FC2ブログ
10≪ 2018/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2018-11-09 (Fri)
前回の更新から、あーーーっというまに一月以上
スポンサーサイトの広告に「ダイエット関係」が多いのは…お見通しなの

先月、10月は私的なことで忙しかったんです
勿論、自分の通院は「血糖値」だけでしたけど

この血糖値も、薬剤師さん曰く「週に半錠でいいんですか」というくらい
でも、「基準値」に拘るDR.なので飲んでいますけど

今まで自分の病気以外で気がかりなことは
 ① 結婚して数年経つのに子宝に恵まれない長男
 ② いい歳なのになかなか結婚しない(できないのとはちがうそうな)長女
 ③ 義理の母の面倒を看るのが……

なことでして

それが、2018年10月に、一気に動きがありました

まず、②の長女が、以前から付き合っていた彼と入籍したのが6月
 双方の家族だけの披露宴を(食事会)開いたのが10月

何でも、二人ともそれぞれの兄の披露宴を経験して
 「あんなことやってられない」と気持ちが一致していたそうで

私としては娘のウェディングドレス姿を見られたので

でも、やはり、其々の家族の考え方は違うので
 ひと悶着・・・「えっそうくる」「どうする」なことはありましたけどね

1回目の手術の時、娘は成人式直前
 「あ~花嫁姿は見られないんだろうな~」と思っていたのですから
それからしてみれば「無事に迎えられて良かった良かった」です


そして、次に襲ってきたのは③の義母がらみ

お年寄りって「病気」「入院」っていう言葉にビビるのよね
 なので多少具合が悪くても「何でもない」と言い張る
ところが、が今回はそうも言ってられなかったんです
 これについては「現在進行形」なので、また後日


そして、そんな中の「待ちに待った朗報」が
①の長男夫婦に待望の赤ちゃんが生まれたのでした

長男が結婚したのが、私が2回目の手術を受けた年

両家の顔合わせをするのに「ウィッグで行くのは…」とごねて
 当時の主治医は、手術→抗がん剤治療→放射線治療、と行きたかったのを
  手術→放射線→抗がん剤、という順番にしてもらったのでした

2回目の手術から、丸6年経っているのですから
 望めないかもしれない…と思う両親に、本人も、妹に期待してくれ…
なんて言ってたのですから、無事に生まれてくれて良かった良かったです

晴れておばあちゃんになれました

よく孫が生まれても「おばあちゃんとは呼ばせない」という人がいますが
 私は大歓迎ですよ~~
主人ともこの夏頃から、何か落としたりすると「おじいさんしっかりしなきゃ」とか
 「あ~~、またばあさんがぼけたこと言ってる」と言い合って
とても心待ちにしていましたもの

無事に生まれてきて、このまま無事に育ってくれれば…と今はね
その内に「勉強ができて」とか「可愛くて」と欲張るんだろうけど

そうそう、3700gの立派な体格の女の子でした

なんでも「無痛分娩」だったので「全然痛くなかった」そうです
 ま~自分の出産の時のことを考えると…羨ましい限り

そんな忙しかった10月、浮かれていたら、何やら心配の種がポツポツと


にほんブログ村
忙しいと体は今までと違うことをやりだすのね
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト
* Category : 家族
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by デコ
おめでた続きですね^^嬉しい事があると
こちらまで笑顔に
3700とはご立派

デコ息子2894.娘2514

体重覚えているものです
ちっさかったの( ;∀;)

丁度一緒に生まれた子3700位あったんだろうか
授乳室で抱かせて貰ったら

もう身体が完成形。。って感じで
大きいとしっかりしてたなぁ

孫早く欲しいなぁ

Re: タイトルなし * by ともりん

♪デコ♪さん、コメントありがとうございます。
そうなんです久々に嬉しいことが続きまして(困ったこともありましたが)
特に長女は、もういい歳だったので、心配で心配で…
結婚=幸せ、とは限らないけれど、年取ってから一人というのは心細いかな~
特に自分が病気持ちだと、いつまで元気で居られるか?って思っちゃいますしね

長男の方も、待ちに待った孫ですので、みんなでメロメロです
毎日写真を送ってきてくれるのですが、日々に大きくなっていくのが分かって、これもまたうれしいです

3700g、一人で見ると赤ちゃんでちっちゃいですが、病室のほかの赤ちゃんに比べると「デカい」と(笑
もう目が見える?とかあくびした!とかで騒いでいます
はい、バババカやってますよ~e-257

