要するに「この世は皆金次第」なのですよね、を再確認したのでした


にほんブログ村
主人は3人姉弟、普通なら十分「手」は足りてると思われるんだけど…そうじゃないのよね
それについては…次回かなぁ
これから「訪問看護」に来てもらいます、愚痴聞いてもらうんだぁ
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです



スポンサーサイト
* Category : 介護
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2017-04-10 (Mon)
早くも4月も中旬になっちゃいましたね
お陰様で私の花粉症も順調に発症しております

ただでさえ、憂うつなこの季節、更になことが起きました

家には主人の両親が健在(認知的には・・・・ですが)
特に義父の方は、寒がりで、人より一枚以上重ね着しても
「寒い寒い」「もっと服を」っていうんです

就寝時、電気毛布とかが使えればいいんだけど
「ひょっとしたらおしっこで濡らしちゃうかも」と思うと使えず
だって、濡らしてしまって感電とかも怖いでしょ

湯たんぽも使ってみたけど、湯をこぼす→布団を濡らす…ってこともやって

なので、寝る前にはファンヒーターで「直火焼き」して温まってたんです

まぁ大丈夫だろうと思っていたのに、先週火曜日起きてきたのを見て(*_*)
左手の指を火傷してるではありませんか
親指と小指はちょっと、人差し指~薬指にかけてはかなりの長さで…

濡れタオルを当てて冷やさせてたけど「もう治った」と言って外しちゃう
その時は水ぶくれになるかな~くらいだったので「デイサービス」へ
だって、家に居られても邪魔なんですもの

「デイ」で「水ぶくれが酷くなって、破いてしまって」と連絡が来たのが15時
私は「耳鼻咽喉科」で花粉症の治療中だったので、休みだった主人が対応

きっと「デイ」の人も「迎えに来て」と言ってもこれないだろうと思ったのか
「早めに送ります、受診してください」と返ってきたのが16時
いつもより30分くらい早かったのね

火傷は皮膚科、これは分かっていますが
義父ったら「M医院じゃないといかん何ともないに騒ぐ」とのたまう

仕方ないのでM医院へ、ファンヒーターでと言ったらみんなですよね
「ファンヒーターって低温じゃないのに」とか「熱くなかったのか」と
「ゲンタシン」と「リンデロンVG」の混合を塗ってもらって
 「絶対に濡らさないでくださいね」と帰宅したのが17時
包帯の上からビニール袋をかぶせられて、カシャカシャ言わしていました

19時、夕飯にしようと義父たちを呼んだら(*_*)
 左手が肌色のままではありませんか、つまり、包帯を取ってしまったんです
赤裸というか、朝よりも痛々しい色になってまして
きっと触ったりしたんでしょうね、ウン〇を付けたような手で

左手はそんなでも、食欲はあるんです、なので夕飯を済ませてから
緊急でMU病院へ、外科なら何とかなるでしょう

そこでも、なぜファンヒーターで…となるので
「多分、手を温めていて寝てしまったんだと思います」というと納得
 「処置してもらったんですけど、気づいたら取ってまして…認知症で…」
先生たちも「あ~、気になっちゃったんでしょうね」と
 
何でも認知症の人は痛みとかに鈍感なんですって
 「ゲンタシン」を「取ったら塗るを繰り返す」となって帰宅したのが22時

「へ~疲れた~~」っていう義父、いえいえ、私も疲れますわよ

次の日は、以前から予約でA病院で「大腸がん」の経過観察診察日
朝起きたら、はい、やっぱりね、左手には包帯がありません

ごはんの前に薬を付けて、だってこうしないと治療させませんもの
包帯だけでは心もとないので、左手だけ軍手をはめて
グズグズやってるのを「早くしろ~」と追い立ててA病院へ

