02≪ 2017/03 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-03-17 (Fri)
3月も中旬、卒業式シーズン真っ最中ですね
近所の小学校も、昨日卒業式、今日は公立高等学校後期合格発表日
どうか無事に合格していますように…っていう生徒さんがいます(祈)

今月2回目のブログ、さっき「パスワード…」って言われちゃいました
確か12月に変更したんですよ、もうめんどくさいなぁ
元々パスワードとか忘れるんですから、変更していたらこんがらがっちゃうぅ
メモは目につくところにでかでかと貼ってますけどね

さて、今日も「備忘録」匂いぷんぷんでお送りします

初めの乳がんの時2006年12月から、引っ越ししても通院は続けていたS病院
主治医の定年退職で、2年前の2015年3月に転院することにしました

足掛け10年、右の時は手術+放射線治療(全治療)
そして、ま・さ・か左にもできちゃったので、左の時は手術+化学療法
を受けたのです

右の時は、治療と言っても大したことしなかったのですが
 再発・転移の不安はあったゎ
左の時は、何といっても化学療法がね~それなりに副作用はあったし

でも、前向きに治療に向かうことはできたのです
これも主治医のS先生・代診してくださったKY先生や、看護師さんたちのお陰
丁度2年前、2015年3月17日が、S病院最後の診察でした
本当にお世話になったのですね~~

治療をどこまで続けられるかが大事ですものね
なんとか予定の治療は受けられたので、後は、神頼み

今のところは右は丸10年、左も6年目に入りそうだから
時々左の放射線治療の後が痒かったり、髪の毛薄かったりだけど
なんとか乗り切れそうかな~

その他には、転院するからPET/CT検査を受けたこと
その結果で「胃にびらん性の反応有り」と言われて、ドキドキ
PETで「胃炎」も分かるんだね~と義父母の掛かりつけのM先生
これについては4月になってから、苦手な胃カメラを飲むことに

花粉症の症状がでたり、家回りの手入れをしたら、次の日に「めまい」な
胃の具合を指摘されたからか?胸やけを感じたり…私ってやっぱり単細胞
 これについては、去年判明するので、また今度

そうそう、この年、主人がめでたく「定年退職」したんでしたわ
馘にもならずこの日を迎えられたことはめでたいです
子供たちとお祝いの夕食事会、滅多に行かない「フランスフルコース」
ついでに義父の「卒寿」のお祝も昼食時にちゃちゃっとね

可愛いニャンコも8歳の検診で「概ね良好」
相変わらず「ダイエットした方が良いかも」だったけど
 数値的には良いから…痩せさせられない

まあ、自分の体重管理だけでも大変なんですから
 それに足りないと「噛みつき攻撃」仕掛けられるので…あげちゃうのです

という、現在とあまり変わらない日々なのでした


にほんブログ村
私より後に発毛し始めた「北斗さん」なんか、毛量が羨ましい~~
  個人差個人差、と自ら慰める
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : 転院
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by デコ
足掛け10年
デコは11年目

数えたくないけど数えちゃうよね
。。2回もやりゃ~ぁ色々あるしなっ

同じ病でも
治療も顔つきも違う

デコは2度目の方が顔つき悪し
再発転移ない事はないのかもしれない

放射線治療で消えたんだろうか??
そんな事分らないもんねぇ~~

また出てくるかもしれんしなっ
断端陽性。。怖いねぇ

誰にも言えないこの顔つき
言えないんじゃなくて言わないんだけどねっ

なるようになるさっ
そう考えるしかない現状
だから今を楽しまねば^^


今日は5カ月ぶりにきたお月のものが超大量で
ふらふらっ
仕事はやすんださっ(笑)
動けないものっ

Re: タイトルなし * by ともりん
♪デコ♪さん、こんばんわ
具合はいかがですか?久しぶりの来訪って多量になることも有るらしいです
それででしょうかね~、フラフラな時は休むに限ります
下手に動いて怪我したりとかの方が困りますものね、焦らない焦らない、一休み一休み!

デコさんは11年目&2回、って私と似てること多いですね
まぁそれで交流というか、コメのやり取りが始まってるんですけど

年数は数えますよね、先ずは1年・3年・5年…無事に過ぎればと思ってましたもの
まさか!2回目があるとは思ってもいなかたゎ

2回目の時、主治医が「再発ではなくて、初発の2回目だから…」って
再発だと、無期限の治療、初発だと短期決戦の治療
気分的にも全く違います、っていうのが私の感じることでしたから

私の場合は、両方ともトリネガ、一回目の方が再発しやすいタイプみたい
2回目の方は、現在の主治医が「再発の恐れはない」なんて言っちゃうくらい

放射線治療も受けたし、抗がん剤も受けたし、大丈夫大丈夫!って思うようにしてるんです
デコさんも、治療で消えたから、ねー!