ウチの子は、息子3200g、娘3350g、娘は予定日超過で「陣痛促進剤」で誘発しましょうか?なんて言われたら
生まれてくる気になったような子で、あの頃からマイペースだったんですね(笑

デコさんのところも、就職した~結婚した~って進むんでしょうね
その日を元気に迎えるようにがんばりまっしょ!
適度な運動=カメラ持ってお散歩、ことれに限りますね

コメント&喜んでいただいて、ありがとうございましたe-349



個別記事の管理2018-10-01 (Mon)
今年は7月の豪雨・北海道の地震・相次ぐ大型台風の襲来…
「天変地異」と言われる災害が続いています

そして、ここ2か月は女性の著名な方々の訃報に
「乳がんで…」ということも多いです

そんな今月は「ピンクリボン月間」そして、今日は「ピンクリボンの日
ピンクにイルミネーションされて「早期発見の為に検診を…」と

でも、去年よりも報道で目にすることが少ないような・・・
集中的に報道しなくなっただけなのかしら

以前は「マンモグラフィーは万能・誰にでも」という感じで

右はマンモで見つかったけど、左はエコーで診断がついた私
マンモだけでは片手落ちよって思っていたけど

近頃は「若い人にはエコー(超音波)」という報道も多くなって
報道が詳しくされるようになったなぁと思うのでした

それだけ「ガン」が身近になってきたんですよね
12年前の一回目の時は「20人に一人」って言われていたけど
最近では「11人に一人」なんですものね

検査を受けたことがない人の理由に
・自分はならない
・異常が見つかったら怖い

というのがあると

はい、確かに怖いですよね、「あなたはガンです」って言われたら
お先真っ暗…と思っちゃいますよね
私もそうでしたもの

でも、今は治療も進んでいるから、どうぞ怖がらずに
「早期発見で適切な治療を受ければ治る可能性が高い」

と言うように考えてもらいたいです

あくまでも「適切な」ですよ、民間療法とかだけでなくね



と、ここまで書いて「夕飯の準備をしなくっちゃ」と
そしてTVから「ノーベル医学生理学賞に・・・」と

京都大学特別教授の、[本庶 佑]教授が受賞したと

あの「高価ではあるが効能もあるオプジーボ」を開発されたのが
受賞理由だそうです

おめでとうございます

まだ乳がんには適用されてはいないけど
いずれは治療の大きな柱になるんでしょうね

今までノーベル賞受賞と言われてもなことが多かったけど
聞き覚えのある単語に反応してしまうのでした

何年間も、研究・開発をされて
その薬を使うことによって命を助けられて

私の受けた抗がん剤もこういう方々の苦労の結果なんですね

地道な活動をされている、研究者の皆さんに感謝です

にほんブログ村
診断方法も治療方法も日進月歩と言われています
出来ればこれ以上の治療は受けたくない~と思うのです
お読みいただ板証にポチっとしていただけると嬉しいです




* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2018-09-07 (Fri)
今月に入り、台風による西日本豪雨、また一昨日には北海道での大地震
災害が続いてしまいました