運転しながら、ルームミラーで確認したら、軍手をはめ直してます
信号で止まったときに確認したら、軍手はあるけど、その下は素手ですから

せっかくの薬の処置が台無しではありませんか
「感染症になったら手を切ることになるんだよ」と脅してもだめか~~

A病院外科、大腸がん術後○5年、血液検査の結果次第で最後の診察日…かも

結果はCEAが若干高いけど、今までもそういうことはあったので「特に心配なし」
 ・再発・転移を疑わせる所見なし
 ・術後丸5年経っている
 ・高齢&認知症で通院も家族に負担がかかる

ということで、晴れて外科は卒業できました
今まで本人確認の誕生日がきちんと言えなかったのに、何故か「正解
 先生も「最後によくできました」と…子ども扱いですゎ

後は「腸閉塞」など気を付けて、かかりつけ医の元生活ということに

乳がんは10年経過観察というけど、大腸がんはそうではないんですものね

これで一つやることが減りました

帰宅後、手の治療をしてからお昼ごはん、ここでこの日2回の治療です
 そして15時のお茶の時に…はい、またまた取ってるのよね~~

更に夕飯の時にも取ってるの…この日だけでも5回の治療
 おかげで指に包帯まくのがうまくなった気がする

そんな、火曜日と水曜日なのでした


が、これで終わらないのです、続く……全然愉しみじゃないけどね


にほんブログ村
自分もやけどをした跡が残ってるので強く言えませんが、なぜに包帯を取る?
やはり「認知症ですから」の一言です
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです、愚痴話で
* Category : 介護
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2016-12-02 (Fri)
気が付けば12月2日、今年もあと30日ほどになってしまいました
時の経つのの速いこと速いこと!おばさんだから~~

我が家の平均年齢は高いですよ~~そんなおばさん&その連れ合いのおじさん
 近頃はこぼしたりしているので「おじいさん」に近くなってますけど
と、その親の爺&婆ですから、平均しても・・・後期高齢者に近いの

この時期はいつもよりも温度差が体にこたえるので要注意
風邪もだけど、倒れたりとかが心配……仕事増やさないでねって

いくらこちらで注意しても、起きてしまうときはあるもので

今週の月曜日:11月28日、いつものように義父の体重&血圧測定をして
 朝ごはん食べさせようと声をかけて

ゆっくりゆっくり動き始めた義父を目の隅に置いて、ちょっと目を離したら
 ドダーーーン

義父が仰向けに倒れてしまって
慌てて駆け寄ってみると、呼び掛けには「う~~~ん」と
義父耳が悪いので、かなり大きな声で言わないと反応しません

こちらの言うことは聞こえてはいるけれど、手と足がちょっと揺れています
 これは「けいれん」なのか 顔も青白いし

側にいた義母に聞いても「さぁ、知らね」
 はい、その答えが来ると思いましたよ

倒れている義父に向かって「おい、何やってんだい」って
 それはないでしょう、頼むから揺らしたりしないでよ~

呼び掛けには答えるし、ろれつはいつも以上に怪しいけど
 脈も遅いながらもきちんと打ってるし

取りあえず、急に立ち上がったことによる脳貧血か?と
 足を高く・頭を低くして様子を見ることに

そうしているうちに、目を開けてキョトキョトっとした顔でいるので
「ゴミ捨てに行ってくるから、このまま寝ていてくださいね
義母にも「起きるって言ったらやめさせてくださいよ」と指示

ゴミ捨て…ウチの所大変なんです時間内に出さないと鍵かけられるの

で、 7分くらいかな?捨てて戻ってくるのに掛かって
 戻ったら、義父「ハイハイ」して自室に戻ろうとしてるではありませんか
   あれほど義母に頼んでいったのに

義父曰く「寒くてたまらん」と、自分のベッドに戻ろうと思ったんですって
 立ち上がる自信がなかったので、ハイハイしていったのね

まあ、義父は言うこと聞かないだろうと思ってましたけど

これが7時~7時20分くらいのこと
義父をベッドに寝かせて、嫌がるのを無理やり足を高くして
 義母に朝ごはん食べさせて~義父の様子見に行って
自分も食べて~~義父の様子見に行って
可愛いニャンコにもごはん食べさせて~、ちょっと遊んであげて~