大丈夫と自分に言い聞かせる、そういう時と、マイナスイメージの時と二つの気持ちが行ったり来たり…
そんなこんなの11年目なのですゎ

そうそう、なるようになる!今を大事に!ですよね
で、デコさんはカメラをお供にお出かけ~それが良いんですよね
私も何か…と思ってボチボチ出かけたり、好きなことやったりしてます
どうせなら充実した日を送らなくっちゃもったいないもの

お月さま、デコさんをあまりいじめないようにしてくださいね(祈
では、お大事に~

個別記事の管理2017-03-01 (Wed)
きょうから3月、暖かな日が続きますね
このまま春になるのかしら~花粉症さえなければいいのに

「経過観察」も半年に一度の診察なので
これと言って書くことがありません…良いことよね

今日も2年前2015年・2月の話になってしまいます
自分の「備忘録」的なブログですので…悪しからず

主人が「還暦」を迎えたり、実家の祖母が102歳になったり
ウチのものは元気でいたけど
インフルエンザが猛威を振るって、レッスン欠席が続いていました
義父母の「介護認定」も、担当者がインフルで延期って

義父母、誕生日が近いので、2回訪問受けるよりもまとめてやって方が良いかな
 って考えて、二人まとめてドン
いろいろテストを受けますが、普段より「力を発揮」してしまうのですょ

ケアマネさんと「いつもよりできてます…」を連呼
でも、義母が「要支援」になるかも~と言われて、ドキドキ
「支援」と「介護」では受けられるサービスが違うので

何もしていないのに、昔の記憶で「やってます」っていうの
そして「3つのものを覚えていてね」テストは
 人がやってるのをジーーっと見て練習したり…う~ん
   こういう知恵はあるのよね

そんな義父、この時期に「意識喪失」が続き、その時に
 手をぴくぴくさせるようなことがあったんです
入浴時になることが多かったので「ヒートショック」を防ぐようにしてたのに

元々血圧が低いので、血流が行き届かないのかなぁ~と
そこで、脳波を取ってみることにM病院へ

いつもの事ですが「予約時間に間に合わせるように連れて行く」が大変
 着替えさせて自分が着替えている間に、他の服にまた着替え…
またまた着替えさせてなんてやってると、時間がたつわけで
主人は「仕事があるから」という「錦の御旗」で逃げますし

結構仕事や済んで付き添ってる人いるのにね~~
良いんだ退職したらやらせるんだ…と思っていたらなかなか退職しません

病院では「白衣の人は偉い人」と思っているので、諸々スムーズ

結果は翌週、私一人が聞きに行き
・てんかんではないが、脳波は全く異常なしとは言えない
・アルツハイマー型の人は脳波が正確に測れない
・アルツハイマー型の人はけいれんを起こすことがある

なんですと 要する何にが原因かは分からない、と何ともな結果

高齢になれば、異常があっても原因がはっきりできない 
 まして、脳萎縮を起こしていれば尚更わからないということなのね

検査費用と付き添いの私の時間を返してって言いたいゎ

自分の事では、ちょっと使い過ぎると右腕が怠くなったり
 足の指が「しもやけ」になったり、にゃんこのせいで寝不足…

と、まぁ相変わらず「そこそこ元気」な一か月なのでした


にほんブログ村



2年前は一人で留守番できていた義母、去年あたりからそれも心配!
義父は…毎日ふらふらしています、いつか「防災放送」のお世話になりそう
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです




* Category : 経過観察
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ♪デコ♪
3月ですね^^
まだまだサブいデコ地方
うぅっ今朝は身が縮むほどだったわい

三寒四温と言うけれどほんとだなっ
焦らずいこうぜ

曖昧な認定が結果が一番困るよねぇ
肝心な時に旦那様がお仕事とか。。って良くある話

こっち(ともりん)さんもいっぱいよね
解るわ~ぁ

デコもデコ親がそうなったとしたら
どこまで出来るんだろ??