亡くなられた方のご冥福を、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます

この瞬間にも、入院治療・通院治療をされてる方々がいらっしゃいますよね
 安全に過ごされますように、と願ってやみません

このような災害の時に考えることは
 日中だったら、自分と猫とおばあちゃん(義母)の3人で行くのよね
猫はキャリーに入れればOK…入れるのが一苦労だけど

問題は「色々と分からなくなってきてる」義母…考えただけで・・・
 ちょっと前までは+義父+叔母だったけど
それに比べればメンバーが減ったから……


さて、今回もその義母の話

幸い骨折はしていなく、痛みもだんだんと薄らいできたけれど

歩かせずに安静にしていた期間があったからか
「歩き方忘れた」と思うほど、歩き方が変に

酷い時は「ハイハイ」しちゃうんですもの、「赤ちゃん返り」も甚だしい
多分、這った方が楽なんでしょうね

でも、楽だからとやっていると本当に歩けなくなりそう

こんな時こそ「リハビリ」してもらえれば良いんじゃない
通院中の「整形外科」の先生に相談したら

「病院でのリハビリは、交通事故とか急性期の場合で 
 お年寄りのリハビリはケアマネージャーさんに相談して」と

丁度ケアマネさんが様子見がてらに訪問に来てくれたので
 早速相談

この時(6月)義母は週3回の「デイサービス」を愉しみに通っていて
「そのうちの1回をリハビリ目的にすれば」と

皆が「本当に要介護Ⅰ」というほどにボケボケですが
 認定がⅠなので、利用するのも制限が…そこはセーフ

次に「現在火・木・土と通っているリズムは崩したくない」 
 と希望を言って探してもらって

ありました
送迎付き・食事つき・入浴サービス付き

この病院、25年くらい前、義母が交通事故に遭ったときに入院していた病院
 時流に乗ってリハビリ&認知症対応にウェイトを置いた病院に変化したもので

私は覚えているけど~義母は「病気になったことない」ので
 覚えていないだろうなぁ

見学OKということだったので、主人と、だって「保護責任者」ですからね~
「ご本人もどうぞ」と言ってもらったけど
 ご本人「病気になってない」ので「要らない」と言いそうだから

行ってみて(*_*)
ジムとかで見るような機器がずら~~り
主人と「まさかこれ使ってなんてないわよね」

「一人一人の状態に合わせてなので、多分使わないと思います」と
 ですよね~こんなの使ったら…下敷きになりそうですもの

火曜日に見学・金曜日に契約を交わして
 翌週の木曜日から、月が替わるということで早速通い始める

う~ん、今回もバタバタと忙しかった~~
 


にほんブログ村
「介護保険制度」の恩恵をまた感じました、ケアマネさんありがとう~
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです



* Category : 介護
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2018-08-09 (Thu)
前回の記事UPから一か月未満(たった一日)なのに
 なぜかスポンサーサイトが告示されてます…
ほぼ一か月放置してしまった私が悪いのですが

この一か月、何といっても「毎日暑い」ですよね
 台風も、いつもと違う方向から来たり、ゆっくり上っていくのも居たり

暑い暑いと言いながらも、家事をこなし、仕事らしきものもこなし
 元気に過ごしておりました

6月初頭に、しりもちから「骨折」とハラハラしていた義母
 痛いと言ったり痛くないと言ったり…認知症ですから

「圧迫骨折は後日症状が出る」と言われていたので
 1週間は今まで以上に様子を気にするワタシ

痛がったら受診というので「痛がるから~」と連れて行くんだけど
 徐々に自分で歩かなくなるんです

初めは手をつないであげると何とか診察室まで歩いたのに
 「車いす」というものに乗ったら…楽だったんでしょうね
次の時には「痛くて歩けねぇ」というので車いすを借りて

そうなると「圧迫骨折かなぁ」という診断になるので
「家でも極力安静に、トイレ以外は動かないように」という診断が下りて

家には車いすがありませんからトイレには「手引き」という手を引いて行かせて
 そうすると思いっきり力を入れて頼ってくるんです
1・2日目は何とかこちらも持ちましたけど

3・4日になると「筋肉痛」が小さくても人間
 結構な力で捕まってくるんですもの…

そこで、ひらめきましたPCの椅子、キャスター付いているじゃん
それに乗せてトイレへGO
トイレの中では手助けするけど、何とか立たせてて……任務完了
 そしてまたPC椅子でお部屋へGO