義父は暖かくなったのか顔色もよくなって、良く寝ているの
 でも、「アルツハイマー型認知症」の薬を飲ませないといけないので
8時40分に「具合どう?ごはん食べられそう?」と聞くと、「食べる」って
 そうよね、今の愉しみは3度のご飯と2度のおやつですものね

その後は倒れたことも忘れるほどに回復、出かけそうになるので困るくらい

月曜日は「訪問介護」の日、午後看護師さんに話して
 「う~~ん、転び方からすると失神かな~
「スリッパきちんとはかないってことも有るけど」どっちかしらね~
見たところにケガはないけれど、当分「慢性硬膜外血種」の心配をしてね、って

訪問介護の主要項目「入浴補助」してもらったら
 「左ひじの皮がめくれてました」とさ
多分、椅子のひじ掛けに当たったんでしょう、出血してるけど
 「全然痛くない」と言ってました
そうなのよ、痛みとかも鈍いのか感じないんですよね~~

失神なのか転倒なのか、はっきりしないけれど
 今のところいつもと変わらずに過ごしています

家でこうなるのは久しぶり、以前のデイで救急車呼ばれたのは今年の1月
 やはり寒い時は要注意なのです

看護師さんと、「前は速攻お願いしてたよね」「そうだったよね」って
 はい何回か倒れられると、落ち着いて処置できるようになっちゃいました

怖いのは「脳出血」なのに、動く・動かすこと
 う~~ん、その判別は難しいゎ、もし間違っちゃったら「ごめんなさい
では、すまないですよね 頼むから慎重に動いてくださいよ

にほんブログ村
今日も「訪問介護」の日、さてとお風呂の準備をしましょうかねぇ
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです


* Category : 介護
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2016-11-23 (Wed)
昨日の早朝の地震、揺れ方や津波が5年余り前の記憶に
 結びついてしまった方も多かったでしょうか
被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます

幸い、家の所は、発表震度3でしたが熟睡していまして
 テレビで地震を知った次第です

今も余震があるそうですが、一週間は特に気を付けてお過ごしください

県内では丁度二年前に北部地震があり、その時は震度4でしたが
 震源地では住民の皆さんで助け合って震度6弱でも死者がでず…と話題に
地域で助け合える、お互いの事が分かっている ということは
 心強い反面、うっとうしい時もあるんですけどね

さて、もし仮に日中にこのような災害が起きたとしたら
 今家には「ボケ老人」が二人と可愛いニャンコが一匹、そして
重いものを持ったりすると覿面に腕が怠くなる「経過観察中」のもの一人

歩けるけど、長距離は無理が二名…何より集団行動ができない人、一名
 う~~ん、避難できるでしょうか心配です
それと、避難袋の中の非常食&水などのチェックをしておかないとね
 何しろ5年前に揃えたから…賞味期限来てるかもです

一番困るのは、義父が「ウロバッグ」という採尿カテーテルを入れていること
家族は見慣れたからいいけど(良い気分ではないけどね)大勢の人の中では
 本人&家族&周囲の人も、お互いに気を使うと思うんですよね

今はデイに行ったりするときもそのまま袋に入れて行っているけど
 2年前はわざわざ携帯用に750mlの袋に付け替えて行ってたんですもの
袋を腿につけると、パッと見「普通の人」に見えるんです

でも、行った先で排尿するのに失敗したりして…自分がいけないのにね
 デイで「着替えましょう」と言っても、「家に帰る!」と聞かずにご帰還
匂うし、衛生的にも問題あるし…怒りたいけど、怒っても可哀そうかなと
 一応仏心も持ってるんですょ

自分でも失敗したと思うので、ふてくされる→ちょっと反省、となるんだけど

この月は、デイでの失敗が2回、1回目は昼食前で
 好きなものを好きな時間に食べようとしていた私は困ります
(普段は12時には何があってもお昼なのよ、付き合いきれないゎ

そして、「おじいちゃんが急に帰っちゃった」と思う義母も
 なぜかご機嫌悪くなって帰ってくるのよね~夫婦だから

そんなWの困ったちゃんズ、2回目の時に義父は着替えてと言ったらご機嫌悪く
 ちょっとしたことで「小突き」ましたから誰が後始末してるっちゅうねん
そんな義父を見て「あたしも何か気分が悪い」と義母までが反抗的

怒りたいのは私でしょ おボケちゃん相手に本気に怒ります
 仏心は遥か彼方に飛んでいきましたとさ
帰宅早々主人に言いつけます、が、進歩はありません、これが一番ムカつく
 下手に口出されて、こじれるというのも困りますけど

そんな2014年11月~12月
 ・ お風呂のボイラーがあまりの寒さに配管が凍りついたり
   その時の修理代金に10円がどうしてもなくて義母に借りようと思ったら
    速攻「ない」と。私お金のあるとこ知ってるからそこから出したけど
 ・ 雪かきしたら、やっぱりわきの下が痛くなっちゃったり
 ・ 「ピンクリボンアドバイザー初級」の試験を受けたり
     それを口実にプチ家出してリフレッシュしてきたゎ
 ・ S病院の患者会の忘年会で普段は敷居が高くて入れないとこに行ったり

頭にはヘアピース乗っけてますけど元気に過ごせた2014年でした


にほんブログ村
急に寒くなって、今夜から積雪なんて言ってます、寒いのは嫌だゎ
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです


* Category : 介護
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2016-05-26 (Thu)
5月も残すところあと5日、毎日「夏ですか」と思うほど暑いですね
 草の伸びるのの速いこと、毎日ちょびっとずつやってるくらい元気です

今日も病気の事ではありませぬ…愚痴になっちゃいます

掛かりつけの医院が「大型連休」に入ったときに発熱した義母

夜間救急や隣村の医院で出してもらった薬で38度以上の高熱は引いた5月3日

この日は義母の大事な「息子」が顔見世に来宅

はい、看病ではなく、ただの顔見世ですのよ~お茶だけ飲む滞在時間2~3時間
 良いんですよ、下手に泊まられると私の仕事が増えるだけだから
でも、できれば一日、否半日でも可、二人を見守ってもらいたいものだわ

この時は前日に「家に帰る」とやって「とうとう来たか」な義母だったので
 「こういう状態を診てもらうのも必要だよ」と言っていたのに

玄関の「ピンポン」に反応して「はいはい」と出てきたの
 寝てればいいのにね~~寝すぎて暇だったのね

可愛い&大事な「息子」=次男の顔を見たとたんに…シャキーーーン(前日比)
ま、「刺激を受けるとはっきりすることがある」という状態でしょうね

次男嫁:お熱が出たってたいへんでしたね?
義母  :大したことなかったのに、医者に連れていかれた

おいおいケンカ売ってるんですか
 普通の人は38度の熱を出したら「エライこと」なんだぞーー
まあね、高熱でも、いつもと同じ生活を送ってましたけど

嬉しいから、いつもならお茶飲んですぐ部屋で寝ちゃうんだけど
 この日はその後もダイニングで一緒に過ごしています

微熱がまだあるのに、大丈夫かいなと心配してあげる(これもいらん事

義弟夫婦はタブレットで、甥たちの写真を見せて
 「こんなに大きくなった」とか「大学卒業して働いている」とか

あのですね、それ無駄だと思いますよと冷ややかな私
 義母にとっての記憶は、次男が……しかないんですから

更に義母「Tの人たちはみんな元気かい?」と
 Tの人というのは、義弟嫁の実家の人たちの事

へ~~Tのことは覚えているのね~~
 そりゃ、可愛い次男の大事なお嫁さんの実家だからね
そんなに覚えているんだったら、子供っていう認識があるんだったら
 次男のお家に行っちゃえばーーと思っちゃいのです

今年、十何年ぶりに長女・長男の「ひな人形」と「五月人形」を飾ったのです
この人形って、私の実家から贈呈ってなっているので

義父が義母に「そういえばOのおばあちゃんはいつ亡くなったかな?」と
 このOというのは、私の実家のある市のこと
そしたら義母「Oなんて知らない、知り合いはいない」って言ったんですよ

義父もね自信がないので私に聞いてくるので
「すみませんねぇ、まだ亡くなってませんょ」って
車いすですけど、103歳ですけど,立とうと思えば立てますけど

もうね、こういうことがあったから次男嫁のTの事を覚えてるって
 腹立つというか呆れるというか

同じ兄弟なのに、ここまで覚えていることが違い過ぎるのもね
なんだかな~、そんなに覚えが良い大事な次男のところに行けばいいのにね~

でも、そうなると義父が置いて行かれます、それも困るゎ
 こうなったら二人セットで次男のところに行ってもらいたい

因みに、実家の祖母のところに面会に行くと
 「二人は元気でいる?」とか「しっかりしてるか?」と祖母は気にしています

はい、元気ですよ~ごはんもりもり食べるし~グーグー眠れるし
 でもですね、残念なことにオツムの方が103歳に負けてますから


にほんブログ村

今、ツバメが巣をつくっています、何とか巣立ってくれるといいな~
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです










* Category : 介護
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ♪デコ♪
溜まってますねぇ(;'∀')
お茶で滞在顔見せねぇ~~ぇ

しゃき~~ぃんとなるものなのですね
やりきれない部分とそうでない部分とありますよね

お嫁さんの立場としては
色々大変な部分よその人間に分かりえない部分あると思うよ。

しか~ぁし
癒しの場があるのだから
そんな時は笑いにきてっ(*^^)v

最近新しいアングルにも挑戦してますから^^
下手っこの写真って笑って(*´▽`*)

Re: タイトルなし * by ともりん
♪デコ♪さん、コメントありがとうございます。
溜まってますよね(笑)今日も色々、昨日も色々って毎日ですので(トホホ

義弟たちも遠くからくるので仕方ない…なんてことないんですよ!
義弟妻の実家が、車で30分くらいのところですので、そちらに2泊して帰るということです。
だったらもうちょっと長くいてくれても良いんですけど、やっぱり実家の方が過ごし易いし、ね~
義父母が元気で、甥たちも小さかった頃は泊まっていましたが、やはり「お客さま」で上げ膳据え膳だったし
おおっと、またまた毒吐いちゃってますね(反省

認知症って、常にという場合と、まだらでっていう場合もあり、刺激を受けると改善することもあるそうで
良い刺激になって、少しでも戻れて良かったんです

義母って、元々ちょっと変わったところがあって、顔合わせのときにみんなが合わせようとしているのに「私ラーメン」とか、孫たちにも「私って可愛いら」とか…
常識がずれているところがあるので、多少のことは「まぁ、あの人だからね~」って思っています
でもでも、毎日の積み重ねがあると「もう!e-281」とも思う、心が余裕ないんだよね~~

そんな時はやっぱり、きれいなものとか好きなものに触れるのが良いですよね
ウチの場合、愛想はないけど、ツンデレのツンが多めだけどの黒猫であり、デコさんの写真でありです

なかなかコメ残せないけど、毎日伺ってるんですよ~e-349
今日の「フライパンと卵」ねえねえ、どうしてこんなに素敵な写真とポエムが書けるの?
デコさんの想像力の豊かさに感服してるんですよ

こういう、現実からちょっと離れるのが大事なんですよね、好きなことができるということも大事にしたいですね
まだまだ元気でいけそうな気がしてます

然し毎日暑いですね、このまま梅雨入りするのかな?
お互い体は大事にしましょうね♡