今は考えたくもないし
他にも色々あるしなっ

父親とは時々縁を切りたくなるわっ(-_-メ)

Re: タイトルなし * by ともりん
♪デコ♪さん、こんばんわ、コメントありがとうございます。
風邪の方はいかが?少しは良くなりましたか?お大事にね!

3月に入ってから少しhあ暖かくなりましたが、まだまだ油断大敵な感じです。

介護認定ね、おととしの時も「人数が多くなりまして…」っていわれてたの
寿命が延びたことは良かったけど、その反面、色々厳しい審査になるって、ね~
今年も受けたんだけど、できません・やってませんっていうしかない
またまた「審査も厳しくなりまして…」って市職員さん帰っていきました、さてどうなることやら

ウチの場合、義父母には3人子供がいるんだけど、色々で結局私の所しか介護者がいないの
これについてはいつか愚痴こぼそうと思ってます(笑
今のところ、私が再発したとかではないので持っているようなもの
もし…ってことがあったら、もうお手上げですよ

友人には、実両親が具合悪いけど、同居の義父母も同じような調子で
実両親の世話がなかなかできないっていう人がいて
それも気持ちとしては実両親の面倒見れないのも歯がゆいかな~と
私は実両親がもうなくなってるので、その点では気持ち揺らぐことなくできてます
あ、祖母は老健に入ってるし、兄もいるしね、時々面会するだけだけど
父とは距離を置いた関係だったので、母の時と比べると感情的に薄いかなと思ったけど
やはり、亡くなったときには「後悔の念」なんてものも目覚めましてね…
最終的には親は特別な存在なんでしょうね

もう少しで過ごし易い春になるかしらね、そうしたら「しずくちゃん」がいっぱい撮れますね
また、楽しみにしていま~~す

個別記事の管理2017-02-13 (Mon)
昨日の新聞に、とっても気になることが載っていました

私自身、左右2回の乳がん…これだけでもちょっとね~~ですが
 母も、そして最近超高齢の祖母も乳がん宣告されたので

「3親等に3人」患者がいるわけで、これって絶対 HBOC
 「遺伝性乳がん・卵巣がん症候群」に当てはまると思うわけです

BRCA1・2遺伝子が異常になっていると、がん抑止機能が十分にお発揮されず
 乳がんや卵巣がんを発症するリスクが高まる
異常が分かっていれば、対策もできる

ということは分かっています

でも、そうじゃないかも~~という一縷の望みもあって
こういう場合「遺伝性…」の検査を受ければ良い…とはわかっていても

検査料金が20万~30万 そして、結果をどう受け止めるか

高額の検査料を払って「あなたの場合がんにかかりやすいですよ」っていうの
 この「あなた」は私にも、そして、私の娘の可能性も高いかな~と思うと…

私は乳がん経験済み、卵巣も「卵巣嚢腫」で片方摘出済み
 それでも「もうこれ以上は嫌だゎ」と思うでしょ
娘はまだまだこれからだし、不安をあおるみたいで
 
中々「受けよう」という気持ちに傾かないわけです

そんな時に、国立遺伝学研究所(静岡県三島市)の井ノ上教授たちを中心に
  https://www.nig.ac.jp/nig/ja/新たな検査法を開発したんだそうです

新たな方法は、一度に大人数を調べることができるので
 一人当たりのコストを下げることができて
現在20万~30万円の検査料を、な・なんと2万円程度にできる

新手法は、検査を受ける人のDNAを採取して、「特殊な処理」で
 一人ひとりのDNAに「目印」を付け、96人分を一つの容器にまとめて
遺伝子配列を高速で調べることができる「次世代シーケンサー」で検査
 
大人数でも一気に・目印をもとに一人ひとりの異常を調べられるので
 現在のアメリカの機関で…というのより安くなるんですって

う~~ん、十分の一になりますね

遺伝子検査では、カウンセリングに重点を置いて実施するというので
 実際に受けることまでが時間をかけることになってます

そこをしっかりと受けて、検査を受けるということに
 2万円という金額は後押ししてくれる金額だと思うのです

だって、PET/CTは保険でも3万円前後、造影剤CTも1,5万円近く
 抗がん剤治療の時の一回の治療費も3万円前後
そうなると決して「高い」とは思わなくなっちゃいます

治療って金銭感覚麻痺させちゃいますね

まだまだ「特許出願」の段階だけど、真剣に考えよう


にほんブログ村
今日も義父母の後始末……毎日毎日疲れるゎ~~
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです


* Category : 未分類
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

* by じゅん
今の時代11人に1人は乳がんになる時代だし、遺伝性でなくても親がなると子は2倍乳がんになりやすいのです。だから今の段階でHBOCと予想は出来ませんが。
ただ、わかった場合のメリットとして対策が取れることですね。例えばHBOCの場合40歳以上で正常な卵巣を切除しておくと、乳がんの死亡率は1/3に、卵巣がんの死亡率は1/6に減らせるそうです。

娘さんのことも心配になると思いますが、子どもに遺伝する確率は1/2です。それから遺伝子を持っていたら25歳くらいからMRIを受けたらいいらしく、超早期発見がしやすいそうです。早めに見つかれば術後投薬を省略しやすいので妊娠出産も望めます。
ただ検査費用が高いのが難点ですね。記事に載せていただいた方法が早く一般化され、心配なみなさんが安く受けられると良いです。
違うとわかればほっとできますね。

Re: タイトルなし * by ともりん
じゅんさん、コメントありがとうございます。
今は11人に一人なんですね!私が初めてかかった時雄は20人に…とか言われていました。
それだけかかる人が多い、また、早めに判定が下る人も多いんでしょうね。
やはり、早い段階で診断が下ると、より小さい手術・より少ない治療というのが望めますもの。

じゅんさん、とても詳しくわかってらっしゃるんですね。
治療に関する考え方も、年を追うごとに変わってくるみたいです。私が初めの乳がん(10年前)の時、卵巣嚢腫をどうするか?となったときに、婦人科の先生は「卵巣+子宮の摘出という場合もある」と言われました。
乳がんの相談みたいなところの先生は「それは無謀な考え方」と。当時はこんな感じでしたでしょうか。
それからアンジェリーナ・ジョリーの件があったりで、考え方も変わってきたんでしょうね

娘が、良い方の1/2に入ってくれればいいのですが、こればっかりは神のみぞ知るかしら?生活にも気を付け、検診を受けるようには言ってますが。
MRIは、若くて受けるのはNGとか聞いたことがあって…これも今は違うのでしょうか?
治療法も日進月歩だから、新しい情報を自分で持つということも必要ですね。

遺伝子検査、費用の面だけでも改善されれば、私も受けて白黒はっきりさせる方が良いかなと思っています。
ただ、「特許出願中」ですから…いつになることでしょうね…

まだまだ寒さが続きます、お互い体を労わりましょう。


* by じゅん
リコメありがとうございます。

若い時受けすぎると被曝が心配なのと、乳腺の密度で若い人でわかりにくいのはマンモグラフィーですね。MRIは放射線ではないので大丈夫だと思います。ただ普通では発見の為に受ける検査ではないので、HBOCの遺伝子を持ってる人に推奨される検査です。
エコーは若い人に向き、被曝の心配がないので、もし遺伝子検査を受けなくてはっきりしないなら、娘さんが20歳になったら年に一度エコーでも良いと思います。

Re: タイトルなし * by ともりん

じゅんさん、こんばんわ!コメありがとうございます。
そうなんですよね、マンモはある程度乳腺が脂肪化してないとうまく映らないと…要するに中年以降ですよね
若い時はエコーの方が得意ということで、娘にはきつーーーく言ってます
娘は立派に三十路ですので(笑)近頃はこのくらいの年齢で発症する人も増えてきてるので、一層検査だけは受けるように言ってます。

HBOC検査で不安を増幅させないことが一番気を付けたいことかなと思っています。

じゅんさん、ブログとかやってらっしゃいますか?
差し支えなければURLなど教えてください。では、またのお越しをお待ちしてます!

* by ♪デコ♪
デコね。。遺伝子検査受ける事に対し
もちろん親の異伝等で確率が高くなるかもしれないけれど

その臓器まで取ってしまう事はどうなんだろ??って
疑問もあるのっ

ならば若いうちから定期検査して貰えばいいんじゃないかな??って考えてしまう人

○○ジョリーさんのような選択もありかもしれない
しかし臓器を取ると言う事は他の症状に影響するからっ

例えば更年期障害が早くくるとかねっ

普通の健康体の方達が受ける定期検査より
10年前倒しで受けるようこれから社会に出た娘には言うつもりでいます

デコは2度手術しているし、母方の親戚も乳がんを患った人何人かいるしっ

ただ検査費用がお安くなるのは受けやすいのは確かだね


Re: タイトルなし * by ともりん
> デコね。。遺伝子検査受ける事に対し
> もちろん親の異伝等で確率が高くなるかもしれないけれど
♪デコ♪さん、コメントありがとうございます。

私も、以前は検査を受けること自体に懐疑的だったのです
更に「まだ病気になっていない」臓器を取るっていうことは考えられなかった。
これについては今もだけ。

アンジーの事でセンセーショナルに広まっちゃったでしょ、今まではひっそりとした情報だったのが
いかにも「こんなこともできます」って大っぴらになっちゃったから。

私が婦人科の手術を受けるとき、若い先生だったんですよ「これからはこんなですよ」って。
でも外科の主治医は「は?」だったし、ネットで相談した先生も「そんなことはいけません」って。

特に更年期障害が心配だったし、僧正がでたらいやだな~と思ったから速攻「イヤです」って答えたの。
ま、実際は更年期障害で苦しむことなく終わりそうですが(笑

10年後の今は選択肢の一つになってのよね、医学界も変わってきてるのかな?

でもやっぱり「健康な臓器」の摘出には踏み切らないと思う。

あくまでも「病気の可能性」はこれくらいだから「気を付けるために検査を受ける」っていう考えかな。

お互い娘がいるから、一層心配ですよね、怖がらせても行けないし、かといって何にも考えないのも困る…
ウチの子、「なったらなったとき」って感じにいるの、歳も決して「心配ない」っていう年じゃなくなってるし

そんな子の為にも検査を受けるのは必要かな~そのために安くなるのは良いことかな~~と
果たして実際にこうなるのは何年後かな?ですけどね


個別記事の管理2017-02-10 (Fri)
「大雪になるかも」と言われた割には降らず・道の雪も溶けていてほっ
でも、西日本はこれからも大雪に警戒が必要だそうです
 そちら方面の皆さま、特に気を付けてお過ごしくださいね

元気な「経過観察者」なので、今回も古ーーーい話ですみません

2年前、2015年の1月
お風呂の配管が具合が悪くて修理になったり

ヘパーデン結節の痛みが酷くて痛み止めを飲んだり

実家の祖母の外泊に合わせて、祖母が可愛いと思っている 
 黒猫を連れて実家に行ったり

義父が以前私名義の通帳を作ったのに、そのままになっちゃっている郵貯を
 「解約」手続きして、自分の通帳に入れちゃったり
「証書」で作ってあったのに「そのままにしておくと無効になります」って
 その「証書」が見つかるわけもないので…ちゃっかりしっかり自分の通帳へ

といっても、義父が義姉たちに渡した金額に比べたら10分の1ですから…

相変わらず義父母のお世話はしていましたよ
 「肺炎球菌予防接種」を??な状態のまま受けさせたりね
そこで、近所のおじいさんに会ったけど、二人とも???って
 「すみません、ちょっと記憶が曖昧になってまして…」と
「認知症」であることを隠すなんてことしてませんから
 近所の人にもわかってもらってた方が何かと良いことも多いですからね

そして、もう一つ相変わらずなのが、雪かきをすると覿面に腕が怠くなること
 雪国の皆さんはどう対処しているのかしら
手術後は何年経っても要注意ですから

他に、病気関係では
転院準備が本格的になってきたこと

目下最大の悩み「頭髪問題」の、育毛用シャンプーを変えたこと
 某漢方薬メーカーの「〇姫」から某化粧品メーカーの「アデノ〇〇〇〇」に

美容師さんから勧められた「M〇」という育毛剤と合わせ技で育毛を試みる

まぁ、結果は現在も悩んでいるわけで……ですけどね

「ヘアカラー」は髪を痛めるっていうので「ヘアマニキュア」にしていたけど
 色落ちが早いし、治療後2年経ってるから、もういいかな~と
この月からヘアカラーに、もちろんパッチテストをやってから染めました

でも、毛量が少ないせいか、治療前に比べると白いのもあまり目立たないのよね
 良いことなのか悪いことなのか

そして、全国展開の患者会の会合に参加、半分は「家で目的」ですけど

家族性のことについて、Dr,に直接質問することができて有意義でした
 詳しくは2015年2月5日の記事をお読みくださいね

でも、あれから2年たっているので状況は変わっているかもしれません


思い出してみると、「髪の毛」が大半を占めて3いますね


にほんブログ村
夕べというか今日、義父のカテーテル詰まりが発症!夜中の2二次看護師さん来てくれました
本当にすみません、ただ積雪が酷くなかったのが不幸中の幸い
もうね、看護師さんってなんであんなにやさしいの~~お陰で寝不足だい
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
* Category : 経過観察
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2017-01-27 (Fri)
全国的にインフルエンザが蔓延しています
 治療中の人もそうでない人も、掛からないようにうがい&手洗いですね
といいつつ、予防接種したのに~うがいも手洗いもしたのに~~
 罹ったことのある私・・・「タミフル」さまさまでしたっけ

今週、超超高齢者になってから「乳がん患者」になった祖母が
 受診に合わせて外泊するというので、ちょっと早い「お誕生祝」を実家で

お祝いといっても104歳ですからね~めでたすぎて…ですけど
 いつまでもというわけにはいかないだろうから
  
なんて本人もいいながら、20年は経ってますが

「お祝いに何食べたい?」と義姉が聞いたら「鰻」と即答だったとか
これくらいの元気でなければ一世紀生きることはできませんね
 あやかりたいものです

肝心の受診結果は、「薬が効いて小さくなっている」ということで
 もちろん閉経しているので「アロマターゼ阻害薬」ですが
肝臓に負担がかからないように、と心配していましたが
 本人の自覚する副作用もなく、血液検査でも見られなく
このまま治療を続けることができるそうです

手術もできない、放射線治療もできない…ないない尽くしでどうかな
 進行を抑えることができないんじゃないかな

と、心配していたけれど良かったです

本当に「大人しい性質」の「ガン」だったんですね

あ~~、羨ましいゎ~~、私のなんか「治療法の少ない・進行するときは早い」
 なんて言われている「トリプルネガティブ×2」なんですもの

兄と「性格はおとなしくないのに、病気の方はおとなしいか」なんて軽口

そんなことを言えるくらい、治療が体に合っていて良かった
 順調なので、次の診察は3か月後ということになったそうです

お薬を飲むのは大丈夫だけれど、診察に連れて行くのが大変なので
 少しでも間隔が空くのは双方にとって良いことです


そんな祖母、車いすに乗ってこそいますが「トイレ問題」は無いようで
 小も大も「行きたい」と申告してトイレへgo

下着は下すのをやってもらっても、その間は手すりにつかまって自立
老健の人も「楽ですよ、分かってくれているので」と言っているそうです
 ま、夜間はそんなわけにはいかないでしょうが…

な・なんですとそれじゃぁ、ウチの二人は負けてますわよ

カテーテルの入っている義父は「大」が大問題毎日毎日やらかしてくれる
 今日も昼食後、椅子が汚れてるし~匂うし~~、犯人は……やっぱりな…で
義母は「パンツ履き替えてくださいね」に対して「履いてない」とか
 「さっき履き替えた」とかって言って…たっぷり水分を吸ったリハパンを
  その重さたるや、「5回までOK」の限界行ってます

どっちかしっかりしてくれなきゃ、それが無理なら
  どっちかどこぞにお願いしたい、 いっそのこと
二人共お願いしてもいいですけど~ と思ってしまうのでした


にほんブログ村
何よりも治療が受けられることに感謝です
最近また頭頂部~生え際にかけて「ぽよぽよの毛」が生えてきてまだまだ諦めないでおこうかな~と思っています
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
* Category : 祖母
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ♪デコ♪
人は食に始まり食に終わります
人間も動物も食べなくなったらおしまいです

うなぎ^^
それは素晴らしい一言です

腹いっぱい食べたらいいさっ

大人しい性質だとの事
ご高齢な場合手術や治療をしない方が返っていいですからね

亡き祖祖母も高齢で胃がんでしたが
確か手術しなかったし告知もしてなかった気がします

負けん気があるからこそいいんですよ^^

Re: タイトルなし * by ともりん
♪デコ♪さん、コメントありがとう!

生きていくためには食べないとですものね、人間も他の動物も、植物だって水と光が必要なわけ。

「うなぎ」が好物な祖母、一人分は無理だけど、口に入るだけで満足みたいです。
その残りを、兄が狙ってますけどね(笑

手術も放射線治療も超高齢なために受けられずって聞いたときは
進行が早いんじゃないかなと心配しましたが、服薬だけで小さくなったそうです

告知は「しても分からないのでは」「娘(私の母)のことがあるから…」と考えてしていません
知らない方が幸せってことありますものね

負けん気…同居家族には時として「ムカーーッ」となることもありますが
今では思い出話になっています

バレンタインデー、近頃は「友チョコ」なんですね
因みに、ウチの場合は、私が「作って~~」で娘は「頑張って作る」派です(笑

デコさん頑張って!