そしたら義母ったら「あははは~~」って笑うんです
 面白かったんだそうで、いえいえ、私はちっとも面白くないです

もっと早くひらめけてたら、筋肉痛にもならなかったのにね~~

さて、体調が悪かったり、少しでも変わったことがあると
 途端に「今までとは違うスイッチ」が入る義母

昼、全体が明るいと異常行動は無いけど
 夜になり、暗くなると、途端におかしくなる

早朝5時半、玄関のチャイムがピンポーーン
早朝の来客は、大体「○○さんが亡くなって…」ということかな
 と思って「お父さんが出るでしょ」と布団にもぐる…

そうしたら「お宅のおばあさんが…」と近所のおじいさん

部屋には廊下(縁側)があるんだけど、どうもそこから外へ出たらしい

まだ自力では歩けないはずなのに、自室からグルッと回って
 キッチンの方へ…でも玄関までには行きつかず

おじいさんが「裸足ですよ」と声かけても無言…
 「ボケたとは聞いてたから・・・」とピンポンしてくれた次第で

主人が負ぶってやっとのこと玄関へ

何故にと思って部屋に行ってみると
 廊下(縁側)には「おし◦〇」の跡が

トイレまで行くことができなかった寝ぼけた

もう~~早朝から大仕事ですゎ、と後片付け

まだまだひと眠りできるかな~と横になって~~
さて、朝ごはんにでもしましょうか、と起きて義母のところに行くと

またまた「おし◦〇」の匂いがするではありませんか
 同じところに、同じようにやってあるんです

『トホホ~」というか、「とうとうここまで来たか」というか

いつもより寝ている(安静にしている)からなのか
 ちょっとしたことでできなくなるというからなのか

いずれにしても「これはやばいかも」もし骨折していて入院なんかしたら
 「認知症という下り坂を真っ逆さま」に落ちていくんだろうなあ

と思ってしまうのでした、もちろん「覚悟」なんかできてませんよ

不思議なのは、「手引き」で歩いていたのに「自力」で歩いたのね
 じゃぁ、骨折はしてないのか痛くないのか

筋肉痛になってる私の方が肩から背中が痛かったゎ

にほんブログ村
調子が悪いと途端にいつもと違う行動になるのね、想像のはるか上を行くんですもの
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
* Category : 介護
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2018-07-10 (Tue)
西日本も中心に起きた豪雨災害、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます
未だ安否不明の方々が一刻も早くご家族の元に帰られますように
 被害に遭われた方々が、少しでも早く元の生活に戻れますように

願う・祈ることしかできませんが、どうぞ皆さん十分にお気を付けください

災害を目の当たりにすると、普通の生活を送れることが  
 いかに幸せなことか、と改めて思います


乳がんの手術・術後治療から年数がたっている患者の私
 病院は新患者が増えるし、病状安定しているし…ということで
年に一度の、検査・診察になっています

6月に診察受けて「誕生日を明るく過ごそう」と3月に予約
 私が動くときは、先ず「義母の面倒を見てもらえること」が前提
なので、デイサービスに行っている火曜日or木曜日
 と先月の5日に予約を取って

義母に、朝ごはん食べさせて~トイレに行かせてリハパン履き替えさせて~
 着替えさせて~~あとはお迎えに来てくれるのを待つだけ

お迎えまでに、今日の持ち物のチェック&家事を少々・・・で2Fへ

すると1Fから「ドシン」という音が
 慌てて下りて行くと、義母がベッドと襖の間に仰向けに・・・

多分「まだベッドがある」と思って腰かけたところがベッドがなかったのね

いつも言ってるんです「ベッドの端が分かるように布団をかける」と
 でもいうことを聞くようなことはありませんから

「イタイイタイ」というけれど、足はバタバタしてるし
 ここが痛いと手は動くけど

手を貸して起き上がらせようとすると「痛くて動けない」と

えーー、すみません、優しくない嫁なので「今日の診察どうしよう」と
 まず 自分の事を思ってしまうの

11時までに食事を済ませて、2時には家を出て…という予定が
 
こんなに痛がっているし、指の先がしびれた…と言い出すし

でもねこれについては、肘をゴーーンとぶつけてもしびれるでしょ
 あれと同じかな~と思って「はいはい、わかりました」と流しまして・・・

整形外科だとM病院とかあとは通りがかりで見たA医院
 M病院だと私の診察に間に合わないかも~~

主人ですかこんな時に限って朝から仕事です、使えないの
 それはいつものことなので~一人で何とかしますよ

A医院なら、なんとか間に合うかな~と痛がるのを
 「はいはい、だから病院行くんですよ」となだめ・すかし・・・
   車に押し込んでGO

 
歳も歳なので、もし骨折していたら「寝たきりか」と思ったけど
 幸い「古い圧迫骨折はあるけど、新しいのは見当たらない」と

義母、背中が曲がってるの、私も「そうですよね、曲がってますもの」
 今日やったというわけがありません…納得

でも「圧迫骨折」の場合日にちがたってから症状が出る場合が多いから
 「また痛むようになったら連れてきて」という診断に

義母も診察してもらえて、一応「骨折」ではないらしいし
 私も診察に間に合って良かった~

とこの時は思ったんです、でもね、これからさきも悶着になるんですょ


にほんブログ村
乳がん患者は重いものを持ってはいけないとかいうけど、年寄りといるとそんなこと言ってられませんから
お読みいただいた証にポチっとしていただけると嬉しいです
* Category : 介護
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |